なんで自分で白髪を染めるとき手袋をしたほうが良いの?

スポンサードリンク

白髪染めの中には、自分で白髪を染めるとき手袋をしたほうが良いです。ではなぜ自分で白髪を染めるとき手袋をしたほうが良いのでしょうか?

自分で白髪を染めるとき手袋をしたほうが良い理由

原因(なぜ?)

自分で白髪を染めるとき手袋をしたほうが良い理由にはいくつか理由があります。

【理由①】手が汚れてしまうため

自分で髪を染める場合、素手で白髪染めを使う場合はどうしても手が汚れてしまいますよね。しっかり洗い流そうとしても、白髪染めによっては手に付いた染料が落ちにくいものもあるので落とすのが結構面倒だったりします。手に傷があったり、くぼみなどがあったりするとそこに入り込んで余計に取れなかったりします。

ではなぜ落ちにくいのかというとしっかり染めるために、強い薬品を使っているからです。そういった白髪染めは手に付いた染料が落ちにくかったりします。手が汚れないようにするためにも、自分で白髪を染めるとき手袋をしたほうが良いです。

【理由②】爪に詰まってしまうため

また、白髪染めは爪の奥に詰まりやすいです。その爪に詰まった染料ってなかなか落ちにくいんですよね。しかも白髪を黒や茶色などの色に染めるため、染料も同じ色をしているため、爪に詰まると結構見た目は汚らしく見えます。

爪の間が汚れが残ったままだと、あまり気分が良いものではないですよね。なので、爪に詰まった染料を落とすのは結構面倒なので、そうならないためのにも自分で白髪を染める場合は手袋をしたほうが良いです。

【理由③】手が荒れてしまうため

また、手が汚れるだけならまだ良いですが、白髪染めによっては素手で触ると手が荒れてしまうものもあります。それは、髪をしっかり染めるために、強い薬品を使っているからです。それはどういう白髪染めかと言うと白髪染めヘアカラーです。1度使っただけでしっかり髪を染めてくれる特徴があり便利なのですが、お肌や髪にダメージを与えてしまうという欠点もあります。

お肌が弱い人や敏感肌の人は特に素手で白髪染めを触るのは良くないです。なので、手やお肌を守るためにも、強い薬品を使っている白髪染めを使う場合は手袋をして白髪を染めると良いです。

スポンサードリンク

自分で白髪を染めるとき手袋をする際の注意点

注意

長く手袋をしていると手が蒸れてしまいます。手袋をするのはあまり好きではないといった人もいるかと思います。なので、手袋をするときは手をしっかり拭いて湿った状態で手袋をしない用意しましょう。

また、染めるのが終わったらすぐに外しましょう。長い時間手袋をつけていると蒸れてしまって気持ち悪いですからね。

手袋をするのが面倒な人は

思う女性

もし手袋をするのが面倒、用意するのが面倒という人は、手袋不要の白髪染めを選ぶと良いです。白髪染めヘアカラーは必ず手袋をしてから使ってくださいと説明があるものが多いですが、中には素手で触っても問題ないものもあります。素手で扱っても良いのか事前に説明を読んで確認すると良いです。

また、白髪染めシャンプーや白髪染めトリートメントといった白髪染めは肌に優しい白髪染めなので手袋をする必要が無いものが多いです。手袋をするのが面倒だったり、手袋は使いたくないという人は素手で触っても問題ない白髪染めを選んで使うと良いです。

どんな手袋が販売されているの?

白髪染めをするのに適した手袋にはどんな手袋があるのでしょうか?

そこで、白髪染めをするのに適した手袋にはどんな手袋があるの、現在販売されている手袋についてまとめてみましたので、下のページをご覧ください。

最後に

ここまででなんで自分で白髪を染めるとき手袋をしたほうが良いかについてご説明しました。白髪染めによっては手袋は必要なものもあれば、手袋はしっかりつけてから使う用にしましょうといった白髪染めもあります。なので、白髪染めを選ぶときは必ず手袋が必要がどうか確認しましょう。

手袋は長くつけていると手が蒸れてしまうので、できれば素手で白髪染めをしたいですよね。でも、白髪染めによっては触ってしまうと手が荒れてしまうためどうしても手袋が必要になることがあります。なので、白髪染めを選ぶときは素手で触って良い白髪染めなのか、商品の説明を読んで確認しましょう。

スポンサードリンク

関連記事一覧