白髪を増やす絶対やっちゃいけない7つのダメなこととは?

白髪って気が付かないうちに突然生えてきますよね。なんだか分からず気が付いたらポツポツと白いものが・・・なんていうことは結構あると思います。

生えてきてしまったものは仕方ないとして、これ以上白髪が増えないよう対策することはできないのでしょうか。

白髪が生えてきたのか原因って良く分からないと思いますが、白髪を増やす絶対にやっちゃいけないダメなこととはいったいどんなことなのかお話しします。

白髪を増やす絶対にやっちゃいけないダメなこと

現在も白髪については仕組みや原因など研究されてはいるものの、まだまだ分からないことが多いです。そこで、現在までに分かっている白髪が生えてくる原因についてお話しします。

これからお話しする原因は白髪を増やす絶対にやっちゃいけないダメなことなので、やらない、またはやめることが大事です。

①ストレスをためたまま放置する・発散しない

ストレスを感じる女性

ストレスを発散せずにためたまま放置するのは白髪を増やす原因となるのでやめたほうが良いです。

ではなぜストレスが白髪の原因になるのかと言うと、ストレスが血行不良を引き起こし、髪を黒くするために活動する細胞の働きが低下してしまうからです。

髪を黒くするために活動する細胞とはメラノサイトと呼ばれる色素細胞のことです。このメラノサイトは髪の色の元であるメラニン色素を作る細胞ですが、メラノサイトの活動が低下すればメラニン色素が作られなくなり、メラニン色素が含まれない髪、つまり白髪が生えてきてしまいます。

メラノサイトの活動に必要な栄養素は血液によって運ばれてきます。その血液の流れが悪くなればメラノサイトに届けられなくなってしまいます。なので、血行不良を引き起こすストレスは白髪の原因になるのでストレスを発散せずにためたまま放置するのはやめた方が良いというわけです。

日々生活していると避けられないのがストレス。ストレスを受けないで生活することはほぼ無理ですよね。ですが、たまったストレスは発散することでストレスの辛さを忘れることができて気持ちが軽くなるので、出来るだけストレスを発散するようにしましょう。

【対策】ストレスを発散する

ストレスが原因によって生えてくる白髪の場合、ストレス発散することが大事です。ではどんなストレス発散の方法があるのかと言うと次のものが考えられます。

ストレス解消になりそうなこと(例)①

  • いつもよりたくさん睡眠を取る
  • 入浴する
  • アロマテラピーを楽しむ
  • 外出する
  • 買い物をする
  • 旅行する
  • 良く笑う
  • 何も考えずにぼーっとする
  • 動物に触れあう
  • ネコカフェやウサギカフェなどに行く
  • 森林浴する
  • 映画を見る
  • 読書する
  • コンサートやライブに行く
ストレス解消になりそうなこと(例)②

  • 叫ぶ・大声を出す
  • 瞑想する・ヨガをする
  • マッサージしてもらう
  • スポーツ観戦する
  • 筋トレをする
  • ジムに行く
  • 運動する
  • 部屋を片付ける
  • 音楽を聴く
  • 色んなサークルに参加する
  • 飲み会をする・参加する
  • 愚痴を吐き出す
  • 実家に帰る
  • ドライブする

以上ストレス発散の方法の例を挙げましたが、無理にやりたくないものはやらないほうが良いです。逆にストレスを感じてストレスをためてしまうかもしれないからです。運動が好きじゃないのに無理にランニングをしたり、お酒が飲めないのに飲み会に参加したり、などは逆効果ですよね。

あくまで素直に楽しめることでなければ意味がないので、好きなことを楽しむことがストレス発散にはとても大事です。

②睡眠不足

睡眠不足の女性

睡眠不足は白髪を増やす原因となります。睡眠不足と白髪との関係で大きく影響しているのは血行不良です。睡眠不足は血行不良を引き起こし、この血行不良が白髪を増やしてしまいます。

血行不良は血流が悪くなった状態ですが、血流が悪くなると髪の色の元になるメラニン色素を作るメラノサイトと呼ばれる色素細胞が活動するために必要な栄養素が届けられなくなってしまいます。

ではなぜ睡眠不足になると血行不良になるのかと言うと、睡眠不足は身体が休まらずに緊張した状態になり、血管が収縮した状態になるからです。血管が収縮した状態が続くとやがては血行不良になります。

また、睡眠中は体の代謝を促してくれる大事な成長ホルモンがもっとも多く分泌されるため、髪をつくる毛母細胞や髪に色をつける色素細胞メラノサイトも元気よく動くことができるのですが、睡眠不足は髪を作ったり髪を黒くする活動に悪影響を与えてしまいます。

なので、睡眠不足になっても十分に睡眠を取らずそのままにしておくと白髪を増やしてしまうことになります。

【対策】十分に睡眠を取る・質の高い睡眠を取る

睡眠不足が原因で生えて来た白髪の場合、しっかり睡眠を取り、睡眠不足をとにかく解消することが大事です。

たとえば、夜更かしをやめる、お昼は昼寝をする、昼と夜が逆転した生活をしない、夜寝たら朝までしっかり眠れるように枕やベッドなどを自分に合ったものを選んで使い睡眠の質を挙げる、などが考えられます。

睡眠時間を増やすことは大事です。そして睡眠の質も大事です。いくら長く寝たり十分に睡眠を取ったとしても、睡眠の質が悪ければ体は休まりません。「睡眠時間」と「睡眠の質」どちらも大事にしましょう。

③運動不足

太っている女性のお腹

運動不足は白髪の原因となります。運動不足になると筋力低下につながり、血行不良の原因となって白髪を増やしてしまうんです。

筋力が低下するとなぜ血行不良になるのかと言うと、筋力が低下すると血液を送る力が低下してしまい血流が弱くなってしまうからです。

血行不良になれば、メラノサイトと呼ばれる色素細胞が活動するために必要な栄養素が、このメラノサイトに届けられなくなってしまいます。メラノサイトは髪の色の元になるメラニン色素を作るため、メラノサイトの活動が低下してしまえばメラニン色素が作られなくなってしまいます。

メラノサイトの活動に必要な栄養素は血液によって運ばれるため、血流を悪くしてしまう運動不足は血行不良の原因となるため白髪が生えてきてしまいます。

【対策】適度に運動する

運動不足が原因で生えてきている白髪の場合、十分に運動することが大事です。運動と言ってもどんなことをすればいいのかと言うと、おすすめなのが有酸素運動です。有酸素運動には次のものがあります。

有酸素運動の例

  • ウォーキング
  • サイクリング
  • エアロバイク
  • 縄跳び
  • 水泳
  • ランニング
  • エアロビクス

まずはウォーキングやサイクリングのような、始めやすいものから始めると良いですね。

④栄養が偏った食生活や無理なダイエット

太りやすい食べ物

栄養が偏った食生活や無理なダイエットは白髪が生えてきてしまう原因になります。なぜなら、髪の色の元になるメラニン色素を作るメラノサイトと呼ばれる色素細胞の活動に必要な栄養素が十分摂取できていないことがあるからです。

メラノサイトの活動に必要な栄養素が足りないと、メラニン色素が十分作られなくなりメラニン色素が含まれない髪、つまり白髪が生えてきてしまいます。

【対策】栄養バランスの良い食生活を送る

栄養が偏った食生活や無理なダイエットによって生えてきている白髪の場合、栄養バランスの良い食生活を送るのが大事です。

では栄養バランスの良い食生活を送ると言うのは、炭水化物・たんぱく質・ビタミン・鉄分・カルシウム、などなど様々な食品を使った食事をしっかり食べる、と言うことです。

炭水化物・たんぱく質・ビタミン・鉄分・カルシウムなどはメラノサイトが活発に活動するのに必要な栄養素なので、毎日摂るようにしたいですね。

また、規則正しい時間に食事を取ることも大事です。たとえば栄養バランスの良い食事を取るのが深夜だとすると体に良くありません。規則正しい時間に食事をすることで身体が正常に働き大事な栄養素がしっかり体内に吸収されます。

なので、規則正しい時間に食事をとることを心がけるようにしましょう。

⑤タバコを吸う

タバコ

タバコを吸い続けていると白髪の原因になります。なぜなら、タバコに含まれるニコチンが血行不良を起こしてしまうからです。ニコチンは血管を収縮してしまう作用があるので、タバコを吸い続けていると血管が収縮する回数が増えて、血行不良を引き起こします。

血行不良になれば、メラノサイトと呼ばれる色素細胞が活動するために必要な栄養素が、このメラノサイトに届けられなくなってしまいます。するとメラノサイトの活動が低下してメラニン色素が作られなくなり、メラニン色素が含まれない髪、つまり白髪が生えてきてしまいます。

【対策】禁煙する・タバコは吸わない

タバコを吸い続けたことで生えて来た白髪は、タバコを禁煙することで生えてこなくなる場合があります。また、今まで吸ったことがない人はこの先タバコを吸うのはおススメできません。

ニコチンが白髪の原因となるので、そのニコチンが含まれるタバコを吸わないことが白髪対策になります。

⑥目を使い過ぎる、目が疲れても休ませない

目が疲れている女性

目を使い過ぎたり、目が疲れても休ませないと白髪が生えてきてしまう場合があります。なぜなら、目の周辺にある筋肉の筋力を低下させて頭皮の血行を悪くし血行不良を引き起こしてしまうからです。

血行不良は血流が悪くなっている状態ですが、身体に必要な栄養素は血液によって運ばれます。メラノサイトと呼ばれる色素細胞が活動するために必要な栄養素は血液によって送られてくるため、血行不良になるとメラノサイトの活動が低下してメラニン色素が作られなくなってしまいます。

メラニン色素が作られなくなってしまうと、髪にメラニン色素が存在しない髪、つまり白髪が生えてきてしまいます。目を使い過ぎたり、目が疲れていても休ませないでいると目の周りの筋肉の疲労感を感じている時は注意です。

【対策】できるだけ目を休ませる

目を使い過ぎたり、目が疲れても休ませないことで生えてきている白髪の場合、目を休ませることが大事です。目を休ませることで目の周りの筋肉の緊張がほぐれて血流も改善されます。

また、蒸したタオルを使うのも良いですね。蒸しタオルを目にかぶせることで目の周りの緊張がほぐれて血流が改善されます。(蒸しタオルの温度に注意です)

⑦紫外線をたくさん浴びる

紫外線

紫外線を多く浴びると白髪の原因となってしまう場合があります。と言うのも、紫外線を浴びると大量の活性酸素が発生しまうため、頭皮の細胞を酸化させてメラノサイトが衰えてしまうからです。メラノサイトが衰えてしまうとメラニン色素が十分に作られなくなるため、メラニン色素が含まれていない髪、つまり白髪が生えてきてしまいます。

【対策】できるだけ紫外線を避ける

紫外線によって生えてきている白髪の場合、出来るだけ紫外線を避けることが大事です。できれば紫外線を浴びないで生活できれば良いのですが、さすがに無理なので、紫外線対策をするようにしましょう。

ではどんな紫外線対策があるのかと言うと次の方法があります。

不必要に紫外線を浴びないようにするには

  • できるだけ外出を避ける
  • 日が当たるところで歩かない
  • 帽子をかぶったり日傘をさす
  • 日が暮れた頃に出かける時間をずらす
  • UVカットスプレーを髪に吹きかける
  • 日差しが強い時間帯は歩かずに車やバスで移動する

出来れば紫外線が強い時間帯に外を歩くのは避けたいですが、用事がある場合はそうもいかないので、帽子をかぶったり日傘をさしたり、UVカットスプレーを使って紫外線から髪を守るなどして髪を痛めないようにしたいですね。

最後に

白髪を増やす絶対やっちゃいけないいけないことについてお話ししました。中には普段の生活でついついやってしまっていることもあるかもしれません。どれも髪にとって良いくないことばかりなので、思い当たる人は出来るだけやめるようにして綺麗な髪を目指しましょう♪

関連記事一覧