絶対知っておくべき6種類の白髪染めのデメリットとメリットとは?

スポンサードリンク

白髪染めには色々な種類がありますが、今販売されている白髪染めには次のものがあります。

白髪の種類

  • シャンプー
  • リンス
  • トリートメント
  • ヘアカラー
  • ヘアマニキュア
  • 白髪隠し(一時着色料)

以上のように、白髪染めの種類は多いのでどんな白髪染めが良いのか迷うためなかなか選びづらいですよね。そこで、白髪染めそれぞれの特徴やデメリット、メリットについて詳しくお話しします。

Contents

1シャンプー

白髪染めシャンプー
シャンプータイプの白髪染めで、名前の通りシャンプーをしながら髪を染めます。いつもしているシャンプーをシャンプータイプの白髪染めに変えるだけなので、面倒なく使うことが出来ます。お風呂で使えるので気軽に気持ちよく使うことが出来るのもとっても便利。
 
シャンプータイプの白髪染めなので、いやな香りもなく使えることが出来るのでとても使いやすいです。白髪を「染める」って感じじゃなく、シャンプーをしているうちに「染まる」ってかんじなのが良いですよね。

【特徴・デメリット・メリット】シャンプーについて
特徴
毎日のシャンプーで白髪を染める白髪染め
デメリット
・1度で染まらない
・シャンプーだけでは染まらないタイプのものがある
・日常的に使い続ける必要がある
・お気に入りのシャンプーが使えなくなる
メリット
・お風呂場でお手軽に使うことが出来る
・周りが汚れるのを気にせず使うことが出来る
・染めている自覚なく簡単に染めることが出来る
・イヤなニオイがしないものが多い
・髪や頭皮へのダメージ(刺激)が少なく優しい
・素手で使える
・ヘアカラーの合間に使うことが出来る
・いきなり見た目が変わって違和感が出ることが無い
こんな人にはおススメできない
・すぐに髪を黒くしたい人、染めるのに時間をかけたくない人
・毎日繰り返し使うのが面倒な人
・長持ちする白髪染めが使いたい人
・いつも使っているお気に入りのシャンプーを変えたくない人
こんな人におすすめ
・髪を痛めたくない人
・イヤなニオイの白髪染めは使いたくない人
・白髪を染める手間をかけたくない人
・いきなり見た目を変えたくない人

白髪染めシャンプーのデメリット

デメリット

1度で染まらない

白髪染めシャンプーは染まるのに時間がかかります。即効性が無く、徐々にしか染まらないのである程度の期間と使用回数が必要なんです。

しっかり染まるには時間がかかるため、1回使っただけでは染まりません。なので短期間で染めたいなら、すぐに(早く)染まるヘアカラーを使われたほうが良いです。

シャンプーだけでは染まらないタイプのものがある

白髪染めシャンプーの中には、白髪染めシャンプーだけでは染まらないタイプのものがあります。というのも、白髪染めシャンプーと白髪染めトリートメントのセットで髪を染めるタイプのものがあるんです。

セットで使うことを知らずに白髪染めシャンプーだけを使っても髪が染まることはありません。なので、購入する前に必ずセットで使うものなのか確認する必要があります。注意しましょう。

日常的に使い続ける必要がある

白髪染めシャンプー少しずつ色が抜けてしまうため、使わなくなると少しずつ元の白髪に戻ってしまうことが多いです。なので、染まった色を維持させるためには日常に使い続ける必要があります。

使い続けるのが面倒だと思う人には白髪染めシャンプーは向いていません。

お気に入りのシャンプーが使えなくなる

今使っているシャンプーがお気に入りなら、白髪染めシャンプーに買えるのはイヤだと思う人はいるかと思います。今使っているシャンプーを変えたくないなら、白髪染めシャンプーは使わずにヘアカラーやヘアマニキュアなどで白髪染めすると良いです。

白髪染めシャンプーのメリット

メリット

お風呂場でお手軽に使うことが出来る

白髪染めシャンプーはシャンプータイプなので、お風呂場で使います。白髪染めシャンプーはお風呂で使うので、リラックスして使うことが出来ます。

普段のシャンプーと同じように使うため、髪を染めているといった意識はなく髪を染めることが出来ます。正確には、「染める」ではなく「染まっていく」と言ったほうがしっくりきますね。

周りが汚れるのを気にせず使うことが出来る

白髪染めシャンプーはお風呂場で使うので、周りが汚れるのを気にせず使うことが出来ます。もし白髪染めシャンプーがお風呂場の壁や床に付着して汚れても、お湯で綺麗に洗い流せば良いのでとても楽です。

たとえばヘアカラーやヘアマニキュアなどで居間や自分の部屋で使ったり、服を着たまま使うと汚れてしまうこともありますが、お風呂場ならそういった汚れの心配がないので心置きなく使えるのが良いですね。

染めている自覚なく簡単に染めることが出来る

普段のシャンプーと変わらず使えるので、白髪染めという感じではなく、シャンプーをしている間は白髪を染めているといった自覚はないと思います。白髪染めって面倒なイメージがあるかと思いますが、白髪染めシャンプーなら面倒な準備もなければ、染める面倒さもないのでとても簡単です。

ここが白髪染めシャンプーの大きなメリットだと思います。

イヤなニオイがしないものが多い

香りの好みは人それぞれですが、シャンプーなので香りのよいものが多いです。リラックスできるものも多いので、疲れを癒してくれる白髪染めシャンプーが多く販売されています。

髪や頭皮へのダメージ(刺激)が少なく優しい

白髪染めシャンプーは、髪や頭皮へのダメージ(刺激)が少なく優しいといった特徴があります。化学成分が入っていない白髪染めシャンプーが多く販売されているからです。

素手で使える

白髪染めシャンプーは、髪や頭皮へのダメージ(刺激)が少なく優しいといった特徴がありますが、手の肌にも優しいです。なので、素手で使うことが出来ます。

ヘアカラーは、刺激が強く素手で触ると荒れてしまうものもあるので、手袋をする必要がありますが、白髪染めシャンプーはそんな危険性もなく素手で使うことが出来ます。シャンプーをするのにわざわざ手袋をするのは必要が無いので、楽で良いですね。

ただし、お肌の状態には個人差があるので、念のため素手で触っても大丈夫かパッチテストをしておくと安心です。

ヘアカラーの合間に使うことが出来る

白髪染めシャンプーは染まるのに時間がかかる特徴があります。なので、普段ヘアカラーを使いつつ、その合間に白髪染めシャンプーを使って色を補うといった使い方もできます。

白髪染めシャンプーだけでなく、ヘアカラーも上手く使うことで白髪を改善するのにとって効果的です。

徐々に染まるので見た目に違和感を感じさせにくい

白髪染めシャンプーは染まるのに時間がかかる特徴があるので、一見デメリットに見えます。ですが、時間がかかるというのは、徐々に染まるということです。

もし、白髪が目立っていたのに数日で急に髪が黒くなったら、人によっては違和感に感じてしまう人がいるかもしれません。いきなり見た目が変わってしまうのがイヤと言う人は、徐々に染まる白髪染めシャンプーを使われると良いです。

白髪染めシャンプーが向いていない人

NG

すぐに髪を黒くしたい人、染めるのに時間をかけたくない人

白髪染めシャンプーはすぐに髪を黒くしたい人には不向きです。徐々に髪を染めていくため、数回使うことでやっと色に変化が出てきます。

染めるのに時間をかけたくない人なら1回ですぐに染まるヘアカラーを使うと良いです。

毎日繰り返し使うのが面倒な人

白髪染めシャンプーは1回使っただけでは髪が染まるわけではないので、繰り返し使わなければなりません。髪を染めるのに何度も繰り返し使うのは面倒だという人にとって白髪染めシャンプーは向いていません。

長持ちする白髪染めが使いたい人

白髪染めシャンプーは色落ちが早い白髪染めです。なので、色が染まった状態を維持するには、使い続ける必要があります。

白髪染めシャンプーは長持ちする白髪染めではないので、色が長持ちするヘアカラーの白髪染めを使うほうが良いです。

いつも使っているお気に入りのシャンプーを変えたくない人

これは当然ですが、いつも使っているお気に入りのシャンプーを白髪染めシャンプーに変えなければなりません。もしお気に入りのシャンプーを使っている人の中には変えたくないと思う方はいると思います。

なので、いつも使っているお気に入りのシャンプーは変えたくないけど白髪は改善したいと思う人は白髪染めシャンプーを使わずヘアカラーやヘアマニキュアを使うと良いです。

白髪染めシャンプーが向いている人

OK

髪を痛めたくない人

白髪染めシャンプーは化学成分が入っていないため、髪に優しい白髪染めです。白髪染めによっては髪を傷めるものもあるので、髪を傷めずに髪を染めるなら白髪染めシャンプーはおススメです。

もし今使っている白髪染めを使っていて髪が痛みが気になっている人は白髪染めシャンプーに変えてみると良いです。

イヤなニオイの白髪染めは使いたくない人

白髪染めによってはニオイが苦手と思われる人もいるかと思います。髪が染まるから臭いは我慢しようと思っている方は白髪染めシャンプーに変えてみると良いと思います。

ただ、白髪染めシャンプーは染まるのに時間がかかるので、白髪を染めるのに時間をかけたくないという人には白髪染めシャンプーが向いていません。もし臭いがきつくない白髪染めの事を知らなかった場合は一度検討されてみると良いです。

白髪を染める手間をかけたくない人

手が届きにくい後頭部やもみあげ、襟足などちょっと染めにくい場所を白髪染めするのってちょっと大変だったりします。また、ヘアカラーと言った白髪染めは刺激が強く素手で使えないものは手袋やクシを用意しなければいけないですし、鏡も用意しなければならないので染めるのが結構手間だったりします。

一方白髪染めシャンプーはただいつものシャンプーに置き換えて使うだけなので髪を染めるのに難しいことはありません。なので、いちいち白髪を染める準備が必要ないので特に面倒な手間がかかりません。いつものシャンプーをするだけです。

面倒な手間をかけたくない人にとって白髪染めシャンプーはおススメです。

いきなり見た目を変えたくない人

白髪染めシャンプーは使うたびに徐々に髪を染めていくため、いきなり髪が黒くなるといったことがありません。なので、すぐに髪を黒くすることはできませんが、髪の色がすぐに変わらないので見た目が突然変わるといったことが無く違和感を感じさせることがありません。

見た目をいきなり変えたくないという人にとって白髪染めシャンプーは丁度良い白髪染めです。

どんな白髪染めシャンプーがあるの?

では、シャンプータイプの白髪染めにはどんなものがあるのか下のページにまとめてみました。

2リンス

髪をすすいでもらっている女性
リンスタイプの白髪染めで、シャンプーを使った後に使用します。お風呂で使えるので、リラックスしながら染めることが出来ます。普段のリンスと同じように使うだけなので準備も楽ですし、後片付けの手間もなくお手軽に使うことが出来てとても便利です。
 
トリートメントタイプの白髪染めに近い印象がありますが、美髪効果は少々低いです。また、ヘアカラーやヘアマニキュアに比べて染まりにくい特徴があります。

【特徴・デメリット・メリット】リンスについて
特徴
毎日のリンスで白髪を染める白髪染め
デメリット
・染まるのに時間がかかる
・色持ちが良くない
・カラーの種類が多くない
・お気に入りのリンスが使えなくなる
メリット
・お風呂場で使うことが出来る
・髪や頭皮に優しい
・素手で使うことが出来る
・色ムラが起きにくい
・イヤなニオイがしないものが多い
・いきなり見た目が変わらない
・染めるのが難しくない
こんな人にはおススメできない
・すぐに色を染めたい人
・長持ちする白髪染めが使いたい人
・いつも使っているリンスは変えたくない人
こんな人におすすめ
・髪を痛めたくない人
・イヤなニオイの白髪染めは使いたくない人
・白髪を染める手間をかけたくない人
・いきなり見た目を変えたくない人

白髪染めリンスのデメリット

デメリット

染まるのに時間がかかる

白髪染めリンスは1度使っただけでは色が染まりません。何度か使っていくうちに徐々に髪が染まっていくので、染まるのに時間がかかります。

なので、白髪を早く黒髪に染めたい人には向いていません。

色持ちが良くない

白髪染めリンスは色持ちが良くありません。髪を洗ったりすると色が落ちてしまうため、染まってきた髪の色を維持するには染め続けないといけません。

なので、何度も染めるのがイヤな人は、色持ちの良いヘアカラーを使われると良いです。

カラーの種類が多くない

白髪染めリンスはカラーの種類が多くありません。なので、カラーの種類が多いヘアカラーを使われると良いです。

お気に入りのリンスが使えなくなる

これは当然の話ですが、白髪染めリンスを使うことで今まで使っていたお気に入りのリンスが使えなくなってしまいます。

もし今まで使っているお気に入りのリンスが使いたいけど白髪を染めたいなら、白髪染めリンスは諦めてヘアカラーやヘアマニキュアと言った白髪染めを使われると良いです。

白髪染めリンスのメリット

メリット

お風呂場で使うことが出来る

白髪染めリンスは白髪染めリンスシャンプーと同じようにお風呂まで使います。いつも使っているリンスと同じように使うことが出来ます。

なので、準備や後片付けの手間はかからず使えるので楽でいいです。

髪や頭皮に優しい

白髪染めリンスは髪や頭皮に優しい白髪染めです。

白髪染めケアカラーで使われている刺激の強い薬品は、白髪染めリンスでは使われていないものが多く、髪や頭皮に優しい白髪染めを使いたいなら白髪染めリンスを使うと良いです。

素手で使うことが出来る

白髪染めリンスは髪や頭皮に優しいので、もちろん手で触っても安全です。なので、素手で使うことができるので、白髪染めリンスを使って髪を染めるのが使いやすいです。

また、敏感肌の方やお肌が弱い人も使いやすいです。
※念のため、使用する前にパッチテストを実施しておくとより安全です。

色ムラが起きにくい

白髪染めリンスは普段使っているリンスと同じように使うので、白髪染めヘアカラーのような白髪部分に染料を塗って使うわけではありません。

なので、染めムラが出ることがありません。

イヤなニオイがしないものが多い

白髪染めリンスは嫌なニオイがするような成分は使われていません。特に、白髪染めヘアカラーと言った白髪染めは刺激の強い薬品を使って髪をしっかり染めようとするのでイヤな臭いがするものも少なくありません。

白髪染めリンスは主にお肌に優しい成分を使っているので、イヤなニオイがしないものが多いです。
(※ニオイは人によって好みがあるのでニオイが苦手に感じる白髪染めリンスはあるかもしれません)

いきなり見た目が変わらない

白髪染めリンスは使い続けることで徐々に髪が染まっていく白髪染めなので、いきなり髪が黒くなることはありません。

白髪染めヘアカラーと言った白髪染めのように使ってすぐに髪の色が変わるわけではありませんが、染まるスピードは早くないのでいきなり見た目が変わらないため、見た目に違和感を覚えにくいです。

いきなり見た目が変わるのがイヤな人は白髪染めリンスを使われると良いです。

染めるのが難しくない

白髪染めリンスはいつも使っているリンスと同じように使えるので、使うのが難しくありません。
(※使い方についてしっかり説明書を確認しておきましょう)

染めるのが難しくないので、お手軽に白髪を染めるなら白髪染めリンスを使うと良いです。

白髪染めリンスが向いていない人

NG

すぐに色を染めたい人

白髪染めリンスは使い続けることで徐々に白髪が染まっていきます。なので、髪が染め上がるまでに時間がかかるため、すぐに色を染めたい人には白髪染めリンスは向いていません。

長持ちする白髪染めが使いたい人

白髪染めリンスは色が落ちやすいため、色を維持するためには使い続けなければなりません。一度染めたら色が長持ちする白髪染めを使いたい人には向いていません。

一度染めたら色が長持ちする白髪染めを使いたいなら白髪染めヘアカラーを使うのが良いです。

いつも使っているリンスは変えたくない人

白髪染めリンスを使うと普段使っているリンスが使えなくなるので、普段使っているリンスを使いたいなら白髪染めヘアカラーや白髪染めヘアマニキュアを使われると良いです。

白髪染めリンスが向いている人

OK

髪を痛めたくない人

白髪染めリンスは髪や頭皮に優しい白髪染めです。もしあなたの髪が痛んでいたり、使っている白髪染めで髪を痛めてしまっている人など髪を痛めたくない人は白髪染めリンスを使われると良いです。

イヤなニオイの白髪染めは使いたくない人

白髪染めリンスは香りの良いものが多いです。

なので、今使っている白髪染めのニオイが苦手だけど我慢して使っている人は白髪染めリンスを使ってみると良いです。

白髪を染める手間をかけたくない人

白髪染めリンスは普段使っているリンスと同じように使うことが出来るので、染める手間が少ないです。たとえば白髪染めヘアカラーは色々と準備や後片付けが面倒なので、準備や後片付けが楽な白髪染めリンスがおススメです。

いきなり見た目を変えたくない人

白髪染めリンスは使い続けることで徐々に染まっていく白髪染めなので、すぐに髪の色が黒く染まるわけではなりません。なので、いきなり髪の色が変わることでいきなり見た目を変えたくない人は白髪染めリンスを使われると良いです。

どんな白髪染めリンスがあるの?

では、リンスタイプの白髪染めにはどんなものがあるのか下のページにまとめてみました。

3トリートメント

【白髪染め】トリートメント
トリートメントタイプの白髪染めは、シャンプーの後のリンスやコンディショナー、トリートメントの代わりとして使います。シャンプータイプの白髪染めと同じようにお風呂で使います。
 
もし普段シャンプー後にトリートメントを使われている場合は、そのトリートメントを白髪染めタイプのトリートメントに変えて使うだけなのでお手軽に使うことが出来ます。髪や地肌への刺激も少なく、優しく使うことが出来ます。

【特徴・デメリット・メリット】トリートメントについて
特徴
・トリートメントが主成分の白髪染め
デメリット
・染まるのに時間がかかる
・色持ちが良くない
・色が付くまで何度も使い続けなければならない
・お気に入りのトリートメントが使えなくなる
メリット
・ツンとしたイヤなニオイがしないものが多い
・お風呂場でお手軽に使うことが出来る
・染めている自覚なく簡単に染めることが出来る
・髪や頭皮へのダメージ(刺激)が少ない
・素手で使える
・いきなり見た目が変わって違和感が出ることが無い
こんな人にはおススメできない
・すぐに髪を黒くしたい人、時間をかけたくない人
・長持ちする白髪染めが使いたい人
・いつも使っているお気に入りのトリートメントを変えたくない人
こんな人におすすめ
・髪を痛めたくない人
・イヤなニオイの白髪染めは使いたくない人
・ツヤのある髪に仕上げたい人

白髪染めトリートメントのデメリット

デメリット

染まるのに時間がかかる

白髪染めトリートメントは1回使っただけでは染まりません。なんとか使い続けることで徐々に染まっていくので染まるのに時間がかかります。

なので、とにかく早く染めたいという人は、1度でしっかり染まるヘアカラーを使うと良いです。

色持ちが良くない

白髪染めトリートメントは色持ちがあまり良くないです。ものによっては数日で落ち始めてしまうものもあります。もう少し長く色が持つものもありますが。

なので、色を維持するためには何度も白髪染めトリートメントを使って色を維持させないといけません。もし色持ちの良い白髪染めが良いならヘアカラーを使うと良いです。

色が付くまで何度も使い続けなければならない

白髪染めトリートメントは1度使っただけではしっかり染まりません。何度か使わないと色が付かないため、何度も使い続けなければなりません。

何度も使うのが面倒な人は白髪染めトリートメントを使うのに向いていません。

お気に入りのトリートメントが使えなくなる

今使っているトリートメントを白髪染めトリートメントに変えるわけですから、今使っているトリートメントは使えなくなります。特に気に入って使っているのを使っているならちょっと嫌ですよね。

そういった場合はヘアカラーやヘアマニキュアを使いましょう。

白髪染めトリートメントのメリット

メリット

ツンとしたイヤなニオイがしないものが多い

白髪染めトリートメントは香りのよいものが多く、白髪染め特有のツンとしたイヤなニオイのするものはほとんどありません。シャンプーの後に嫌なニオイがするトリートメントなんて使いたくないですよね。

香りのよい白髪染めトリートメントでリラックスできるものもあり、気持ちよく白髪を染めることが出来ます。ただ香りの好みには個人差があるので、できるだけ自分好みの香りのする白髪染めトリートメントを選ぶと良いです。

お風呂場でお手軽に使うことが出来る

白髪染めトリートメントはシャンプーの後のトリートメントとして使います。いつもしているトリートメントに変えて使うだけなので、特に難しくなく髪を染めることが出来ます。

また、もし液が床に垂れたり壁に付いたとしても、お風呂場で使っているのでお湯で洗い流せばキレイに使うことが出来ます。使った後の片付けが楽なので、面倒なことなく便利です。

染めている自覚なく簡単に染めることが出来る

白髪染めトリートメントは普段使っているトリートメントを変えて使うだけなので、特に難しいことなく白髪を染めることが出来ます。

いちいち手袋や鏡などの準備は必要ありませんし、ただシャンプー後にしているトリートメントをするだけなので、染めている自覚なく簡単に染めることができます。

髪や頭皮へのダメージ(刺激)が少ない

白髪染めトリートメントは髪へのダメージ(刺激)が少ない白髪染めです。なので、髪を傷めずに髪を染めることが出来ます。

刺激が強くて髪を痛めてしまう白髪染めもあるので、白髪染めを使っていたら髪が痛んできたという人は、白髪染めトリートメントに変えるのも良い選択だと思います。

素手で使える

白髪染めトリートメントは髪へのダメージ(刺激)が少ない白髪染めなので、当然手で触れても安全です。手が荒れることもなく使うことが出来るので、普段使っているトリートメントと同じように素手で使っても特に問題ありません。

刺激が強い白髪染めは手袋をしないと手が荒れてしまうことがありますが、白髪染めトリートメントは手袋をする必要がないのでとっても楽です。ただし、念のため初めて使うときはパッチテストを行っておくと安心です。

いきなり見た目が変わって違和感が出ることが無い

白髪染めトリートメントは1度にすぐ染まらず、使うたびに徐々に染まっていく白髪染めです。

すぐに髪を黒く染めたいと思っている人には向いていませんが、いきなり見た目が変わるのは嫌という人にとっては徐々に染まっていく白髪染めトリートメントを使うと良いです。

白髪染めトリートメントが向いていない人

NG

すぐに髪を黒くしたい人、時間をかけたくない人

白髪染めトリートメントは即効性が無く徐々にしか染まらないので、染まるにはある程度の期間と使用回数が必要です。なので、時間をかけずすぐに髪を黒くしたい人には白髪染めトリートメントはおススメできません。

すぐに髪を黒くしたい人にはすぐに染まるタイプのヘアカラーを使うほうが良いです。

スポンサードリンク

長持ちする白髪染めが使いたい人

白髪染めトリートメントは色が落ちやすいため、色を維持するのに使い続けなければいけません。なので、色が長く持つヘアカラーを使われると良いです。

いつも使っているお気に入りのトリートメントを変えたくない人

いつものトリートメントから白髪染めトリートメントに変えなければいけません。なので、いつも使っているお気に入りのトリートメントを変えたくないなら、ヘアカラーやヘアマニキュアを使って白髪を染めましょう。

白髪染めトリートメントが向いている人

OK

髪を痛めたくない人

白髪染めトリートメントは髪や頭皮に優しい白髪染めです。化学成分をほとんど使用していないため、髪を傷めずに染めることができます。

なので、髪を痛めたくない白髪染めを使いたいという人にはおススメです。

イヤなニオイの白髪染めは使いたくない人

白髪染めトリートメントは香りの良いものが多く、イヤなニオイの白髪染めは使いたくない人にはピッタリな白髪染めです。

ツヤのある髪に仕上げたい人

白髪染めトリートメントは髪や頭皮に優しく髪をコートし、ハリやツヤを与えるよう働きかけます。なので、染めた髪の仕上がりにツヤやハリを出したい場合、白髪染めトリートメントはおススメの白髪染めです。

どんな白髪染めトリートメントがあるの?

では、トリートメントタイプの白髪染めにはどんなものがあるのか下のページにまとめてみました。

4ヘアマニキュア

白髪染めヘアマニキュアで染めている女性
ヘアマニキュアは、髪の表面から色をかぶせるよう色を付けるため、髪へのダメージが少ない特徴があります。シャンプータイプやヘアカラーとは違い、髪の表面に色を付けるため、白髪を一度に染めたい場合にオススメのタイプの白髪染めです。

【特徴・デメリット・メリット】ヘアマニキュアについて
特徴
・髪の外側をコーティングし、1度でしっかり染めたい人のための白髪染め
デメリット
・表面に塗るだけなので、色持ちが悪い(短い)
・シャンプーすればするほど色落ちしていきやすい
・色移りしやすい(タオルや服など)
・肌に付いたとき落としにくい
・自分では染めづらい
・別の色に切り替えにくい
・髪の生え際・根元が染めにくい
メリット
・ハリコシやツヤが出る
・髪や頭皮への負担が少ない
・髪をコーティングするので、髪を保護する効果が期待できる
・パッチテストの必要がない
こんな人にはおススメできない
・長持ちする白髪染めを使いたい人
・染めるのが難しい白髪染めは嫌な人
こんな人におすすめ
・髪にハリやツヤを出したい人
・髪や頭皮を痛めたくない人

白髪染めヘアマニキュアのデメリット

デメリット

表面に塗るだけなので、色持ちが悪い(短い)

白髪染めヘアマニキュアは髪の表面の部分に色を付けて、目立たなくさせます。髪の表面の部分に色を付けているだけなので、シャンプーすればするほど色が落ちてしまうことがあります。

髪の内部まで浸みこませて色を付けるような白髪染め(例えばヘアカラー)に比べると色が持ちが悪い(短い)です。染めて長く持続する白髪染めならヘアカラーの方が色持ちが良いです。

色移りしやすい(タオルや服など)

白髪染めヘアマニキュアは色移りしやすいので、タオルや服に色がついてしまいやすいです。特に、染めてからすぐだとタオルに色が付いてしまいやすいです。

とは言っても、どうしても髪を乾かすのにタオルを使わなければいけないので、色が付いても良いと思うタオルを使うと良いです。

肌に付いたとき落としにくい

白髪染めヘアマニキュアはタール系の色素を使っている肌に付いてしまうと洗っても落としにくい特徴があります。お肌に付いたら洗い落とすのが大変なので、お肌に付着しないよう取り扱いには気を付けましょう。

自分では染めづらい

白髪染めヘアマニキュアは、シャンプーやトリートメントとは違って自分では染めづらいです。というのも、頭皮に染料がついてしまうと頭皮に色が付いてしまうため、頭皮に付かないようギリギリまで塗らないといけないのですが、それが結構難しいんですよね。

コツを掴んで慣れてしまえば上手く染めるようになっていきますが慣れるまでには時間がかかります。なので、そんな面倒なことはしたくないという人は美容室で美容師さんのようなプロの方にお願いするとキレイに染めてもらうことができます。

他にも白髪染めシャンプーや白髪染めトリートメントを使えばそんな心配がないため楽です。

別の色に切り替えにくい

白髪染めヘアマニキュアは髪の表面をコーティングするため、白髪染めヘアマニキュアをした後しばらくはヘアカラー剤が入り込みません。なので、今入れている色から別の色に切り替えにくいです。

白髪染めヘアマニキュアのメリット

メリット

ハリコシやツヤが出る

白髪染めヘアマニキュアは髪の表面をコーティングしながら色をつけていく白髪染めです。髪のキューティクルを壊さずに染めて、ハリコシやツヤが出る自然な仕上がりになります。

髪や頭皮への負担が少ない

白髪染めヘアマニキュアは髪の表面を染めるだけで、髪の内部まで染めません。また、強い薬剤を使用していませんので、髪や頭皮への負担は少ないです。

白髪染めで髪や頭皮を痛めたくなければ白髪染めヘアマニキュアを使うと良いです。

髪をコーティングするので、髪を保護する効果が期待できる

白髪染めヘアマニキュアは髪の表面をコーティングしながら色をつけていくので、ドライヤーの熱や摩擦、さらには紫外線から守ってくれる効果が期待できます。

パッチテストの必要がない

白髪染めヘアマニキュアは強い薬剤を使用していない白髪染めです。なので、強い薬剤を使用していることが多いヘアカラーとは違い髪や地肌へのダメージも少なく、パッチテストをしなくても使えるものが多いです。

ただし、心配な方は念のため自分の肌に合うかパッチテストをして確かめておくとより安心に使うことが出来ます。

白髪染めヘアマニキュアが向いていない人

NG

長持ちする白髪染めを使いたい人

白髪染めヘアマニキュアは髪の表面をコーティングするように吸着して色を付けます。なので、色落ちしやすく長持ちしないため、長持ちする白髪染めを使いたい人はヘアカラーのような長持ちする白髪染めを使うと良いです。

染めるのが難しい白髪染めは嫌な人

白髪染めヘアマニキュアは頭皮に付着すると色が付いてしまうため、頭皮に付かないよう髪だけ染めるというのは技術的に結構難しかったりします。

なので、そんな面倒なことをしたくないという人は白髪染めシャンプーや白髪染めトリートメントを使う方がお手軽に使えて楽です。

白髪染めヘアマニキュアが向いている人

OK

髪にハリやツヤを出したい人

白髪染めヘアマニキュアは、使うと髪にハリやツヤを出るよう仕上がります。髪が痛まない白髪染めを使いたい人にもオススメの白髪染めです。

髪や頭皮を痛めたくない人

白髪染めヘアマニキュアは刺激の強い薬品は使われていないものが多いです。なので、髪や頭皮への刺激が少ないので痛むことが無く髪を染めることが出来ます。

どんな白髪染めヘアマニキュアがあるの?

では、白髪染めヘアマニキュアにはどんなものがあるのか下のページにまとめてみました。

5ヘアカラー

白髪染めヘアカラーで染めている女性(イメージ)
ヘアカラーは、「カラー」という言葉が付いているとおり、色々なカラーがありますが、そのうちの一つに白髪染めのヘアカラーがあります。髪の内部まで色を浸透させるので、しっかり染まりやすく、色持ちも良いという特徴があります。
 
その反面、髪の内部まで染めようとするため、髪への負担が大きいといった特徴もあります。

【特徴・デメリット・メリット】ヘアカラーについて
特徴
・髪の内部から染める、長く染まり続ける白髪染め
デメリット
・アレルギーの症状が出るリスクがある
・安全に使うために毎回パッチテストをする必要がある
・髪へのダメージ(刺激)が大きい
・染めムラが出てしまう
・薬剤によるニオイがする
・服に付くと落ちにくい
・準備や片付けが少々手間がかかる
・しっかり染まるので、周りに気付かれてしまう
・妊娠中や生理中は使用しないほうが良い
メリット
・1回でしっかり染まる
・1度染めたら色落ちしにくく、色が長持ちする
・髪を洗っても色落ちづらい
・色のバリュエーションが豊富
こんな人にはおススメできない
・髪が痛んでいる人、髪が痛むのがイヤな人
・お肌が弱い人
・アレルギー症状が出やすい人、過去にアレルギー症状が出た経験がある人
こんな人におすすめ
・髪の色が長持ちする白髪染めを使いたい人
・しっかり染まる白髪染めを使いたい人

白髪染めヘアカラーのデメリット

デメリット

アレルギーの症状が出るリスクがある

白髪染めヘアカラーは刺激の強い薬剤を使っているものが多いです。なので、お肌の状態にもよりますが、アレルギー症状が出てしまう場合があります。

お肌が弱い、敏感肌の人は使用するのがおススメできません。

安全に使うために毎回パッチテストをする必要がある

白髪染めヘアカラーを使うと、人にもよりますがアレルギー反応が出てしまう場合があります。ですが、実際にアレルギー反応が出るかは使ってみないと分かりません。

なので、アレルギー反応が出る人はヘアカラーを使うのは危険なので、使用する前に必ずパッチテストをする必要があります。また、もし1度使って問題なかったとしても、次に使う時に問題ないとは限りません。

それだけ白髪染めヘアカラーは刺激が強いため、使うたびにパッチテストを行ったほうが安全です。パッチテストの手間が必要なため、ヘアカラーを使うのは少々面倒です。

髪へのダメージ(刺激)が大きい

白髪染めヘアカラーは刺激の強い薬剤を使っているものが多いので、髪へのダメージ(刺激)が大きいです。なので、使う回数が多いほど髪がきしんだりパサついたりして髪が痛んでいきます。

髪が痛んでしまうと、受けたダメージから回復するのは難しいため、最悪切るしかなくなってしまいます。幸い、白髪染めヘアカラーは1回でしっかり染まるので、しっかり染まってしまえば何度も使う必要がありません。

できれば何度も染めることが無いようしっかり染めましょう。

染めムラが出てしまう

白髪染めヘアカラーを自分で染める場合は、使うのに慣れていない時は染めるのにムラが出てきてしまいます。自分で染める場合はどうしても染め残しも出てきてしまうこともあるかもしれません。

また、染めるのに慣れていない時は塗らなければいけないところを見落としてしまうかもしれません。もし染め方にムラが出てしまうと、再度また染めないといけなくなるので髪へのダメージを考えるとあまり良くないです。

なので、慣れるまでは誰かに手伝ってもらうほうが良いです。ですが、どうしても一人で染めなければいけない場合、手っ取り早いのは美容室で染めてもらう方が良いです。

ただ美容室に行って染めてもらうと料金が発生してしまうので高くついてしまいます。面倒だし美容院に行くお金も時間も掛けたくない場合は、白髪染めシャンプーや白髪染めトリートメントを使うほうが手軽に染める事ができます。

薬剤によるニオイがする

白髪染めヘアカラーはしっかり髪が染まるよう刺激の強い薬剤を使っていることが多く、その薬剤が臭うことがあります。人によっては気にならないという人もいますが、苦手な人は使うのが辛いと思います。

臭いが苦手で使いづらい人は、香りのよい白髪染めシャンプーや白髪染めトリートメントを使うと良いです。

服に付くと落ちにくい

白髪染めヘアカラーは服に付くと落ちにくいので、使うときは扱いに気を付けましょう。

準備や片付けが少々手間がかかる

白髪染めヘアカラーは使うときは結構準備が面倒です。手が荒れないよう手袋を用意したり、鏡やクシなども必要になります。

特に鏡は片手を使う手鏡といったものより、両手が自由に使える3面鏡といった鏡の方が便利なのでそういった鏡も用意しなければなりません。他にも、周りに白髪染めヘアカラーが付かないよう場所選びも必要ですし、服が付かないよう着替えなければいけません。

液が垂れてもいいよう床もシートや新聞紙などを敷いておくことも大事です。染め終わったら、クシを洗ったりしなければなりません。

こういった準備や片付けが面倒だと思う人は、白髪染めシャンプーや白髪染めトリートメントを使うほうが準備も片付けも手間がほぼかからない白髪染めを使ったほうがかなり楽です。

しっかり染まるので、周りに気付かれてしまう

白髪染めヘアカラーは見た目がガラッと変わるほど1度使っただけでしっかり染まるので、その変わりように違和感を感じる人もいるかもしれません。

なので、突然見た目が変わらないよう徐々に見た目を変えていくよう白髪を染めたい人には、徐々に染まっていく白髪染めシャンプーや白髪染めトリートメントを使うと良いです。

妊娠中や生理中は使用しないほうが良い

白髪染め妊娠中や生理中は使用しないほうが良いと言われています。特に化学物質が使われているヘアカラーは、お肌がデリケートな妊娠中の時期に使うことはあまり好ましいことはありません。

生理中の時でも同じようにお肌がデリケートな時期なので、使用を控えたほうが良いかもしれません。もしどうしても使いたいという場合は、お医者さんに確認すると良いです。

白髪染めヘアカラーのメリット

メリット

1回でしっかり染まる

白髪染めヘアカラーは1回使っただけでしっかり染まります。なので、すぐに白髪を黒く染めたい、見た目を変えたい場合には白髪染めヘアカラーを使われると良いです。

1度染めたら色落ちしにくく、色が長持ちする

白髪染めヘアカラーは1回使っただけでしっかり染まるだけでなく、その染まった色が落ちにくいんです。なので、何度も髪を染めるのが面倒な人は白髪染めヘアカラーを使ってしっかり染めると良いです。

髪を洗っても色落ちづらい

白髪染めヘアカラーで染めると、髪で洗っても色が落ちにくいんです。髪は日々洗うものですが、色が落ちる心配がないので、また染めなきゃいけないといった心配がなく安心して髪を洗うことが出来ます。

色のバリュエーションが豊富

白髪染めヘアカラーは色のバリュエーションが豊富です。たとえばウエラトーンと言う商品は20種類以上の色から選ぶことが出来ます。

黒や茶色、茶褐色と言った色から自分の好みの色のものを選んで髪を染めることが出来ます。

白髪染めヘアカラーが向いていない人

NG

髪が痛んでいる人、髪が痛むのがイヤな人

白髪染めヘアカラーは髪をしっかり染めるために刺激の強い薬剤を使っています。なので、髪へのダメージが少なくないため髪が痛むのがいやな人には向いていません。

また、すでに髪が痛んでいる人にもお勧めできません。なので、髪に優しい白髪染めシャンプーや白髪染めシャンプーや白髪染めトリートメントを使われると良いです。

お肌が弱い人

白髪染めヘアカラーは髪をしっかり染めるために刺激の強い薬剤を使っているので、お肌が弱い人は頭皮やお肌に付いたらお肌が荒れてしまうかもしれません。

なので、肌が弱い人や敏感肌の人は使用を控えたほうが良いです。変わりに、白髪染めシャンプーや白髪染めトリートメントを使われると良いです。

・アレルギー症状が出やすい人、過去にアレルギー症状が出た経験がある人

白髪染めヘアカラーは髪をしっかり染めるために刺激の強い薬剤を使っているため、肌には少々刺激が強いです。なので、お肌が弱い人が使うとアレルギー反応が出てしまう場合があります。

肌に赤みが出たり肌が腫れてしまったり、ヒリヒリしてしまうことがあり、肌の状態によっては危険な場合があります。また、過去にアレルギー症状が出た経験がある人も使うべきではありません。アレルギー症状の危険性が高いですからね。

なので、アレルギー症状が出やすい人、過去にアレルギー症状が出た経験がある人は、肌に優しい白髪染めシャンプーや白髪染めトリートメントを使われると良いです。

白髪染めヘアカラーが向いている人

OK

髪の色が長持ちする白髪染めを使いたい人

白髪染めヘアカラーは一度染めたら色が長持ちします。1度使っただけで色落ちしにくいので何度も染め直しをする必要がありません。

髪を洗っても色が落ちにくいので、髪の色が長持ちする白髪染めを使いたい人にはおススメの白髪染めです。

しっかり染まる白髪染めを使いたい人

白髪染めヘアカラーは刺激の強い薬剤を使っています。刺激の強い薬剤を使うことで1度でしっかり染まるようにしているんですね。

1度でしっかり染めたい人は白髪染めヘアカラーを使うのが良いですね。

どんな白髪染め用のヘアカラーがあるの?

では白髪染め用のヘアカラーにはどういったものがあるのかご紹介します。

6白髪隠し(一時着色料)

一時着色料で染めている女性(イメージ)
気になった白髪をサッと隠すことが出来る白髪隠し(一時着色料)。外出先でも使いやすく、持ち運びに便利。しかもすぐに洗い流すことが出来るのも白髪隠しの大きな特徴です。

【特徴・デメリット・メリット】白髪隠し(一時着色料)について
特徴
・気になる白髪をサッと隠すことが出来る白髪染め
デメリット
・白髪が多い場合に対応できない
・長くは隠すことが出来ない
・色が落ちやすい
・衣服や帽子に色移りしやすい
メリット
・気になる白髪をサッとすぐに隠すことが出来る
・一時的に隠すことが出来る
・少ない白髪には向いている
・急な時にも対応することが出来る
・染めた後、洗い流す必要がない
・外出先でサッと使える
・髪や頭皮への負担が少ない
こんな人にはおススメできない
・白髪が多い人
・頭全体の白髪をしっかり染めたい人
こんな人におすすめ
・一時的に白髪を隠したい人

白髪隠し(一時着色料)のデメリット

デメリット

白髪が多い場合に対応できない

白髪隠し(一時着色料)は一時的に部分染めする白髪染めなので、本数が少ない白髪や部分が狭い範囲の白髪染めには向いています。なので、白髪が多い場合にはそのすべてを染めるには向いていません。

白髪がたくさん生えている、頭が真っ白なくらい白髪が生えている場合は、白髪隠し(一時着色料)ではなく、白髪染めシャンプーや白髪染めトリートメントを使われるほうが頭全体の白髪をしっかり染めることが出来ます。

長くは隠すことが出来ない

白髪隠し(一時着色料)は一時的に部分染めする白髪染めなので、長く隠すことが出来ません。その日だけちょっと隠したいという場合には向いていますが、白髪をずっと隠したいという場合には向いていません。

色が落ちやすい

白髪隠し(一時着色料)は髪の表面に染料を塗る白髪染めなので、色落ちしやすいです。一時的に見た目を変えるだけなので、しっかり髪を染めたいなら白髪染めヘアカラーを使われると良いです。

衣服や帽子に色移りしやすい

白髪隠し(一時着色料)は色落ちしやすいため、衣服や帽子に色移りしやすいです。なので、白髪隠し(一時着色料)を使った後に衣服を脱いだり帽子をかぶったりすると色が付着してしまうため、付着しないよう気を付けなければなりません。

白髪隠し(一時着色料)のメリット

メリット

気になる白髪をサッとすぐに隠すことが出来る

白髪隠し(一時着色料)は、気になる白髪をサッとすぐに染めることが出来ます。

たとえば急に自宅に来客が来たり、誰かと会いに行くときなど身だしなみを整える必要がある際は白髪隠し(一時着色料)を使って気になる白髪を隠すことが出来ます。

一時的に隠すことが出来る

白髪隠し(一時着色料)は、部分的に白髪を隠すことが出来ますが、すぐに洗い流すことが出来ます。なので、気が付かなかった白髪がふと見つかった時にその白髪をを黒くしたい時には白髪隠し(一時着色料)を使って白髪を隠すことが出来ます。

シャンプーなどで洗い流せば落ちやすいため、髪を戻すことも手軽にできます。

少ない白髪には向いている

白髪隠し(一時着色料)は少ない白髪には向いています。ポツポツ生えて来た白髪を隠すには白髪隠し(一時着色料)を使って白髪を隠すと良いです。

なので、生えている白髪の本数が少ないからと言って抜かずに、白髪隠し(一時着色料)を使って隠すようにしましょう。

急な時にも対応することが出来る

白髪隠し(一時着色料)はサッと使うことができて使うのもとても簡単です。白髪染めヘアカラーや白髪染めヘアマニキュアと言った白髪染めは染めるのには手間がかかるのでサッと染めるわけにはいきません。

気になる白髪に白髪隠し(一時着色料)を塗るだけで染まるため、時間がない時にとても活躍してくれます。

染めた後、洗い流す必要がない

白髪隠し(一時着色料)は、染めた後洗い流す必要がありません。白髪染めヘアカラーや白髪染めヘアマニキュアと言った白髪染めで染めた後は髪を洗い流さなければいけないので、面倒です。

白髪隠し(一時着色料)は洗い流す必要がないため、出掛ける前や誰かに合う時に気になる白髪をサッと隠すことが出来るのでとても便利です。

外出先でサッと使える

白髪染めヘアカラーや白髪染めヘアマニキュアと言った白髪染めは自宅で染めたり美容室で染めますが、外出先で使うものではありません。

それに対して白髪隠し(一時着色料)は持ち運びが手軽で外出先でもお手軽に使うことが出来ます。持ち運びも楽なように容器が作られているのも良いですね。バックに入れて手軽に持ち運びが出来ます。

外出先で白髪に気が付いたり気になってしまう人は白髪隠し(一時着色料)を使って気になった白髪を隠しましょう。

髪や頭皮への負担が少ない

白髪隠し(一時着色料)は一時的に髪を染める白髪染めなので髪や頭皮への負担が少ないものが多いです。

白髪染めヘアカラーといった髪の内部までしっかり染めるような白髪染めではなく一時的に表面を染めるだけの白髪染めなので、髪や頭皮への負担が少ないというわけなんですね。

なので、白髪隠し(一時着色料)をシャンプーなどで洗うと白髪隠し(一時着色料)の染料が洗い流せてしまいます。

白髪隠し(一時着色料)が向いていない人

NG

白髪が多い人

白髪隠し(一時着色料)は気になる白髪を部分的に隠してくれる白髪染めなので、白髪が多い人には向いていません。

頭全体の白髪をしっかり染めたい人

頭全体に生えた白髪を染めたい場合は、白髪染めシャンプーや白髪染めトリートメントやヘアカラーを使ってしっかり染めると良いです。

なので、頭全体に生えている白髪が多く生えている人には白髪隠し(一時着色料)は向いていません。

白髪隠し(一時着色料)が向いている人

OK

一時的に白髪を隠したい人

白髪隠し(一時着色料)はサッと白髪を隠すことが出来る白髪染めなので、気が付いたときに一時的に気になった白髪染めを隠すことが出来ます。一時的に隠したい人にとって白髪隠し(一時着色料)は丁度良い白髪染めです。

どんな白髪隠し(一時着色料)があるの?

では白髪隠し(一時着色料)にはどういったものがあるのかご紹介します。

最後に

白髪染めといってもいくつか種類があります。現在たくさんの白髪染めが販売されているので、正直白髪染め選びは簡単ではないと思います。

このページで紹介した通り、それぞれデメリットやメリットがあるので、その点を理解してもらった上で自分に合いそうな白髪染めを選ばれると良いです。

自分に合った白髪染めに出会えると良いですね。あなたの髪が理想の髪色に染まり、快適な一日を過ごすことが出来たら幸いです。

ここまで読んでいただいてありがとうございました。

スポンサードリンク

関連記事一覧