【白髪染めや他のアイテム】白髪を改善するのに役立つ商品

スポンサードリンク

白髪を改善するのに「白髪を抜く」「白髪を切る」「白髪を染める」などなど、色々な方法で白髪のお手入れをして白髪を改善するようにしている人はたくさんいるかと思います。

ですが、白髪を改善するには「白髪を抜く」「白髪を切る」「白髪を染める」などありますが、色々な道具が必要になりますよね。

では「白髪を抜く」「白髪を切る」「白髪を染める」などするのにどんな道具が必要なのかというと、次のものがあります。

白髪を改善するのに必要なもの(道具)

  •  白髪染め
  •  鏡
  •  手袋
  •  白髪抜き
  •  ハサミ
  •  コーム(くし)

※ただし、白髪染めの種類によっては必要のないものあります。(例えば白髪染めシャンプーは素手で使うので手袋ありませんし、白髪染めをするのにハサミは必要ありません)

そこで、必要な道具について一つ一つ見ていきたいと思います。

白髪染め

白髪染め

白髪を改善するのに大事な白髪染め。白髪染めには以下のものがあります。

白髪染めの種類

  • シャンプー
  • リンス
  • トリートメント
  • ヘアカラー
  • ヘアマニキュア
  • 白髪隠し(一時着色料)

以上のように、白髪染めには色んな種類のものがあります。ですが、数えきれないほどの白髪染めが販売されているため、どの白髪染めを選べばいいのか悩ましいですよね。だからこそどれを使えば良いのか選ぶのは難しいと思います。

そこで、どの白髪染めを選べばいいのか、各白髪染めの特徴やデメリット・メリットについて下のページに詳しくまとめてみました。

どんな白髪染めを使えば良いのかを知っておくためにも、是非参考にしてみてくださいね。

鏡を見る女性

白髪を自分で染めるのに、鏡を使わず染めることはできません。なので鏡が絶対に必要です。

白髪染めで使う鏡には、手鏡や手で持つ必要のないスタンドタイプの鏡、他にも鏡が3つ並んだ3面鏡など色々なタイプの鏡があります。もし自分で白髪染めをするなら、手を使わずに頭や髪の毛を見ることができるスタンドタイプの鏡が適しています。

なぜなら、染料を髪に塗る時に両手を使うため、手で持たないタイプの鏡の方が便利だからです。

一方、手鏡は片手で鏡を持たなければならないので、髪を染めるのに両手が使えずはかなり不便です。スタンドタイプの鏡か、鏡が3つ並んだ3面鏡なら両手が使えるので手鏡よりも何倍もとても染めやすく便利です。

ちなみに、スタンドタイプの鏡は白髪染め以外に、白髪を抜いたり白髪を切る時にもとても便利です。スタンドタイプの鏡や鏡が3つ並んだ3面鏡なら白髪を抜いたり白髪を切るのがとても楽になります。

スポンサードリンク

ではどんな鏡を選べば良いのか下のページにまとめてみましたので参考にしてみて下さい。

手袋

手袋

白髪染めの種類によっては手袋が必要になります。なぜなら、手が汚れたり、手が荒れてしまうのを防いでくれるからです。

手袋を付けて染料を白髪に付けてくださいとメーカーから説明があったりするものもあります。なので、手袋が必要なのかそうでないのか取扱説明書を確認する必要があります。

手袋は染料から汚れや刺激から守ってくれますが、一方手が蒸れてしまうといったデメリットもあります。できれば長い時間手袋は付けないようにしたいですね。
では、白髪染めをするのに向いている手袋にはどんなものがあるのか調べてみましたので、下のページをご覧ください。

白髪抜き

白髪を抜くのに、手(指)で抜くのは結構大変だったりします。白髪の1本1本はとても細いですからね。

抜こうと思って白髪を掴もうとしても、抜こうとしている髪ではない髪を掴んでしまったりすることがあります。と言うのも、髪の毛ってむちゃくちゃ生えてますし、髪の毛の奥の方にある白髪だけを掴むのって結構苦労しますからね。

なので、細い毛を掴むような細かい作業をするのに、おすすめなのが白髪抜きです。白髪抜きを使えば抜きたい白髪を楽につかむことが出来ます。白髪を抜くのに白髪抜きがとても役に立つと思います。

ではどんな白髪抜きがあるのか、下のページでまとめてみましたのでそちらをご覧ください。

ハサミ

ハサミ

白髪が生えてきてはいるけど、染めるのにはそれほど多くないので染めるほどでもないかな、と言うときにおススメなのが白髪を切ることですよね。ただし、白髪を切るのに適当なハサミを使うのはおススメできません。

なぜなら、切る必要のない髪まで誤って切ってしまったり、余計に切ってしまうかもしれないからです。もし白髪を切るなら、髪を切るのに向いているハサミを使ったほうが良いです。なので、白髪を切るのに適当なハサミ選ぶのはとても大事です。

では、白髪を切るのにどんなハサミを選べばいいのか、白髪を切るのに向いているハサミについて下のページでまとめてますのでそちらをご覧ください。

コーム(くし)

クシとハサミ

白髪染めの中には、刺激の強い薬品を使って髪をしっかり染めようとする白髪染めヘアカラーや、染料を素手で触ると洗っても中々その染料が落ちない白髪染めなどがあります。そういった白髪染めを使う場合は、コーム(くし)を使う必要があります。

白髪染めの中には容器とコーム(くし)が一体になっているものがあり、自分で用意する必要がないものもあります。

では、コーム(くし)を自分で用意する必要がある場合、コーム(くし)にはどんなものがあるのか下のページでまとめましたのでそちらをご覧ください。

最後に

以上、白髪を改善するのに役立つ商品についてまとめてみました。鏡やハサミなどは白髪をお手入れするのに適していないものもあるので、白髪を改善するのに適したものをしっかり揃えるようにしましょう。

スポンサードリンク

関連記事一覧