強いショックが原因で黒髪が一晩でいきなり白髪になるって本当?

スポンサードリンク

白髪が生えてくると何だか老けて見えるので見た目が悪くなるのでイヤですよね。でも白髪って、体が何か不調になっているのを教えてくれているような気がしてきます。黒い髪が白くなるって何か大変なことが起きている気がしますしね。

過去の逸話や小説、アニメの世界などでは、強いショックを受けたら一夜にして白髪になったという話や描写があったりします。あくまで逸話や小説、アニメの世界での話ですが、現実でも強いショックが原因で黒髪が一晩でいきなり白髪になることはあるのでしょうか。

Contents

強いショックが原因で黒髪が一晩でいきなり白髪になることはあるの?

悩む女性

強いショックが原因で黒髪が一晩でいきなり白髪になることはあるのかというと、そんなことは起こりえません。一晩でいきなり白髪が生えることはないですし、白髪は徐々に生えてくるものです。

強いストレスを受けたからと言って、一晩でいきなり髪が白くなるなんてことはありません。強いストレスを受けても、黒い髪は次の日も黒い髪のままです。強いショックを受けたとしてもすぐには生えてはこないんですよね。

ではどのように白髪は生えてくるのでしょうか?白髪が生える仕組みについてお話ししますね。

白髪が生えてくる仕組み

人差し指を立てる女性

白髪が生えてくる仕組みは次の2つになります。

【仕組み①】何らかの原因でメラノサイトが十分活動できなくなると白髪になる

何らかの原因でメラノサイトが十分活動できなくなると白髪になります。このメラノサイトとは色素細胞と呼ばれる細胞のことで、髪が黒い色の正体であるメラニン色素を作る細胞です。このメラノサイトが正常に活動することでメラニン色素がつくられますが、一方何らかの原因でメラノサイトが十分に活動出来なくなってしまうとメラニン色素が作られなくなります。

【仕組み②】メラニン色素を作るための材料(栄養)不足により白髪になる

いくらメラノサイトが十分に活発に活動していても、メラニン色素を作るための材料である栄養素が不足していれば十分にメラニン色素が作られず、髪に色がつかない状態になり白髪となって生えてきてしまいます。

ちなみに、メラニン色素の材料である栄養素とは、チロシンと呼ばれるアミノ酸の一つです。このチロシンは毛乳頭に含まれており、メラノサイトの中に存在するチロシナーゼという酵素が作用してチロシンが黒色メラニンに変わります。

髪が白く見えるのは髪にメラニン色素が含まれていないから

ここまででメラニン色素がどのように作られるのかについてお話ししましたが、作られたメラニン色素は、髪を作る毛母細胞に渡されます。

この毛母細胞が髪を作りつつメラニン色素を取り込むので黒い髪になりますが、メラニン色素が作られなければ髪にメラニン色素を入れることができません。なので、白くて色のついていない髪である白髪が生えてきてしまうというわけです。

なんで白髪は生えたり増えたりするの?

悩む女性

白髪が生えてくるのは何らかの原因でメラノサイトが十分に活動できなくなったからだとお話ししました。ではなぜメラノサイトの活動が十分に行われなくなり白髪が生えてくるようになるのでしょうか。いくつか理由が考えられますのでお話しします。

【理由①】加齢(細胞の老化)

人は年齢を重ねるごとに身体が衰えていきます。もちろんメラノサイトも同じことが言えます。年齢を重ねることでメラノサイトが衰えるとメラニン色素を作る能力も落ちてしまいます。最悪メラノサイトが死んでしまう・・・なんていうことも起きます。

多くの人が、歳を取ったら白髪が生えると思われるのはこの加齢によるものですね。私も同じように思っていました。

【理由②】ストレス

ストレスはメラノサイトの活動を低下させて活動が十分に行われなくなることがあります。なぜならストレスは血行不良を起こしやすいのですが、この血行不良がメラノサイトの活動を低下させてしまうからです。

血行不良になると、メラノサイトの活動に必要な栄養素が届けられなくなる場合があります。メラノサイトの活動に必要な栄養素が届けられなくなると、メラノサイトの活動が十分行われなくなってしまいます。なので、メラニン色素が十分に作られなくなり白髪が生えてきてしまうというわけです。

【理由③】睡眠不足

睡眠不足の状態が続くと血行不良を引き起こし、メラノサイトに必要な栄養素が届けられなくなって白髪が生えてきてしまいます。

睡眠中は血管が拡がりますが、睡眠不足が続くと血管が縮まり、血行が悪くなります。また、成長ホルモンの分泌が減少して自律神経にも悪い影響を及ぼしてしまいます。すると、血行不良の原因となり頭皮に栄養が行き渡らなくなってしまいます。

普段忙しくて寝る時間が遅い人やついつい夜更かししてしまっているの人は要注意です。

【理由④】無理なダイエットや偏った食事

無理なダイエットや偏った食事を続けている人はバランスの取れた食事ができていないことが多いため、メラノサイトの活動に必要な栄養素が不足しがちです。

とはいってもダイエットはしないほうが良いというわけではなく、栄養バランスの取れた食事が取れたうえでダイエットをするのは良いです。無計画にただ体重を落としたいだけのダイエットは白髪の原因となるため要注意です。

また、朝は食べない、いつも好きな物だけしか食べていない、夜の食事は深夜、深夜にお腹が空いたからついカップラーメンやお菓子を食べてしまう・・・などなども良くないです。栄養バランスがむちゃくちゃですし、規則正しく食事ができてない人も栄養を吸収しにくくなるので良くないですね。

【理由⑤】妊娠・出産・女性ホルモンのバランスの乱れ

妊娠・出産は女性ホルモンのバランスが乱れやすい時期です。女性ホルモンバランスの乱れると血行不良を引き起こすことがあります。

血行不良になるとメラノサイトの活動に必要な栄養素が届けられなくなりメラノサイトの活動を鈍くしてしまいます。その結果メラニン色素が作られなくなって白髪が生えてきてしまいます。

【理由⑥】眼精疲労

眼精疲労の状態をそのまま放置しておくと目の筋肉の力の機能が弱くなってしまいます。すると、頭皮やこめかみ周りの筋肉を使うようになり頭部の筋肉が凝り固まってしまいます。すると血液の流れが滞ってしまい、酷い時は血行不良となります。

血行不良はメラノサイトに必要な栄養素が届かなくなる原因になるので、普段スマホをずっと触っているような人や、お仕事でパソコンに長時間向かって仕事している人はついつい目を使い過ぎてしまうため、眼精疲労になりやすいので注意が必要です。

【理由⑦】運動不足

運動不足の状態が続くと、筋力が低下してしまいます。筋肉には心臓と同じように全身に血液を巡らせるポンプのような働きがありますが、筋力が低下してしまうと血液を送る力も弱くなってしまい血行不良が起きてしまいます。

メラノサイトに必要な栄養素が届かなくなる原因となる血行不良を引き起こしてしまうため、普段仕事や学校で疲れて外に出るのも面倒になり、十分に運動できず運動不足になっている人は注意が必要です。

【理由⑧】タバコ

タバコはニコチンが含まれており、このニコチンは血管を収縮させる作用があるため、血液の流れを悪くし、血行不良を引き起こします。タバコは健康に悪い栄養を与えるイメージがありますが、髪にとっても良いことではありませんね。

【理由⑨】紫外線

髪が紫外線を浴び続けると、頭皮が有害な紫外線浴びることで、大量の活性酸素が発生して頭皮の細胞を酸化させていきます。細胞が酸化するということは色素細胞であるメラノサイトも衰えてしまうため、メラノサイトの活動に悪い影響を与えます。

最悪メラニン色素が作られず黒い髪を作りだすことが出来なくなってしまうことになります。

どのくらい浴びたらいけないのか、何時間浴びたらいけないのかははっきり言えませんが、過度の紫外線は大敵です。

【理由⑩】何らかの病気

何らかの病気というのは慢性胃腸疾患や円形脱毛症、甲状腺疾患、鉄欠乏性貧血と言った病気のことで、白髪が生えてくる場合があると言われています。と言うのも、病気によって内臓の器官が弱ってしまうと、栄養の吸収が悪くなるからです。

栄養の吸収が悪くなると、メラノサイトの活動に必要な栄養素が十分に摂れなくなるため、結果としてメラニンが生成される数も少なくなって白髪が生えてきてしまいます。

また、慢性胃腸疾患や円形脱毛症、甲状腺疾患、鉄欠乏性貧血と言った病気の治療で服用するお薬にも問題がある場合があります。と言うのは、お薬による副作用で、副作用が原因で白髪が生えたり増えたりする場合もあります。

なので病気とお薬の副作用どちらも白髪の原因になることもあるため注意が必要です。もしお薬を服用してから白髪が生えてきたり増えてきたような気がするなら、お医者さんに相談されると良いです。

白髪を改善するにはどうすれば良いの?

ここまでで、白髪が生えてくる原因についてお話ししましたが、ではどんな改善・対策方法があるのでしょうか。

【方法①】ストレスを発散する

カラオケでストレス発散

できればストレスを受けずに生活したい・・・なんてことは無理ですよね。なので、受けたストレスは溜めないことが大事です。例えば散歩にウオーキング、ランニングなどの運動(有酸素運動)や、ドライブ、買い物に映画館で映画鑑賞などは良いストレス発散になります。友達と遊ぶというのも良いですね。

ただし、大事なのは楽しめることです。楽しくないことを無理にやろうとしても逆にストレスになってしまいます。例えば、運動嫌いの人がいやいや運動するのは逆効果です。時間を忘れて楽しめるくらいだとストレスを忘れることができますよね。

【方法②】十分に睡眠を取る

寝ている女性

睡眠不足の人は十分に睡眠を取るようにしましょう。また、睡眠時間だけでなく、睡眠の質にもこだわるようにしましょう。睡眠時間と睡眠の質はとても大事です。睡眠中は血管が拡がるので血流も正常に戻るため、十分な時間で睡眠を取るようにしたほうが良いです。

また、睡眠の質が悪いとあまり寝た気がしないですし、疲れが取れていないだるさを感じてしまうためストレスを強く感じてしまいます。せっかく寝たのに昼間イライラしてよけにストレスが溜まってしまいます。

スポンサードリンク

睡眠の質が悪いのは、枕やベッドが自分の体に合っていないか、寝る部屋の環境が悪いことが考えられます。枕やベッドはできるだけ自分の体に合っているものを使うようにしましょう。

また、部屋が十分に暗くない、隣の部屋の音が気になる、スマホをベッドに持ち込んでいる、などです。寝ることに集中できないと質の悪い睡眠になってしまいます。しっかり眠ることができるようしっかり眠れる環境を整えるようにしましょう。

【方法③】目を休ませる

スマホをずっと触っていたり、長時間パソコンに向かって作業している人は、適度に目を休ませるようにしましょう。目を休ませるのにいい方法は次の通りです。

目を閉じる

目を閉じることで目は休むことができます。また、目を閉じると涙が目を包み込むので目が潤いますし、目の乾燥も防ぐことができます。なので、目を閉じるだけでも目に良いことなんですよね。少しの時間で良いので目を閉じて目を使わない時間を作るようにしましょう。

寝る・仮眠する

寝ている間は目を閉じるので目を休ませることができます。目の神経も同じく休むことができます。夜はしっかりと寝ることで目を休めることができますし、日中は休憩時間やお昼休みと言った時間に少しでも仮眠すると良いですね。

蒸しタオルをしばらく目にかぶせる

目を閉じた状態で蒸しタオルを目に当てると目の周りの筋肉が和らぎ緊張状態もほぐれます。気持ち良さもあり気持ちもリラックスできます。

ただし、蒸しタオルの温度には注意しましょう。また、夏場の暑い時期に蒸しタオルだと不快に思いストレスになってしまうかもしれません。涼しい部屋でやると良いですね。ちなみに、蒸しタオルの温度は40℃ほどが良いですね。あくまでこの温度は目安なので、あまりに熱いと感じないよう温度を調整すると良いです。

【方法④】規則正しく、栄養バランスが取れた食生活を続ける

食事

規則正しく、栄養バランスが取れた食生活を続けることがメラノサイトの活動にとても大事なことです。栄養バランスがとれた食生活を送ることで、メラノサイトの活動に必要な栄養素が十分摂取できるので、メラニン色素を作るよう働きますからね。

また、メラニン色素の材料となるチロシンはいくつかの食材によって摂取することができるため、チロシンが摂取できる食事ができればメラニン色素が不足することは起きないため白髪が生えるのを防ぐことができます。

ではメラノサイトの活動に大事な栄養素とは何か、そしてどんな食材に含まれているのかお話しします。

【栄養素①】ビタミンB12

ビタミンB12はメラノサイトを活発化させるのに良い栄養素です。貝類に多く含まれており、たとえばしじみや赤貝、あさりに多く含まれています。レバー、海苔(のり)などにも多く含まれます。

【栄養素②】葉酸

葉酸とはビタミンB9とも呼ばれる栄養素の一つです。ビタミンB12と一緒に血液を生成し、血行を促進する効果も期待できます。葉酸はレバーやほうれん草などで特に多く含まれています。

【栄養素③】カルシウム

カルシウムはメラノサイトを活性化させてくれる栄養素です。カルシウムは乳製品、骨ごと食べれる魚、殻を食べれるエビ、大豆、葉物等に多く含まれます。

【栄養素④】銅

銅は、チロシンをメラニン色素に変えるチロシナーゼが働くのに必要です。銅は牛肉のレバーやホタルイカ、干しエビに多く含まれており、そのほかに豆類やカシューナッツ、ゴマなどにも含まれています。

【栄養素⑤】鉄分

鉄分は赤血球の構成成分です。鉄分が不足すると貧血になりやすくなり、血液が減少している状態だと、チロシンが運ばれてくる量そのものが減ってしまいます。

チロシン不足になると、メラニン色素が作られる量も少なくなってしまうため白髪の原因となってしまうわけです。

鉄分はレバー、赤身の肉や魚、貝類、大豆製品に鉄分が多く含まれています。

【栄養素⑥】チロシン

チロシンはメラニン色素の材料となるアミノ酸の一種です。チロシンが不足してしまうとメラニン色素が作られる量が少なくなり白髪が生えてきてしまいます。

チロシンはチーズ、乳製品、たらこ、たけのこ、バナナ、アボガド、ごま、大豆、落花生、アーモンドなどに多く含まれています。

【方法⑤】適度に運動をする

運動不足の人は適度に運動すると良いです。低下している筋力を鍛えることができます。筋力が強化されれば血液を送る力も強くなり、血行不良を改善できるかもしれません。

おススメの運動は有酸素運動です。有酸素運動には次のものがあります。

有酸素運動

  • ウォーキング
  • サイクリング
  • エアロバイク
  • 縄跳び
  • 水泳
  • ランニング
  • エアロビクス

今挙げた有酸素運動の中ではウォーキングが一番簡単に始められそうですね。自分で始められそうなものをやってみると良いですね。

【方法⑥】タバコはやめる(禁煙する)

タバコ

ニコチンは血管を収縮させる作用があるため、ニコチンが使われているタバコをやめることで血行不良の改善が期待できます。健康のためにもタバコをやめることによって得られるメリットが多いです。

【方法⑦】紫外線を出来るだけ浴びないようにする

紫外線を浴びないで生活するのはほぼ無理ですが、出来るだけ紫外線を浴びないようにするよう対策することはできます。

たとえば、紫外線の強い時間帯に出かけるのを避ける、時間をずらす、帽子をかぶる、UVカットスプレーといったスプレータイプの日焼け止めを使って髪から紫外線を守る、などで紫外線対策すると良いですね。

【方法⑧】頭皮マッサージする

頭皮マッサージは頭皮の頭皮の緊張をとり、滞りやすい頭皮の血流を改善するよう促します。

なお、頭皮マッサージは1日1回でOKです。回数を増やすのはやりすぎなので注意です。お風呂でシャンプーのついでにやるなど、習慣つけてしまうのがオススメです。

生えてしまった白髪を今すぐになんとかしたい場合は?

悩む女性

ストレスや睡眠不足など生活習慣の乱れが原因で生えてきてしまった白髪は、ストレスを発散したり生活習慣を規則正しくすることで改善することができる場合がありますが、白髪が改善されるまでには時間がかかります。

急にストレスからほぼ解放された環境に移動した、しっかり睡眠もとるようにしたと言ってもすぐに黒髪が生えてくることはないのですぐに白髪をなんとかしたいという人は白髪を切ったり染めるかなどすると良いです。

白髪を切る

チラホラと生えている白髪が邪魔なら根元から切ると良いです。ただし、沢山生えている場合はいくら切ってもキリがないので白髪染めする方が良いですね。

白髪を染める

白髪染めは今生えている白髪を理想の髪に変えることができるので、多くの人に使われています。今は数多くの白髪染めが販売されており、選ぶのがなかなか難しいくらいです。今すぐに髪を黒くしたいなら1度で染まるタイプの白髪染めを使われると良いですね。1度に染まる白髪染めには白髪染めヘアカラーを選ぶと良いです。

なお、白髪染めトリートメントは白髪に色が付くまでに時間がかかるので今すぐに白髪を黒や茶色などに変えたいという人には向いていません。

また、自分で染めるのが面倒だという人なら美容室で染めてもらうと良いです。自分で染めるよりお金がかかってしまいますが、髪を染めるプロである美容師さんに染めてもらえるので安心です。

ウィッグで隠す

白髪を染めるのはイヤと言う人はウィッグで隠すという選択も良いです。染める手間や染める前準備、後片付けなどは必要がないですし、白髪染め特有の髪をや頭皮を痛めてしまうなんて心配もありません。

最も軽いウィッグ「pufeel(パフィール)」

白髪を抜くのはやめましょう

「×」を示す女性

今すぐこの白髪を抜きたい!と思っても絶対に白髪は抜かないほうが良いです。なぜなら白髪を抜くのはデメリットが多すぎるからです。痛いし、頭皮を傷つけるし、いずれ薄毛になってしまう原因にもなります。

また、白髪を抜いたところで次に生えてくるのは白髪なので、時間の無駄にもなってしまいます。なので、白髪は抜かずに根元から切るか白髪染めするかウィッグで隠すのが良いですね。

最後に

強いショックが原因で黒髪が一晩でいきなり白髪になるのかと言うと、答えはNOです。ストレスによって白髪が生えてくることはありますが、そのストレスで生えてくる白髪はある程度時間がかかります。

また、ストレス以外にも白髪が生えてくることもあり、髪を黒くするための細胞(メラノサイト)が衰えたり、生活習慣の乱れによって白髪が生えてくることはあります。

老化による白髪は対策のしようがありませんが、生活習慣の乱れによって生えてきてしまった白髪なら生活習慣を改善することで再び色のついた髪が生えてくるかもしれません。

もし夜更かしを良くする、偏った食事ばかりしているなど乱れた生活習慣を続けているのであれば生活習慣を改善しましょう。ただし、習慣と言うのは今すぐに改善できるものではないですし大変です。時間もかかります。なので、できることから始めてはいかがでしょうか。

スポンサードリンク

関連記事一覧