〇〇をすれば白髪が減る?今からできる改善方法とはいったい?

スポンサードリンク

年齢を重ねるごとに白髪が増えて悩んでいる人は多いかと思います。これ以上増えたら嫌な白髪ですが、もし白髪が減るようになる方法があるなら嬉しいですよね。

ではどんなことをすれば白髪が減るようになるのか、詳しくお話ししますね。

どんなことをすれば白髪が減るようになるの?

悩む女性

どんなことをすれば白髪が減るようになるのかと言うと、白髪が生えて来た原因によっては減ることもあれば、どうしても減らない場合もあります。つまり、白髪が生えて来た原因によっては白髪が抜けた次は黒髪になるよう改善することができるということです。

白髪が減るようになる場合と言うのは、主に生活習慣が原因で生えて来た白髪で、白髪が生えて来た原因である生活習慣を改善した場合に次に黒髪が生えてくることで白髪が減る可能性があります。逆にどうしても減らない場合と言うのは加齢(老化)による白髪の場合です。

加齢(老化)によって生えて来た白髪は、黒い髪が生えてくる仕組みが衰えることでその仕組み自体が死んでしまうことがあります。そうなるともう黒い髪が生えてくる仕組みを元に戻そうとしても改善のしようがありません。

黒い髪が生えてくる仕組みが死んでしまうと、白髪の毛根から白髪が抜けた後はもう黒髪が生えてくることはないんですね。

なお、黒い髪が生えてくる仕組みが死んでしまっている場合は、次に黒髪が生えるようになるための治療方法もなければ、薬も現在は開発されていません。

もし白髪が減る治療方法や薬が開発されて世に出回っているのであれば、白髪に悩むほとんどの人は白髪染めなんて必要なくなりますからね。だからこそ、現在でも数多い種類の白髪染めが販売されていますし、白髪に悩む人の多くが白髪染めを使っています。また、白髪染めをしてくれる美容室も数多く存在します。

では次に、白髪がどうして生えるのか、また、なぜ白髪は増えてしまうのかという仕組みについてお話していきます。

そもそもなぜ白髪は生えてくるの?

悩む女性

なぜ白髪が生えてくるのかと言うと、活動が鈍くなったメラノサイトの数が増えたり、メラノサイトが死滅した数が増えたためです。

いきなりメラノサイトと言われても良く分かりませんよね?ではメラノサイトはいったい何なのかと言うと、まずは白髪が生えてくる仕組みを理解してもらえれば分かってもらえると思います。

では、白髪が生えてくる仕組みについてですが、次の2つがとても重要です。

・メラノサイト
・メラニン色素

まずはメラニン色素についてですが、黒髪の黒色の正体は「メラニン」と呼ばれる色素で、私たちが黒髪が黒く見えるその黒色の正体はメラニン色素です。つまり、髪の毛の中にメラニン色素が存在していることで髪が黒く見えるわけです。

もしメラニン色素が髪の中に存在しなければ色が付いていない髪、つまり白髪と言うわけです。そしてこのメラニン色素を作っているのが「メラノサイト」と呼ばれる色素細胞です。

メラノサイトがメラニン色素を作り、毛母細胞と呼ばれる髪を作る細胞にメラニン色素が送られることで髪を作る過程でメラニン色素が取り込まれます。そしてメラニン色素が取り込まれて髪が作られてそのまま伸びてくる結果黒い髪が伸びてくると言うわけです。

もし、メラノサイトの活動が何らかの原因によって活動が鈍くなったり、死滅したりするとどうなるでしょうか?どうなるかというと、メラニン色素が無い状態の色が付いていない髪、つまり白髪というわけです。

なので、白髪が増えるということは、活動が鈍くなったメラノサイトの数が増えたり死滅したメラノサイトが増えた結果メラニン色素が含まれない髪が増えるということです。メラノサイトの活動が鈍くなったり、存在する数が少なくなれば作られるメラニン色素の数も少なくなります。

〇〇をすれば白髪は減る?その方法とは?

悩む女性

白髪が生える・増える仕組みについてお話ししましたが、白髪が減るようになる方法というと、生活習慣が原因に限り生活習慣を改善することで白髪が減る場合があります。ではどんな原因なのか、そしてその改善方法はいったい何なのかについてお話しします。

【原因①】睡眠不足

睡眠不足の状態の人

睡眠不足は白髪が生えてきてしまう原因の一つとなります。睡眠不足になると、成長ホルモンの分泌が減少して自律神経にも悪影響を及ぼします。すると、血行不良の原因となり頭皮に栄養が行き渡らなくなってしまいます。

特に「メラノサイト」に必要な栄養素が届かなくなると、活動する力が低下して髪に色が付かなくなってしまうかもしれません。

改善方法

改善方法は、睡眠を十分に取って睡眠不足を解消することです。睡眠を十分にとって睡眠不足が改善されれば、成長ホルモンの分泌も正常に戻り自律神経にも悪影響を与えることが無くなるため血行不良が完全されることは十分考えられます。すると、メラノサイトに必要な栄養素が十分届くようになるためメラノサイトの活動も再び活発に行われるかもしれません。

よく夜更かしをしている人は睡眠不足になるため要注意です。夜はしっかり寝て睡眠を十分にとることをおススメします。もし、お仕事で帰りが遅くてどうしても寝る時間が少なくなってしまう場合は、休日は睡眠を優先させて寝る時間をしっかり確保するようにしましょう。

【原因②】ストレス

ストレスを強く受けている女性

ストレスも白髪が生えてきてしまう原因の一つとなります。ストレスを受け続けると血行不良の原因となります。なぜなら、身体がストレスを感じることで体が緊張状態になり、血管が収縮した状態が続いてしまうため血流が妨げられてしまうからです。

血行不良になるとメラノサイトの活動に必要な栄養素が届けられなくなってしまいます。メラノサイトの活動に必要な栄養素が届けられなくなると、メラノサイトの活動が鈍くなるため、髪が黒く着色されず白いままの髪が伸びてしまうため白髪となってしまうわけなんですね。

改善方法

日々の生活においてストレスは避けることは無理です。ですが、ストレスを溜めない、発散する、など方法はいくつもあります。上手くストレスと付き合うには発散方法を出来るだけ実践することです。ストレスをため込まずに解消することで血行不良の状態が改善されてメラノサイトの活動が再び活発化されて白髪が増える数も減ることになるかもしれません。

なお、ストレスを発散する方法は次のものがあります。

ストレス解消になりそうなこと①

  • いつもよりたくさん睡眠を取る
  • 入浴する
  • アロマテラピーを楽しむ
  • 外出する
  • 買い物をする
  • 旅行する
  • 良く笑う
  • 何も考えずにぼーっとする
  • 動物に触れあう
  • ネコカフェやウサギカフェなどに行く
  • 森林浴する
  • 映画を見る
  • 読書する
  • コンサートやライブに行く
ストレス解消になりそうなこと②

  • 叫ぶ・大声を出す
  • 瞑想する・ヨガをする
  • マッサージしてもらう
  • スポーツ観戦する
  • 筋トレをする
  • ジムに行く
  • 運動する
  • 部屋を片付ける
  • 音楽を聴く
  • 色んなサークルに参加する
  • 飲み会をする・参加する
  • 愚痴を吐き出す
  • 実家に帰る
  •  

以上の他にも発散方法はあるかもしれませんが、すぐにでも実践できるものが幾つかあると思いますので、始めやすいものから取り組んでみると良いです。

【原因③】無計画に無理なダイエットをすること、偏った食生活を送ること

ダイエットの必要がある太目な女性

無計画に無理なダイエットをしたり、偏った食生活を送ることも白髪が生えてきてしまう原因の一つとなります。無計画ダイエットを無理に続けていたり、偏った食生活や食事を抜くといったことを繰り返していると、メラニン色素を作るための必要な材料である栄養素が足りなくなるかもしれません。

メラニン色素を作り出す色素細胞「メラノサイト」の活動に必要な栄養素も不足してしまい、髪を黒くすることが出来なくなってしまいます。

スポンサードリンク

また、偏った栄養の食事やダイエットは白髪の原因になるのでやめるようにしましょう。たとえば、1日1食と言った生活を繰り返していると、メラノサイトの活動に必要な栄養素が不足してしまい、髪に着色しない状態のまま髪が生えてきたり増えたりしてしまうことがあります。

改善方法

髪色の素であるメラニン色素は、毛根と頭皮に十分な栄養がないと作られません。なので、普段の食生活においてメラノサイトの活動に効果的な栄養素を摂ることはとても大事です。

計画的にダイエットをすること、そして偏った食事ととったり、無理に食事を抜くのをやめることです。メラノサイトの活動に効果的な栄養素の不足を改善できるかもしれませんからね。

ちなみに、メラノサイトの活動に効果的な栄養素とはいったいどんな栄養素なのでしょうか?

メラノサイトの活動に効果的な栄養素

【栄養素①】ビタミンB12

しじみ

ビタミンB12は、水に溶ける水溶性ビタミンの一つで、メラノサイトの働きを活発にさせる役割を担っています。ビタミンB12が不足すると、髪の毛の色となるメラニン色素を作るメラノサイトの活動低下や、メラニン色素の原料不足につながります。

ではビタミンB12を含む食品はというと、しじみや赤貝と言った魚介類やレバー、海苔(のり)などに多く含まれます。

【栄養素②】葉酸

ほうれん草

葉酸は「ビタミンB9」とも言われている成分で、メラノサイトの機能を活性化しメラニン色素を増やす栄養素です。葉酸はビタミンB12と一緒に取り入れることで血液を作り、血行促進することでチロシン(メラニン色素の材料となる栄養素)を毛根まで届けて白髪の予防や改善に効果を発揮します。葉酸が不足すると白髪になりやすくなるため、葉酸は白髪対策に必要な栄養素です。

では葉酸を含む食品はというと、レバーやほうれん草などで特に多く含まれており、イチゴにも多く含まれています。

【栄養素③】カルシウム

チーズ

カルシウムは「メラノサイト」を活発にする働きがあります。逆に、カルシウムが不足していると、「メラノサイト」の活動が低下してメラニン色素の生成される量が減ってしまい、白髪が増えてしまうかもしれません。

カルシウムがメラノサイトを活性化させることによってたくさんのメラニンが生成されます。

ではカルシウムが多く含まれる食品はと言うと、乳製品、骨ごと食べれる魚、殻を食べれるエビ、大豆、葉物等に多く含まれます。

【栄養素④】銅

レバー

銅はメラノサイトを活発化させる効果が期待できます。メラニン色素を作る酵素は銅イオンと結びつくことで効果を発揮するため、メラニン色素の合成に必要な栄養素です。銅が不足した時にはメラニン色素の合成がうまくいかなくなり白髪になることがあります。

なお銅は、鶏レバー、牡蠣、納豆、アーモンド、甲殻類などに含まれています。

【原因④】運動不足

運動不足を気にする女性

運動不足も白髪が生えてきてしまう原因の一つとなります。と言うのも、運動せず体を動かさないと筋力が低下して血液の巡りが悪くなり、十分な血液をちゃんと心臓に戻すことが出来ず血行不良になります。そうすると、頭皮に血行不良が起きると必要な栄養素が正常に毛根へと送られなくなるため、メラノサイトの働きが悪くなってしまうというわけです。

改善方法

十分な運動を日常的に行って運動不足を解消することです。運動不足が解消されれば、血行不良が改善されて血流が正常になり、メラノサイトに必要な栄養素がしっかりと送られるようになります。血流を正常にしてくれる運動は非常に大事なんです。

【原因⑤】眼精疲労(目の使い過ぎ)

眼精疲労(目の使い過ぎ)で辛そうな女性

眼精疲労(目の使い過ぎ)も白髪が生えてきてしまう原因の一つとなります。目を使いすぎると眼球付近の筋肉が凝り固まってしまうため、毛細血管の血流は滞ってしまい、その結果疲労物や老廃物を蓄積させてしまうことになります。

また、眼精疲労になると目の筋肉の力の機能が弱くなるため、他の筋肉(例えば頭皮やこめかみの筋肉)を使うため、それらの筋肉を使うこととなり、頭部の筋肉が凝り固まって血行不良となります。

血行不良は「メラノサイト」の活動に必要な栄養素が届けられなくなる原因となり、「メラノサイト」の活動が低下して髪に色が着色されず白髪が伸びてきてしまいます。なので、目の使い過ぎは髪の毛の色にも影響を与えてしまいます。

改善方法

適度に目を休ませたり、そもそも目を使い過ぎないことです。スマホの画面やパソコンのモニターをずっと見るのは控える、適度に目を使わない時間を過ごす、目を休ませる、などが大事です。また、夜更かしも目を使う時間が増えるため、出来るだけ早い時間に寝るようにしましょう。

【原因⑥】タバコ

タバコ

タバコも白髪が生えてきてしまう原因の一つとなります。タバコにはニコチンが含まれており、そのニコチンは血管を収縮させてしまう働きがあります。血管が収縮すると血液の流れが悪くなります。

血液の流れが悪くなり血行不良を引き起こします。血行不良は「メラノサイト」の活動に必要な栄養素が届けられなくなるため、白髪の原因となってしまいます。

改善方法

タバコの本数を出来るだけ減らす・・・と言いたいところですが、禁煙するのが一番良いですね。健康のためにも良いことですし禁煙を挑戦してみると良いです。

【原因⑦】紫外線

紫外線

紫外線も白髪が生えてきてしまう原因の一つとなります。紫外線は髪を痛めるだけでなく、髪を黒くする働きまで悪い影響を与える場合があります。その仕組みとしては、次の通りです。

紫外線が原因の白髪とは

紫外線を浴び続けると、「メラノサイト」がダメージを受けてしまい、「メラノサイト」の活動が低下しまいます。最悪黒い髪を作りだすことが出来なくなってしまうことになり、そうなると髪が着色されずに白髪のまま伸びてきてしまうことになります。

なので、紫外線の悪い影響を髪が受けて白く生えて来た白髪が、紫外線対策を十分行ったことにより、髪に色を付ける働きが改善されたことにより髪の途中に髪に色が付くようになったことが考えられます。

改善方法

出来るだけ紫外線を浴びないことです。とはいっても100%紫外線を浴びずに生活することはできないので、紫外線を避けるよう気を付けることが大事です。少しでも紫外線を避けようとするよう対策するとしたら次の方法になります。

できるだけ紫外線を避けるようにするには

  • できるだけ外出を避ける
  • 日が当たるところで歩かない
  • 帽子をかぶったり日傘をさす
  • 日が暮れた頃に出かける時間をずらす
  • UVカットスプレーを髪に吹きかける
  • 日差しが強い時間帯は歩かずに車やバスで移動する

メラノサイトが死んでしまったら髪は黒くなりません

生活習慣をいくら改善したとしても、メラノサイトが死んでいたら髪を黒くすることはできません。あくまでメラノサイトがまだ残っていて、活動が弱まっている場合に再びメラノサイトの活動が活発になればメラニン色素が正常に作られます。

メラノサイトは細胞分裂して増えるわけではないので、出来るだけメラノサイトの数が残って欲しいですよね。メラノサイトは「色素幹細胞」から作られるためメラノサイトは減ってもまた色素幹細胞が作ってくれるから良いのではないかと思われるかもしれませんが、色素幹細胞自体も減ってしまえばメラノサイトの数も少なくなってしまいます。

最後に

ここまでで、どんなことをすれば白髪が減るようになるのか、その方法についてお話してきました。

もし白髪が生えたり増えたりする原因が思い当たるのであれば(最近睡眠不足かも、目を使い過ぎて目が疲れているな、など)、白髪が生えたり増えたりする原因に対する改善方法を実践してみてはいかがでしょうか。(睡眠不足なら睡眠を十分に取る、眼精疲労なら目を十分休ませるようにする、など)

スポンサードリンク

関連記事一覧