白髪染めとヘアカラーではどちらのほうが髪が傷みやすい?

スポンサードリンク

白髪染めで白髪を染めるのに、出来れば髪を痛めずに白髪を染めたいですよね。できることならしっかりと黒く染まり、そして髪が痛まないキレイな髪に染めたいですよね。

また、白髪染めのかわりにヘアカラー(普通のおしゃれカラー)を使っている人もいるかと思いますが、同じように痛めないで髪を染めたいですよね。

染めた後の髪の傷み具合はとても気になりますが、白髪染めとヘアカラー(普通のおしゃれカラー)とではどちらの方が髪が痛みやすいのでしょうか。

そこで、白髪染めとヘアカラー(普通のおしゃれカラー)ではどちらのほうが髪が傷みやすいのかお話ししますね。

白髪染めとヘアカラー(普通のおしゃれカラー)ではどちらのほうが髪が傷みやすい?

悩む女性

白髪染めとヘアカラー(普通のおしゃれカラー)ではどちらもどうしても髪が痛みます。

では、白髪染めとヘアカラー(普通のおしゃれカラー)ではどちらのほうが髪が傷みやすいのかというと、白髪染めの方が髪を痛めやすいです。

ただし、白髪染めによっては、ヘアカラー(普通のおしゃれカラー)よりも髪が痛まない白髪染めがあります。

では、ヘアカラー(普通のおしゃれカラー)よりも痛みやすい白髪染めと、ヘアカラー(普通のおしゃれカラー)よりも痛みにくい白髪染めとはどんな白髪染めなのかお話しします。

ヘアカラー(普通のおしゃれカラー)よりも痛みやすい白髪染めとは

人差し指を指す女性

ヘアカラー(普通のおしゃれカラー)よりも痛みやすい白髪染めとは、白髪染めヘアカラーです。白髪染めヘアカラーは一度でしっかり染まる特徴があるものの、色が付いていない白い毛を一度に染めるということは、それだけ強力な薬剤が使われているということです。

髪(や頭皮)に対して刺激が強いので、髪をかなり痛めてしまいます。白髪染めヘアカラーの髪の染め方は、髪のキューティクルをキューティクルを「無理に」開かせて染料を髪の中に注入します。注入された染料は外に流れ出ずに中に留まります。とどまった染料が髪の色になります。

髪のキューティクルを開くということは、髪を痛めてしまうということです。さらに言うと、白髪染めは一度染めただけでは永久的に髪が染まったままになるわけではなく、色が少しずつ落ちていきます。毎日シャンプーをするわけですからね。

また染めると髪のキューティクルを痛めるわけですから、染めるたびに徐々に髪の傷みがもっと酷くなります。

髪の状態には個人差があるため痛む状態には人それぞれ違いはありますが、多くの人の髪が白髪染めヘアカラーを使うことで痛めやすいです。

ヘアカラー(普通のおしゃれカラー)も髪を痛めますが、白髪染めヘアカラーの方がより髪を痛めやすいです。

ヘアカラー(普通のおしゃれカラー)よりも痛みにくい白髪染め

ヘアカラー(普通のおしゃれカラー)よりも痛みにくい白髪染めは、白髪染めトリートメントです。白髪染めトリートメントは、白髪染めヘアカラーとは多くな違いがあります。大きな違いというのは「染まる仕組み」です。

白髪染めヘアカラーの染まる仕組み

先ほど話ししたとおり、白髪染めヘアカラーは髪のキューティクルを「無理に」開かせて髪の中に薬剤を流し込みます。中に入った染料は外に出にくい特性があり、髪の中に留まることで髪が黒く色づいて黒髪に仕上がります。

キューティクルを無理に開かせているため、キューティクルが痛んでしまうというのが白髪染めヘアカラーにとっての一番の欠点です。

白髪染めトリートメントの染まる仕組み

白髪染めトリートメントの染め方は、白髪染めヘアカラーのようなキューティクルを痛めるような染め方はしません。なぜなら、キューティクルを開かず、髪の表面に色を付けていくことで髪を染めていきます。なので、髪を痛めずに髪が染まっていきます。

白髪染めは何度も使う必要がありますが、染めるごとに髪が痛めやすい白髪染めは使わないほうが良いので、白髪染めトリートメントを使うのが良いです。髪を痛めにくいですからね。

白髪染めヘアカラーは「ジアミン系」の薬品を使っているものが多い

人差し指を指す女性

白髪染めヘアカラーは「ジアミン系」の化学成分を使っているものが多いです。「ジアミン系」化学成分は、人によっては非常に頭皮を痛めやすい成分なので、使う際は注意が必要です。

「ジアミン系」の化学成分とはいったい何なのかというと、アレルギー症状を引き起こしやすい成分で、症状としては、肌に赤みが出たり、腫れたりヒリヒリする、などお肌に異常を感じるようになります。

非常に怖いですが、重症的にアレルギー反応出てしまった症状には、呼吸困難や血圧低下による意識障害といったことも報告されています。

使う人全てが以上のような症状が出るわけではないですし、問題なく白髪染めヘアカラーを使っている人も多いですが、一部の人が白髪染めヘアカラーを使うと大変なことが起きてしまう可能性があります。

スポンサードリンク

もし自分も白髪染めヘアカラーを使ったらアレルギー症状が出てしまうのか心配であれば、「パッチテスト」は絶対行うべきです。白髪染めヘアカラーの製造元(メーカー)もパッチテストを行うよう説明されています。

ちなみに、パッチテストとは、白髪染めを使う前に自分がアレルギー反応が出るかどうかを確かめるテストの事です。皮膚アレルギー試験とも呼ばれているテストです。白髪染めヘアカラーが問題なく使えるか確かめるとても大事な試験です。

パッチテストについては下のページで詳しく説明しています。

ジアミン系の成分が使われているか確認する方法

白髪染めにジアミン系の成分が使われているか確認するには、成分一覧をみてジアミンの表記があるかを確認すれば良いです。商品の箱(パッケージ)に成分の一覧が書荒れていることが多いので、確認してみると良いです。(商品によっては記載がない場合もあります)

【ジアミン系成分が書かれているケース(一例)】
成分一覧にジアミンと記載がある箱

成分一覧にジアミンと記載がある箱

白髪染めで髪を痛めずに染めるなら白髪染めトリートメント

人差し指を立てる女性

白髪染めで髪を痛めずに染めるなら白髪染めトリートメントがおすすめです。なぜ白髪染めトリートメントが良いのかというと次の理由があるからです。

使われている天然素材の成分が髪や頭皮に優しい

白髪染めトリートメントは天然由来の成分が使われており、髪や頭皮に優しいです。トリートメント効果の高い成分も使われていますし、ハリとツヤが出るよう染め上がります。

白髪染めトリートメントにはジアミン系成分が使われていませんし、髪へのダメージも少なく、白髪染めヘアカラーを使っていて髪が痛んだりアレルギー症状の危険性は避けたいが使えない人は白髪染めトリートメントを使ってみると良いです。

ただし、頭皮の状態は人それぞれ違うため、白髪染めトリートメントは100%安全というわけではありませんので、念のためパッチテストはするのをおすすめします。

どんな白髪染めトリートメントがあるの?

現在販売されている白髪染めトリートメントの数は多いですが、いくつかおすすめの白髪染めを次のページで紹介しています。白髪染めトリートメントについて詳しく知りたい人は参考にしてみてくださいね。

いくつかある中でおすすめしたいのはLPLP(ルプルプ)ヘアカラートリートメントです。

LPLP(ルプルプ)ヘアカラートリートメント

LPLP(ルプルプ)ヘアカラートリートメントは、北海道函館の近くの海に生息しているのガゴメ昆布「フコイダン」を使った白髪染めトリートメントです。

フコイダンの特徴は、「ネバリ」成分が含まれており、この粘りセブンが髪と地肌を守ってくれます。

他にも美容液並みの美容成分が配合されていて、うるおいを髪に与え、トリートメント効果も非常に高いです。

さらには、保湿力も高いのが特徴で、肌の表面と内側からWの保湿成分でしっかり潤いを与えます。なので、染めるたびにしっとり美しい髪に導いてくれます。

髪にダメージを与えないよう、ジアミン系の成分は使われていませんし、無香料・無鉱物油など一切不使用の無添加仕様なので、髪や頭皮にダメージを与えることなく染めることができます。

髪や頭皮に優しい白髪染めを使うならLPLP(ルプルプ)ヘアカラートリートメントで間違いないですね。

>> LPLP(ルプルプ)ヘアカラートリートメントをお得に試すならこちら

最後に

白髪染めとヘアカラー(普通のおしゃれカラー)ではどちらのほうが髪が傷みやすいのかについてお話ししました。髪が傷みやすいのは白髪染めです。ただし、白髪染めには色々な種類があるのですが、ヘアカラー(普通のおしゃれカラー)よりも痛めやすいのは白髪染めヘアカラーです。

一方ヘアカラー(普通のおしゃれカラー)よりも髪を痛めない白髪染めは白髪染めトリートメントです。

白髪染めヘアカラーは髪のトリートメントを「無理に」開かせて髪の中に染料を流し込んで髪に色を付けるためキューティクルが痛み髪が痛んでしまいます。

しかも髪にしっかり色を付けるためにジアミン系成分を使用していますが、このジアミン系の成分はアレルギー症状が出てしまうことがある強力な成分です。なので、使う人によっては非常にダメージを受けやすいです。

一方白髪染めトリートメントは髪のキューティクルを痛めることなく髪を染めます。また、ジアミン系の成分は使用していないため髪や頭皮へのダメージも少ないですし、髪や頭皮をいたわりながら染めてくれる特徴があります。

なので、白髪を染めるのに髪や頭皮を痛めたくないなら、白髪染めトリートメントを使うようにしましょう。

スポンサードリンク

関連記事一覧