短い白髪をどうにかしたい場合に一番良い方法とはズバリこれ!

スポンサードリンク

普段生活していると、伸びた白髪が髪の途中で切れてしまったり、自然に抜けたりするとまた白髪が生えてきますが、短い時に気が付くと気になりますよね。かなり短い状態の白髪ってピーンと立つから目立ったりして余計に気になったりしますよね。

人によってはかなり気になって抜きたくて仕方がない、なんていう人もいるかと思います。私も気になってしまう方で、短い毛を見つけるとどうも気になって作業に集中できない・・・なんてことはあります。ではそんな短い白髪が生えている場合にあなたはどうしてますか?

そんな短い白髪をなんとかするとしたら、抜くか切るか、もしくは染めるかですよね。いや他にも、切ったり抜いたところで結局また白髪が生えてくるから何もしないで伸びるまで放置するという選択もありますが(;´Д`)

そこで、短い白髪をなんとかしたい場合にどうすれば良いのかご説明します。

Contents

短い白髪をなんとかしたい場合にどうすれば良いの?

悩む女性

結論から言うと短い白髪は「①染める」か、「②何もしないでそのまま放置する」ほうが良いです。その理由は次の通りです。

①染める

【短い白髪を染めるのが良い理由①】痛い思いをしなくて良い

抜くよりは痛い思いしなくて良いので染めるほうが良いです。しかも短い白髪を抜くのはかなり痛いので痛い思いをしなくて済むのが良いですね。

【短い白髪を染めるのが良い理由②】切ったり抜いたりしてもまた白髪が生えてくるため

短い白髪はピーンと立ってしまい目立ってしまいます。なので、黒く染めることで、短い白髪よりは目立たなくなります。白髪は切ったり抜いたりしても、次はまた白髪が生えてきます。黒髪が生えてくることはありません。なので、切ったり抜いたりしてもいつまでも短い白髪に悩まされてしまうため、染めたほうが短い白髪に悩まされることはありません。

【短い白髪を染めるのが良い理由③】頭皮や毛根を痛めないため

髪を抜いてしまうと、頭皮や毛根を痛めてしまいます。薄毛になるかもしれませんので、染めたほうが良いです。染めるなら毛根を痛めることもありません。ただし、短い染める場合は髪や頭皮に優しい白髪染めを使われると良いです。

お肌が弱い人や敏感肌の人、過去にアレルギー症状が出たことがある人が強い薬品を使っている白髪染めを使うと髪や頭皮を痛めてしまう場合があります。

なので、できるだけ髪や頭皮を痛めない髪や頭皮に優しい白髪染めを選びましょう。

②何もしないでそのまま放置する

【短い白髪は何もしないほうが良い理由①】短いほど抜くのはなかなか大変なため

短い白髪は短ければ短いほど抜くのは大変です。また、かなり短い白髪なら切るのも染めるのも難しいです。そんなかなり短い白髪をなんとかしようとするのはおススメできません。

何とか抜いたり切ろうとして上手くいかずに逆にイライラしてしまうかもしれないですし。。なので、少し伸びてくるまでは何もしないほうが良いです。(なんとかしようと頑張らずに諦めるのも大事です)

少し伸びてくれば染めたり切るのもそんなに苦労しないようになりますからね。

【短い白髪は何もしないほうが良い理由②】痛い思いをしなくて良い

短い白髪を抜くのは痛いです。伸びた白髪を抜くのも痛いですけどね。なので、抜くのはおススメできないので、染めるほうが良いです。ですが短すぎる白髪は染めるのが難しいので、ある程度伸びるまでしばらくは何もしないほうが良いです。

【短い白髪は何もしないほうが良い理由②】切ったり抜いたりしてもまた白髪が生えてくるため

一度白髪が生えてくると、抜いても切っても結局は白髪が生えてきてしまいます。白髪が生えてくる仕組みとしては、白髪が生えてくるのは、髪に色を付ける細胞の働きが無ければ髪は白いまま生えてきてしまいます。なので、抜いても切っても一度死んでしまった細胞の活動が復活することはありません。

なので、短い白髪を抜いても切ってもまた白髪が生えてくるため、短い白髪を抜くのも切るのもあまり意味のある行為ではありません。また短い白髪が生えてきて「抜かなきゃ」「切らなきゃ」といった感じで悩み続ける繰り返しになります。なので、短い白髪は何もせずにある程度伸びたら白髪染めするのが良いです。

【短い白髪は何もしないほうが良い理由③】頭皮や毛根を痛めないため

短い白髪を抜くと頭皮や毛根を痛めてしまいます。なので、短い白髪を抜くのはおススメできません。頭皮や毛根を傷めないよう、頭皮や毛根に優しくするためには白髪が短い間は何もせず、ある程度伸びてきたら白髪染めする方が良いです。

短い白髪を切るのも頭皮や毛根を痛めることは無いのですが、伸びてきては切るのを繰り返すのは面倒なので、やはり短い白髪を切らずにある程度伸びるまで何もせず、ある程度伸びてきてから白髪染めすると良いです。

逆に、短い白髪は抜いたり切ったりしないほうが良い

「×」を示す女性

ここまでで短い白髪は染めるか何もしないほうが良いとご説明してきましたが、逆に短い白髪は抜いたり切ったりしないほうが良いです。その理由は次の通りです。

なぜ抜かないほうが良いの?

【抜かないほうが良い理由①】痛い思いをしなくて良いため

髪を抜くのは痛いです。白髪もまた同じように痛いです。しかも短ければ短いほど抜くと余計に痛いです。なので、そんな痛い思いをしてまで白髪を抜くのはおススメできません。

私も以前短い白髪が気になってどうしても抜きたくなり、意地になって痛い思いをしながら抜いてました。今思うとなんであんなに意地を張っていたんだろうって思いますが。。時間も無題にしてしまったなと、当時の事を思い出します。

痛いし無駄に時間を使うし、短い白髪を抜くのはおススメできませんね。

【抜かないほうが良い理由②】短い白髪を抜いてもまた白髪が生えてくるため

短い白髪を抜いたとしても無くなるのは一時的です。いくら短い白髪を抜いたところでまた生えてきますし、その時にはまた抜くことになります。また、短い白髪を抜いたからと言って黒髪が生えてくるわけではありません。いつまで経っても白髪が生えてくるため抜くことにあまり意味はありません。要は根本的に何も解決していないんですよね。

スポンサードリンク

いつまでも抜き続けることに意味はありませんし、いつまでも抜くのを繰り返すくらいなら染めたほうが時間も無駄にはなりません。なので短い白髪は抜かずに、ある程度伸びるまで放っておいて白髪染めしたほうが良いです。

【抜かないほうが良い理由③】頭皮や毛根を痛めてしまう

短い白髪を抜くと痛い経験をされていれば思ったことはあることがあると思いますが、頭皮や毛根を痛めてしまいます。あれだけ痛いわけですから、頭皮や毛根へのダメージは大きいです。

場合によっては薄毛になる可能性もあります。例え抜いたとしても次にまた白髪が生えては来るものの、いずれ髪が薄くなる可能性があるため白髪を抜くのはおススメできません。

頭皮や毛根のことを考えると、短い白髪は抜こうとはしないで、染めたほうが良いです。ただし、短い白髪は染めにくいので、短い白髪がある程度伸びてから白髪染めするようにしましょう。

なお、白髪染めは髪や頭皮に優しい白髪染めを選ぶようにしましょう。白髪染めの中には強い薬品を使っているものがあり、使った人によっては髪や頭皮を痛めてしまう場合があります(白髪染めヘアカラーは強い薬品を使っているものが多いです)。

白髪染めの中には自然由来の成分だけを使った白髪染めシャンプーや白髪染めトリートメントなどは髪や頭皮に優しい白髪染めです。

【抜かないほうが良い理由④】短ければ短いほど抜きにくい

白髪を抜くのは結構大変だったりします。慣れている人はそうではないとは思いますが、白髪は細いので白髪を掴むのに苦労します。細いだけでもつかみにくいのに、さらに短い白髪だと余計につかみにくいです。つかみにくいということは抜きにくいということです。なのでなかなかつかめずイライラしてしまいますし、時間が無駄に過ぎてしまいます。

イライラするくらいなら、放っておいて伸びてきたら白髪染めする方がよっぽどストレスを溜めずに済みます。なので、短い白髪を抜くのはおススメできません。

なぜ切らないほうが良いの?

【切らないほうが良い理由①】いつまでも切り続けなければならないため

白髪を切っても、黒髪が生えてくるわけではありません。もし切ったとしても次に生えてくるのは白髪です。そもそも白髪が生えてくるのは、髪を黒くする組織の活動が不十分か、細胞自体が死滅しているためです。

髪を切っても、今言った髪を黒くする活動が正常に行われるわけではありません。要は一時しのぎにしか過ぎないわけです。

短い白髪を切っても伸びてきたら気になってまた切る、この繰り返しをしても時間の無駄になるため、切るのはおススメできません。ある程度伸びるまで放っておいて伸びたら白髪染めしたほうが良いです。

【切らないほうが良い理由①】短ければ短いほど切るのが大変

白髪はある程度伸びたら切りやすいですが、短ければ短いほど切るのは大変です。他の健康的に伸びている黒髪まで誤って切ってしまうかもしれません。短い白髪だけを狙って切ったつもりが健康的に伸びている黒髪まで切ってしまうのは良いことではありません。

なので、無理に短い白髪を切るのはおススメできません。伸びるのを待って白髪染めする方が髪にとっても良いことです。

短い白髪を染めるならどんな白髪染めが良いの?

おススメは白髪染めシャンプーと白髪染めトリートメント

短い白髪を染めるなら、白髪染めシャンプーと白髪染めトリートメントがおススメです。その理由は次の通りです。

【理由①】髪や頭皮に優しい成分を主に使用しているため

白髪染めシャンプーか白髪染めトリートメントは使用している成分が主に天然由来成分を使用しているものが多いです。なので、短い白髪に優しく使うことが出来ます。

【理由②】普段使っているシャンプーやトリートメントと同じように使えるため

白髪染めシャンプーや白髪染めトリートメントは普段使っているシャンプーやトリートメントと同じように使うことが出来ます。白髪染めヘアマニキュアは頭皮に触れてしまうと染料が洗い流しにくいため残ってしまいますが、白髪染めシャンプーや白髪染めトリートメントなら染料が頭皮に付着してもシャワーで簡単に染料を洗い流せます。

また、白髪染めヘアカラーのように染料を塗って染めるよりも普段使っているシャンプーやトリートメントと同じように使える白髪染めシャンプーや白髪染めトリートメントの方が楽に使えます。

なので、短い白髪を染めるのに向いているのは白髪染めシャンプーや白髪染めトリートメントです。

短い白髪は自分ではなく美容室で染めてもらうのもアリ

美容室

先ほど、短い白髪を染めるのにオススメの白髪染めをご紹介しましたが、自分では染めないで美容室に行くのも良いですね。白髪染めの中でも比較的自分でも染めやすい白髪染めシャンプーや白髪染めトリートメントを使うのもアリですが、白髪染めのプロである美容師さんに全てお任せするというのも良いですね。

ただし、自分で染めるよりはお値段がかかってしまいますし、予約をしないといけなかったり、美容室に通わななければいけないですが、いちいち抜いたり切るよりも断然髪にも良いですし、短い白髪を自分で何とか処理しようとする時間や手間も気にする必要はなくなります。

最後に

短い白髪を見つけると気になって抜きたくなる気持ちになるのは分かります。どうにかしたいという気持ちになり、鏡の前で何とかしようと思うのですが、抜いたり切ったりするのはあまりおススメできません。

抜くのは頭皮や毛根に良くないですし、最悪薄毛の原因ともなります。髪にとっては非常に良くないことなんですよね。抜きたい気持ちを抑えて我慢するのは大変ですが、気にせず伸びるまで放っておいて染めるようにしましょう。

伸びるのが待てないという人は、短い白髪でも染めやすい白髪染めを使って染めるのが良いです。自分でも染めやすい白髪染めシャンプーや白髪染めトリートメントを使えば白髪にも頭皮にも優しいですし、何より染めやすいのが良いです。

また、短い白髪を自分で染めるのは面倒だという言う人は美容室で染めてもらうのが良いですね。美容師さんは白髪染めのプロですからね。安心して短い白髪も染めてもらうことが出来ます。もし行きつけの美容室があるなら一度その美容室の美容師さんに相談されると良いです。

スポンサードリンク

関連記事一覧