白髪がなぜ若い女性でも生えてきてしまう原因と対策とは?

スポンサードリンク

白髪は年齢を重ねた人だけでなく、若い人でも生えてきますよね。女性男性問わずいきなり白髪が生えてきた、なんていうことはあると思います。

でも白髪っていざ生えてきてしまうと嫌ですよね。どれだけ綺麗な人でもどこか老けて見えたり疲れているようにも見えたり。大人の渋さを感じることはあるかもしれないけど、あまり良いことは無いですよね。

そこで、白髪がなぜ若い女性でも生えてきてしまうのか、原因と対策についてお話しします。

白髪が生えてくる仕組み

人差し指を立てる女性

そもそも白髪が生えてくる仕組みについて知ることは大事です。なので、白髪が生えてくる仕組みについてお話ししますね。

なぜ白髪が生えるのはメラノサイトの活動が十分に行われなくなったため

なぜ白髪が生えるのはメラノサイトの活動が十分に行われなくなったためです。メラノサイトと言うのは、髪の色の正体であるメラニン色素を作る色素細胞です。

このメラノサイトがメラニン色素を作りだし、髪を作る毛母細胞と呼ばれる細胞にメラニン色素を渡します。メラニン色素を受け取った毛母細胞は、髪を作る過程でメラニン色素を取り込み、作られた髪が色が付いたままそのまま伸びていき黒髪となるわけです。

なお、毛母細胞にて作られる初めの髪には色が付いていない状態、つまり白髪の状態です(※正確には透明)。髪は初めから色が付いていると思われているかと思いますが、実は色が付いていないんですね。

そんな色が付いていない髪ですが、毛母細胞がメラニン色素を取り込むことで髪に色が付くのに対して、メラノサイトの活動が何らかの原因で十分行われなくなるとメラニン色素を作る量が減ってしまい、最悪全くメラニン色素が作られなくなってしまいます。

改めて白髪が生える仕組みを整理すると次の通りです。

白髪が生える仕組み

  • 毛母細胞が髪を作る
  • メラノサイトが何らかの原因で十分に活動が行われなくなる
  • 毛母細胞に渡すメラニン色素がないまま色が付いていない髪、つまり白髪が伸びてくる

白髪がなぜ若い女性でも生えてきてしまうの?

悩む女性

白髪が生えてくる原因にメラノサイトの活動が十分に行われなくなることがあるとお話ししましたが、メラノサイトの活動が十分に行われなくなるのに年齢は関係ありません。若い人でもメラノサイトの活動が十分に行われなくことはあります。

なので、白髪は年を重ねた人だけに生えてくるものだという考えは違います。では、メラノサイトの活動が十分に行われなくなるのにはどんな原因があるのでしょうか。

【原因①】ストレス

ストレスがメラノサイトの活動に悪影響を与えてしまうことがあります。ストレスは自律神経を乱し、血行不良を引き起こしたり新陳代謝の妨げとなる要因となります。

血行不良になると、メラノサイトの活動に必要な栄養素が届けられなくなる場合があります。なので、メラノサイトの活動が十分に行われなくなるためメラニン色素が作られずに色が付いていない白髪が生えてきてしまうというわけです。

メラノサイトはストレスに弱いため、ストレスをしっかり発散してストレスをため込まないようにしましょう。

【原因②】睡眠不足

睡眠不足は血行不良の原因になることがあるので、メラノサイトの活動が十分に行われなくなったり、酷い時はメラノサイトの数が減ってしまうこともあります。

なぜ睡眠不足になると血行不良を引き起こしてしまうのかと言うと、睡眠不足が続くと血管が縮まり、血行が悪くなるからです。また、睡眠の質も大事です。質の高い睡眠が取れていない場合、成長ホルモンの分泌が下がってしまいます。すると、血液中に余分な脂肪が蓄積され血行不良を引きこ起こしてしまいます。

つまり、睡眠時間と、睡眠の質どちらも大事だということです。

【原因③】眼精疲労

眼精疲労の状態になっても改善せずにそのまま放置しておくと、目の筋肉の力の機能が弱くなり、他の筋肉(例えば頭皮やこめかみの筋肉)を使うため、それらの筋肉を使うこととなり、頭部の筋肉が凝り固まってしまい血行不良となります。

普段スマホをずっと触っているような人や、お仕事でパソコンに長時間向かって仕事している人は眼精疲労になりやすいので注意が必要です。

【原因④】無理なダイエット・偏った食生活

無理なダイエット・偏った食生活は血行不良を引き起こし、メラノサイトが十分に活動できなくなることがあります。無理なダイエット・偏った食生活を続けていると、摂取できる栄養素も偏りますし、メラノサイトの活動に必要な栄養素も十分摂れなくなってします。

たとえば、好きな物しか食べない、野菜は健康に良いけど肉は太るから食べないといった偏った知識に基づいた食事はおススメできません。肉だって大事な栄養素は含まれています。要は栄養バランスがちゃんと取れているかどうかが大事なんです。

また、朝食を抜くのもおススメできません。朝起きれない、朝食食べる時間があったらもっと寝ていたい、用意するのが面倒、などなど朝食を食べないという人も結構いると思います。朝食を抜くということは一日に摂取する必要な栄養素が足りなくなることになります。お昼と夜だけで補うというのは難しいと思いますしね。

【原因⑤】妊娠・出産

妊娠・出産の期間は、食事で摂取した栄養素がおなかの赤ちゃんに優先されて渡りやすくなるので、お母さんへの栄養素は後回しになってしまいます。また、妊娠・出産の期間はお母さんにとって精神的に不安定になりやすいのでストレスを受けやすくなります。なので、メラノサイトが活動するのに必要な栄養素も十分ではなくなってしまいます。

妊娠中は特にストレスをため込みやすしですし、溜まったストレスもなかなか発散しにくいので、ストレスによる血行不良の心配もあります。

【原因⑥】運動不足

運動不足により、メラノサイトの活動が十分に行われなくなる場合があります。と言うのも、人間の体は血管が張り巡らされており血液が体の隅々に流れているのですが、運動不足の状態が続いていると筋力が低下してしまうと血液の巡りが悪くなり、状態が悪くなると最悪血行不良を引き起こしてしまいます。

普段仕事や学校で疲れて外に出るのも面倒になり、十分に運動できず運動不足になっている人は結構いると思います。ここ最近運動してないなと思っている人は注意です。

【原因⑦】喫煙

タバコにはニコチンが含まれており、血管を収縮させる作用があるため、脳や皮膚の血流を妨げる作用があります。酷い場合は血液の流れが止まってしまうこともあります。なので、タバコを吸うことは血行不良を引き起こす原因となります。

タバコを吸うことで血行不良になり、メラノサイトが活動するのに必要な栄養素も十分ではなくなってしまうかもしれません。なので、喫煙する人、特にヘビースモーカーの人は要注意です。

【原因⑧】紫外線

髪が紫外線を浴び続けると、頭皮が有害な紫外線浴びることで、大量の活性酸素が発生してメラノサイトがダメージを受けてしまい、メラノサイトの活動に悪い影響を与えます。

最悪メラニン色素が作られず黒い髪を作りだすことが出来なくなってしまうことになります。

白髪対策としてメラノサイトのためにできることととは?

悩む女性

白髪対策としてメラノサイトの活動に悪いことはやめることです。ではメラノサイトのためにできることとはいったいどんなことがあるのでしょうか。

【対策①】ストレスをため込まず出来るだけ発散する

できることならストレスを受けずに生活したいと思いますが、普段生活している中でストレスを受けないようすることは絶対無理です。なので、ストレスを受けることは仕方ないとしてどのようにため込まないか、いかに発散するかが大事です。

ではどんな発散方法があるのか、考えられるだけ書き出してみました。

ストレス解消になりそうなこと①

  • いつもよりたくさん睡眠を取る
  • 入浴する
  • アロマテラピーを楽しむ
  • 外出する
  • 買い物をする
  • 旅行する
  • 良く笑う
  • 何も考えずにぼーっとする
  • 動物に触れあう
  • ネコカフェやウサギカフェなどに行く
  • 森林浴する
  • 映画を見る
  • 読書する
  • コンサートやライブに行く
ストレス解消になりそうなこと②

スポンサードリンク
  • 叫ぶ・大声を出す
  • 瞑想する・ヨガをする
  • マッサージしてもらう
  • スポーツ観戦する
  • 筋トレをする
  • ジムに行く
  • 運動する
  • 部屋を片付ける
  • 音楽を聴く
  • 色んなサークルに参加する
  • 飲み会をする・参加する
  • 愚痴を吐き出す
  • 実家に帰る
  • ドライブする

まだ他にもあるかもしれませんが、楽しみながら取り組めるものから始めてみると良いですね。ストレスを溜めでしまっては逆効果になってしまいますからね。

【対策②】十分に睡眠を取る・質の高い睡眠を心がける

十分に睡眠を取ることは、メラノサイトを活発させるのにとても良いことです。体がリラックスし血流も正常に戻りやすくなります。なので、メラノサイトが活発に活動してメラニン色素が生成されやすいです。

なので、いつも寝る時間が遅い人、ダラダラと夜更かししている人はしっかり早い時間に寝るようにしましょう。

また、睡眠時間をいくら長く取ったとしても疲れが取れた気がしない、だるいなど感じることがあるかと思います。なぜか疲れが取れなかったりだるさを感じてしまうことがあるのかと言うと、睡眠の質が悪いことが考えられます。いくら長い時間が長くても、睡眠の質が悪ければ体も休まりませんし、ストレスを感じてしまいます。

せっかく寝たのにストレスが溜まるなんて悲しいですよね。睡眠の質が悪い原因は枕やベッド、寝る部屋の環境が悪いことが考えられます。

枕やベッド選びは結構難しく、自分に合ったものを見つけるのは難しいです。いくら使っている人が「良いよ」と言っても、自分に合うかは使ってみないと分かりません。今は枕の専門店やベッドの専門店は多くありますし、実際に試すこともできます。なので、販売員の方と相談しながら自分に合った枕やベッドを見つけていきましょう。

また寝る部屋の環境づくりも大事です。スマホやタブレットなどをベッドに持ち込むのはご法度です。しっかり部屋を暗くして体を休ませ眠りましょう。

【対策③】適度に目を休ませる

眼を休ませることは血流に悪い影響を与えることが無く、メラノサイトの活動の妨げにならないためとても良いことです。普段スマホをずっといじっている人やパソコンに長時間向かっている人は適度に目を休ませるようにしましょう。

目を閉じるだけでも眼への負担も減りますし、軽く睡眠するだけでもだいぶ目を休ませることはできます。外の景色を見るのも良いですね。

他にも、蒸しタオルを瞼の上からそっと乗せて数分程度そのままにしておくのも目の疲れが取れてリフレッシュできます。ただし、温度に気を付けましょう。火傷なんてしたら大変ですからね。熱すぎるのもストレスを感じてしまうので、タオルの温度には気を付けましょう。

【対策④】無理なダイエット・偏った食生活はしない

無理なダイエット・偏った食生活はおススメできません。メラノサイトの活動に必要な栄養素が不十分になり活発な活動ができなくなってしまうかもしれませんからね。ダイエットについては、決してしてはいけないというわけではなく、必要な栄養素が不足するようなダイエットがいけないんです。

大事な栄養素が十分摂れている範囲でのダイエットなら問題ありません。野菜ばかり食べることが正しいわけではないですからね。食べたら太るだろうと思われるお肉だって必要な分量は食べないといけないと言うわけです。(体重だけを見るなら野菜ばかりでも良いとは思いますが)

なお、どんな栄養素を摂るのが良いのかと言うとチロシンやビタミンB12、ビオチンに亜鉛、カルシウムと言った栄養素になります。

【対策⑤】適度に運動をする

適度に運動することも血流に悪い影響を与えることが無く、メラノサイトの活動の妨げにはならないためとても良いことです。

適度に運動することで血液のめぐりが良くなるため、進んで運動すると良いです。ウォーキングやランニング、サイクリングやヨガなどは有酸素運動と呼ばれていますが、この有酸素運動をするのが良いです。

ジムに通うのも良いですが、値段がかかるので、まずはウォーキングやランニングシューズを買うところから始めてみると良いです。ウォーキングやランニングなら自宅からすぐに始められますからね。

【対策⑥】タバコは吸わない

タバコはニコチンが含まれますが、そのニコチンは血行不良を引き起こします。なので、メラノサイトの活動の妨げにならないためにも、タバコをやめる勇気が必要です。

【対策⑦】紫外線は出来るだけ避ける

紫外線を多く浴びてしまうとメラノサイトの活動の妨げになるため、出来るだけ紫外線を浴びないようにすることがとても大事です。紫外線対策として、紫外線が強い時間帯は出来るだけ外出しない、帽子をかぶる、UVカットスプレーといったスプレータイプの日焼け止めを使って髪から紫外線を守るなどすると良いです。

【対策⑧】頭皮マッサージをする

頭皮マッサージは血行不良に効果的です。頭皮の毛細血管を刺激し血流を改善してくれる効果が期待できるのでオススメです。ただしマッサージをするのに次のことに注意しましょう。

マッサージする時の注意点

  • 力を入れすぎない
  • 爪を立てない
  • 飲酒時や飲酒後すぐは控える
  • 体調が優れない時は控える

頭皮をマッサージする時は、やさしく揉む・押すことを意識しましょう。頭皮はかなり薄くデリケートなので、強く刺激を与えてしまうのは良くありません。頭皮に過度な刺激を与えることは逆効果です。なので、頭皮マッサージをするときは刺激を与え過ぎないよう細心の注意を払いながら行うようにしましょう。

今生えている白髪を今すぐどうにかしたい場合はどうすれば良いの?

悩む女性

ここまでで、白髪が生えてきてしまうことに対する対策についてお話ししてきましたが、目に見えて変化が出るまでには時間が必要です。なので、今生えている白髪はどうすれば良いのでしょうか。

白髪を切る

白髪今すぐ何とかしたい、そう思うなら白髪を切るのが一番手っ取り早い方法ですね。チラホラ生えている程度に生えている白髪の数が多くなければハサミで切ってしまうと良いです。なので、出来ることなら中途半端な位置で切るのではなく根元から切るようにしましょう。

ただし、あまりに白髪が多い場合はその数全てを切るのは非常に大変なので、何とか白髪を切ろうとするのではなく白髪染めをしたほうが良いですね。

白髪を染める

自分で染める場合

今ある白髪を今すぐに何とかしようとするなら白髪染めが多く使われていますよね。今は色んな種類の白髪染めが販売されています。自分では染めにくいイメージとは逆に、自分でも染めやすい白髪染めもありますし、髪や頭皮にできるだけダメージを与えない優しい白髪染めもあります。

白髪染めトリートメントはお風呂で染めるタイプの白髪染めなので準備や後片付けも楽ですし、「トリートメント」とことばがついているように髪を補修してくれる白髪染めです。なので、髪が痛んでいる人には白髪染めトリートメントはおススメの白髪染めです。

美容室で染める場合

美容室は髪を切るだけでなく白髪染めをしてくれますよね。自分では白髪染めを買ってこなければいけないですし、染めるのもやっぱり面倒。白髪染めの経験があまりない白髪染め初心者にとってはプロの美容師さんに染めてもらえたら嬉しいですよね。

今は白髪染めの色も色々と選べますし(明るめに白髪を染めてもらえる美容室もあります)、白髪染めはすべてお任せできるのでとても楽ちんです。自分で染めるよりはお金や美容室まで通わなければいけませんが、面倒な白髪染めをプロにお任せできるのは助かりますね。

ウィッグで隠す

白髪染めするのはイヤ、と言う人はいっそのことウィッグで隠してしまうのも良いですね。髪も痛みませんしすぐに白髪を隠すこともできます。さらに普段とは違うヘアスタイルを楽しむことも出来るので、気分的にも前向きに明るくなれるかもしれません。白髪の事を気にして気分が落ち込んでしまう人にはウィッグをして気持ちを高めてみると良いです。

サプリメントを飲む

白髪染めのかわりになる・・・かどうかは飲んだ人によりますが(効果には個人差があります)、今は白髪を改善するためのサプリメントも販売されるようになりました。サプリメントは飲むだけで良いので白髪染めと比べても非常にお手軽なところが魅力的ですね。

【絶対おススメできません】白髪を抜く

白髪をついつい抜いている人はいるかと思いますが、絶対に白髪を抜かないほうが良いです。なぜなら髪や頭皮、毛根を傷つけてしまうからです。しかも抜くときに痛いですし、薄毛の原因にもなります。なので、白髪を抜くのはやめましょう。

最後に

白髪がなぜ若い女性でも生えてきてしまう原因と対策についてお話ししましたが、メラノサイトの活動が何らかの原因で十分に機能しなくなると、若い女性でもメラニン色素が作られず髪に色が付いていない状態、つまり白髪が生えてきてしまいます。

たとえば、生活習慣が乱れると血行不良を起こしやすくなり、結果としてメラノサイトの活動が十分に活動できずにメラニン色素が作られない、なんてことが起きてしまいます。なので、夜更かしや運動不足、偏った食事などはしないよう気を付けて、規則正しい生活習慣を送るよう意識しておきましょう。

スポンサードリンク

関連記事一覧