なぜ髪の毛の途中が白髪になってしまうのかその原因と対策とは?

スポンサードリンク

髪を見るとたまに髪の途中で白い部分があったりしませんか?髪の途中に白髪の部分があるってなんだか不思議ですよね。髪の途中と言っても、毛先だけ白かったり、髪の途中だったり、根元から白くて毛先は黒い・・・などなど、髪の途中で色が変化することがあります。

では髪の毛の途中が白髪になってしまう原因と、髪の毛の途中が白髪にならないための対策とはいったい何なのかお話しします。

なぜ髪の毛の途中が白髪になってしまうの?

悩む女性

なぜ髪の毛の途中が白髪になってしまうのかと言うと、髪が黒くなる仕組みが関係しています。では髪が黒くなる仕組みとはいったい何なのでしょうか。

髪が黒くなる仕組み

髪が黒くなる仕組みは次の通りです。

髪の色は初めから黒ではなく白

髪は作られるときに初めは髪は白いんです。髪が黒い「黒い色」の正体はメラニン色素です。メラニン色素が無ければ髪は白い「白髪」であり、髪が黒いか白いかはメラニン色素があるか無いかの違いです。

髪に色を付ける正体

髪が黒くなるのは色素細胞である「メラノサイト」が作り出す「メラニン色素」が、髪を作る毛母細胞に渡ることで髪が黒くなりそのまま伸びてきます。なので、髪が黒く伸びてくるためにはメラノサイトの活動が正常に活動することが絶対に必要なわけです。

また、メラノサイトの活動だけではなく、メラニン色素を作るための材料となる栄養素もなくてはならないものです。メラノサイトが正常に活動できることと、メラニン色素を作るための材料が十分に揃っていることが髪を黒くするためには必要だと言うわけです。

逆に白い髪が生えてくる仕組みとは?

逆に白い髪が生えてくる仕組みとは、一つにメラノサイトの活動が十分でない状態もしくはメラノサイトそのものが死滅している、そしてもう一つの理由はメラニン色素を作る材料となる栄養素が不足していることが考えられます。

なぜメラノサイトの活動やメラニン色素が作られることに問題が出たりするの?

なぜメラノサイトの活動やメラニン色素が作られることに問題が出たりするのかというと、次の理由が考えられます。

【理由①】加齢(老化)

年齢を多く重ねた女性

まずは加齢(老化)についてですが、人間歳を重ねると身体のすべてに衰えが出てきます。これは誰も避ける事の出来ないことです。そしてメラノサイトの活動やメラニン色素が作られることについても同じことが言えます。

もし加齢によりよりメラノサイトの活動やメラニン色素が作られることに影響が出てしまうと髪を黒くすることが出来なくなり白髪が生えてきてしまいます。

ただし、早くから加齢が原因で白髪が生えてきている人もいれば、いくら年齢を重ねても黒い髪がたくさん生えている人もいるため、加齢そのものの進み具合や加齢の影響をどのくらい受けるのかには人によって差があります。

【理由②】栄養不足

年齢を多く重ねた女性

栄養不足は白髪の原因になります。そもそも髪が黒いのは色素細胞である「メラノサイト」が作り出した「メラニン色素」によるものなのですが、当然「メラニン色素」はいくつかの材料によってつくられるわけで、必要な材料が無ければ当然「メラニン色素」も作られることはありません。

「メラニン色素」を作るための必要な材料である栄養素が足りなくなるような食生活、例えば無理なダイエットや偏食など繰り返しているとすれば栄養不足となり白髪の原因となります。

また、栄養不足は「メラノサイト」の活動にも影響を与えてしまいます。いくら「メラニン色素」に必要な材料である栄養素が十分であっても、「メラノサイト」の活動に必要な栄養素が十分でなければ「メラニン色素」が作られる量も少なくなります。

【理由③】運動不足

運動不足の女性

運動不足の状態が続くと血流が悪くなります。なぜなら、運動せず体を動かさないと筋力が低下して血液の巡りが悪くなり、十分な血液をちゃんと心臓に戻すことが出来ず血行不良になるからです。

頭皮に血行不良が起きると必要な栄養素が正常に毛根へと送られなくなるため、メラノサイトの働きが悪くなってしまいます。

なので、必要な栄養素がしっかりと送られるよう血流を正常にしてくれる運動は非常に大事なんです。適度に運動して運動不足が改善されれば、血行不良の改善にもつながり、白髪の改善にもつながります。

【理由④】ストレス

ストレスを受けている人

ストレスも白髪の原因となるので、ストレスをため込まないことが大事です。ストレスは自律神経を乱し、血行不良や新陳代謝の妨げとなる要因となります。

血行不良になると、メラノサイトの活動に必要な栄養素が届けられなくなる場合があります。するとメラノサイトの活動が低下してしまうことがあり、髪に色が着色されず白髪が伸びてしまいます。なので、できるだけストレスをため込まないで起きたいですね。

【理由⑤】タバコ

タバコ

タバコと白髪がなぜ関係しているのかと言うと、タバコには血行不良を引き起こす可能性があるからです。なぜ血行不良を引き起こすのかと言うとニコチンが関係しているからです。

ニコチンは血管を収縮させる働きがあり、血管が収縮すると血液の流れが悪くなります。血液の流れが悪くなることで血行不良を引き起こし、その結果「メラノサイト」の活動に必要な栄養素が届けられなくなるというわけです。

【理由⑥】紫外線

紫外線

紫外線は髪にとって大敵です。実は紫外線って「メラノサイト」にも影響を与えるんです。紫外線を浴び続けると、「メラノサイト」がダメージを受けてしまい、「メラノサイト」の活動が低下しまいます。最悪黒い髪を作りだすことが出来なくなってしまうことになり、そうなると髪が着色されずに白髪のまま伸びてきてしまうことになります。

なので、できるだけ紫外線を浴びないよう気を付けることが大事です。とはいってもどうしても紫外線から避けて生活することはできないので、紫外線を浴びない工夫するようにしましょう。

髪の途中で黒かったり白かったりする状態について

人差し指を立てる女性

【パターン①】根元が黒くて先が白い場合

根元が黒くて先が白い場合は、一時なんらかの理由で白髪が生えていたのが、現在は改善された状態に変化したことが考えられます。白髪の原因として、例えば睡眠不足やストレスなどの原因により一時は白髪が生えていたものの、そういった原因が改善されて現在は健康な状態に戻ったため、根元から黒い髪が生えて来たというわけです。

健康の状態と言うのは、メラノサイトの活動が鈍かったものが十分に活動できるところまで回復した状態のことを言います。睡眠不足が原因の白髪だったのであれば、しっかり睡眠が取れているからというわけです。

他にも、ストレスが原因で生えてきていた白髪なら、次のような理由でストレスの影響をあまり受けなくなったため黒い部分が伸びてきたと考えられます。

ストレスの影響をあまり受けなくなったケース

・現在はストレスを受ける耐性が付いた。
・ストレスを余り受けない環境に自分が移った。
・そもそもストレスの原因となるものが自分から離れた。
・上手くストレスを発散出来ていてストレスをため込んでない状態である。

白髪が生えてくる理由には様々あるので、これをすれば治るといったことははっきり言えませんが、少なくとも睡眠不足やストレスなどの生活習慣による原因であれば、そういった原因を改善すれば白く生えていた髪がまた黒く色が付いて生えてくる可能性はあります。

なので、髪の先が白くて途中から黒くなり根元まで黒い場合は、睡眠不足やストレスなどの生活習慣による原因で生えていた白髪が、途中で改善されて黒く生えるようになったと考えられます。白髪が改善されていることなので、今の生活習慣を維持するようにしましょう。

【パターン①】根元が白くて先が黒い場合

根元が白くて先が黒い場合は、『【パターン①】根元が黒くて先が白い場合』とは逆で、何らかの原因で白髪が生えてくるようになった結果、根元が白くなっているというわけです。

白髪の原因として、例えば睡眠不足やストレスの状態が酷い場合、根元から白い髪が生えて来たのかもしれません。
(ただし、白髪が生えてくる理由は特定できないため一概に睡眠不足が原因なのかストレスが原因なのか分からないところが辛いところなんですよね。)

【パターン③】根元と先が黒くてその間が白い場合

根元と先が黒くてその間が白い場合と言うのは、『【パターン①】根元が黒くて先が白い場合』と『【パターン①】根元が白くて先が黒い場合』の複合型とも言える状態で、髪が伸びている間に何らかの白髪が生えてくる原因によって白髪が生えて来た期間があったということです。

スポンサードリンク

ちなみに、『【パターン①】根元が黒くて先が白い場合』と同じく、根元が黒い場合は、睡眠不足やストレスなどの生活習慣による原因で生えていた白髪が、途中で改善されて黒く生えるようになったと考えられます。

なお、髪の毛は1日に0.3~0.4mm伸びると言われています。10日で3~4cm、1ヶ月(30日)で9~12cmです。なので、毛先から白い部分までの長さや白い部分の長さを測ればいつから髪が白くなった、黒くなったというのが分かるのでその間に何があったのか思い返してみると白い部分が生えてくるようになった、黒くなったというのが分かるかもしれません。

【パターン④】根元と先が白くてその間が黒い場合

根元と先が白くてその間が黒い場合と言うのは、『【パターン①】根元が黒くて先が白い場合』と『【パターン①】根元が白くて先が黒い場合』の複合型とも言える状態ですが、根元が白いというのは、『【パターン①】根元が白くて先が黒い場合』と同じく、何らかの原因で白髪が生えてくるようになった結果、根元が白くなっているというわけです。

白髪の原因として、例えば睡眠不足やストレスの状態が酷い場合、根元から白い髪が生えて来たのかもしれません。

髪の途中に黒い部分があるというのは、一時的に白髪が生えてきたものの、また白髪が生えてくるよう状況が悪くなった結果によるものだと考えられます。

根元が白いというのはあくまで髪を黒くするための活動が行われていないという、髪を黒くするのに必要なメラノサイトの活動が鈍くなったり最悪死滅している、メラニン色素が作るために必要な栄養素が不足しているといった状態が起きているのかもしれません。

髪の毛の途中が白髪にならないためにできる対策とは?

悩む女性

髪の毛の途中が白髪にならないためにできる対策とは、白髪の原因をなくしていくことです。では白髪の原因の対策方法を一つ一つお話ししていきますね。

①加齢(老化)

加齢が原因の白髪は根本的に改善することはできないため、白髪染めをするかウィッグで隠すしかないですね。白髪染めなら髪や頭皮を痛めにくて優しい、自然由来の成分を主に使用した白髪染めシャンプーや白髪染めトリートメントがおススメです。また、美容室で染めてもらうのも良いですね。

ウィッグは白髪を隠すだけですけど白髪染めよりは手間がかからず髪を痛める心配もないのが便利ですね。
おススメのウィッグ⇒最も軽いウィッグ「pufeel(パフィール)」

②栄養不足

メラニン色素に必要な材料である栄養素やメラノサイトの活動に必要な栄養素(ミネラルをはじめ、アミノ酸、ビタミンなど)が不足しないよう食事を摂ることが大事です。無理なダイエットや偏食など繰り返していると、必要となる様々な栄養素が不足しがちになるので気を付けましょう。

③運動不足

無理し過ぎずに適度に運動することです。続けるのが苦手な人が多いと思いますが、3日坊主にならないよう気を付けましょうね。

④ストレス

ストレスが原因の場合は、ストレスと上手く付き合うことが大事です。ストレスを全く受けずに生活するのは不可能なので、次の方法でストレスと上手く付き合っていくようにしましょう。ではどうストレスと付き合えば良いのかと言うと、次のような方法があります。

ストレスを余り受けないよう環境を変える

もし今の上司や現場の仕事内容がどうしても自分には合わないというのであれば、現場を変えてもらうことでストレスから解放される解決方法だったりします。

いったん今の現場を離れて別の環境に移った先はあなたにとっての理想の現場かもしれません。でも変えてもらうよう相談しなければいつまでもストレスを抱え続ける現場にい続けなければなりません。

どんな現場も大変ですが、自分に合っている合っていないはあると思います。自分に合った環境に移ることが出来ればストレスを少しでも減らすことが出来ますね。

また、もし自分がやれること全てをやってもダメなら専門家に相談するのも良いです。やれることには限界がありますからね。もし自分がやれること全てをやってもダメな場合がありますもし限界を感じた時は非常に危険です。そういう時は外部の第3者の専門家に相談するのが良いです。

ストレスを上手く発散してストレスをため込まない

ストレスを発散する方法は色々あり、考え付くものでも下のものがあります。すぐに実践できそうなものが多いかと思うので試してみてストレスを出来る限り発散するようにしましょう。

ストレス解消になりそうなこと①

  • いつもよりたくさん睡眠を取る
  • 入浴する
  • アロマテラピーを楽しむ
  • 外出する
  • 買い物をする
  • 旅行する
  • 良く笑う
  • 何も考えずにぼーっとする
  • 動物に触れあう
  • ネコカフェやウサギカフェなどに行く
  • 森林浴する
  • 映画を見る
  • 読書する
  • コンサートやライブに行く
ストレス解消になりそうなこと②

  • 叫ぶ・大声を出す
  • 瞑想する・ヨガをする
  • マッサージしてもらう
  • スポーツ観戦する
  • 筋トレをする
  • ジムに行く
  • 運動する
  • 部屋を片付ける
  • 音楽を聴く
  • 色んなサークルに参加する
  • 飲み会をする・参加する
  • 愚痴を吐き出す
  • 実家に帰る
  •  

⑤タバコ

シンプルですが、禁煙することです。とはいえなかなかタバコがやめられないという人はいるかと思います。禁煙するのが難しければまずは吸う本数を減らすことから始めてみると良いです。

理想は全く吸わないようにするのが良いのですが、自分一人ではなかなか禁煙を達成することは大変です。もし本気で禁煙したいなら、病院のサポートを受けながら、禁煙を試みてみると良いです。今は「禁煙外来」と言うものもあるので、受診されると良いです。

⑥紫外線

紫外線対策でできることは次の方法になります。紫外線を全く浴びないで生活するというのは無理な話ですが、少しでも紫外線を避けようとするよう対策することはできます。浴びないためにも是非実践されてみて下さいね。

できるだけ紫外線を避けるようにするには

  • できるだけ外出を避ける
  • 日が当たるところで歩かない
  • 帽子をかぶったり日傘をさす
  • 日が暮れた頃に出かける時間をずらす
  • UVカットスプレーを髪に吹きかける
  • 日差しが強い時間帯は歩かずに車やバスで移動する

最後に

なぜ髪の毛の途中が白髪になってしまうのかというのかというと、髪が伸びている間に髪を黒くするためのメラノサイトの活動が鈍くなったため、そして黒髪の色の正体であるメラニン色素を作るための栄養素が不足したことが考えられます。

髪の色が黒ければメラノサイトの活動が正常に行われている、メラニン色素を作るための栄養素が十分存在しているわけですし、白ければメラノサイトの活動が十分でなかったり死滅している、メラニン色素を作るための栄養素が十分でない状態であるというわけです。

髪が伸びる間に正常な活動と異常な状態が起きてしまった結果、1本の髪の中に白い部分と黒い部分が存在しているんですね。

なので、出来るだけ白髪の原因となる生活、例えば睡眠不足や無理に無計画なダイエットを続けたり偏った食生活を送るのはおススメできませんし、ストレスをため込み過ぎたり喫煙や紫外線を浴びすぎるのも白髪の原因となるかもしれないためやめたほうが良いです。

白髪になる原因でどうしても治すことが出来ない加齢の場合は白髪染めかウィッグで隠すなどして白髪を改善しましょう。美容室に通うのも良いですしね。また、生活習慣を改善しているけどどうしても髪に白い部分が出てきてしまう、と言った場合も白髪染めするのが良いでしょう。

時間をかけず手っ取り早く髪を黒くすることが出来ますからね。美容室でも染めてもらうのも非常に手取り早いですね。まずは自分が出来る方法から改善してみましょう♪

スポンサードリンク

関連記事一覧