白髪染めすると頭皮が染まるのはイヤなんだけどどうすれば良い?

スポンサードリンク

あなたは白髪染めをして頭皮が染まってしまいイヤな思いをしたことはありませんか?

白髪染めの中には染料の色が黒かったり茶色のものがあります。もしそんな色の白髪染めで髪を染めていると、髪だけでなく頭皮まで付着してしまうと色が付いてしまいます。そういった白髪染めで髪を染めた後に洗い流せればよいのですが、付着して中々落ちにくいものもあります。

もし頭皮に付着して落ちにくかった場合、髪が多い人であれば隠すことが出来るので目立たないようにできますが、もし髪が薄くなった人なら頭皮に付いた染料の色が目立ってしまうかもしれません。

なので、もし頭皮に染料が付いたらすぐに洗い流したいところですが、中には落ちにくいものもあります。そういった白髪染めを使うときは出来るだけ頭皮に触れないよう使いたいですが、染料を素手やクシなどでなじませる場合、絶対に頭皮に触れないように塗り込むのはかなり難しいことです。

髪は頭皮から生えてくるものですからね。根元からしっかり染めようとすれば頭皮に染料が付いてしまうのも無理はありません。

何度も繰り返し使うことでコツはつかめてくるとは思いますが、うっかり頭皮を染めてしまうことはあります。なので、頭皮に染料が付いてしまうのは、髪を染めるにあたっては仕方がないことです。できれば頭皮が染まらないようにすることができたら良いですよね。

では白髪染めすると頭皮が染まるのはイヤなんだけどどうすれば良いのでしょうか?また、付いてしまった場合はどうすれば良いのか、その対策についていくつか挙げてみました。

白髪染めで頭皮が染まることなく染めるには?

疑問に思う女性

根元から離れた個所を部分的に染めるなら頭皮を染めずに済む

根元から離れた個所を部分的に染めるなら頭皮を染めずに済ませることができます。ただし、根元までしっかり染めようとすれば頭皮を染めてしまうことがあります。

根元までしっかり染めるのに頭皮に染料が付着しないで白髪染めをするのはほぼ不可能

髪全体をしっかり染めようとするなら、頭皮が染まることなく染めるのはほぼほぼ無理だと思います。というのも、毛穴の根元から毛先まで真っ白の白髪の場合は根元までしっかり染めたいところですが、根元で染めようとするとやはり頭皮に付着してしまうからです。

では、頭皮に付かないように根元までは染めずに根元から少し先の当たりから毛先まで染めようとすると、根元は白い部分は残ったままとなってしまい見た目もキレイにはなりません。どうしても根元までしっかり染めて白い部分は残さずにしたいですよね。(部分的に髪を染めるなら頭皮に付着することはありませんが)

根元までしっかり染めつつ、頭皮に付かないようにするというのは相当の技術や経験(慣れ)が必要になってきます。なので、白髪を染めるときはどうしても頭皮に染料が付着して黒や茶色に染まってしまうのは仕方がないです。プロ並みの染める技術を持たない素人の我々ではかなり難しいというわけなんですね。

では染料が落ちにくくて染料が黒や茶色の白髪染めが頭皮に付着した場合にどうやってその染料を落とせばいいのか、その方法は次の通りです。

ヘアカラー専用リムーバーを使って落とす

染料が付くのは仕方がないので、いかに染料を落とせるかどうかが大事です。そこで付着した染料を落とすにはヘアカラー専用リムーバーを使うと良いです。

菊星 サボニーズ マニキュアリムーバー 145ml
菊星 サボニーズ マニキュアリムーバー 145ml
生え際や頭皮が染まった白髪染めヘアマニキュアを落としてくれるリムーバーです。

商品名
菊星 サボニーズ マニキュアリムーバー 145ml
メーカー
ナチュラルワークス

化粧落としやコールドクリームを使って素早く落とす

頭皮に付着した染料を落とすのに化粧落としやコールドクリームを使うのも良いです。

普段使っている化粧落とし用のクレンジング剤や、油の力で皮膚の汚れを落せて、かつ肌を保護することが出来るコールドクリームを白髪染めの付いた部分に優しくなじませ、軽くマッサージします。もし頭皮に付着したらすぐに使いたいので、白髪染めをする前に事前に用意しておくと良いでしょう。

なお、使用するコールドクリームは、「ニベア」などのコールドクリームを使うと良いです。髪の生え際に塗っておくと、その部分は染料がついても染まらずに、またお肌を染料から守る役割を果たしてくれます。塗ろ時はできれば髪の毛には付かないように頭皮に塗るようにしましょう。

ニベア クリーム 大缶 169g
ニベア クリーム 大缶 169g
健康でしっとりした素肌を保つスキンケアクリーム。塗ることで染料が染まるのを避けるのに役に立ちます。

商品名
ニベア クリーム 大缶 169g
メーカー
花王

保護クリームを塗っておく

白髪染めをする前に、保護クリームを塗っておくことも効果的な方法です。下でご紹介する商品の説明には「髪は染まりますが肌は染まりません」と説明が書かれています。特に髪の生え際に塗ると効果的です。

菊星 サボニーズ スーパープロテクトクリーム 250g
菊星 サボニーズ スーパープロテクトクリーム 250g
カラーリングの際、生え際の皮膚に色が残ることを防ぐプロテクトクリームです。

商品名
菊星 サボニーズ スーパープロテクトクリーム 250g
メーカー
ナチュラルワークス

そもそも染料が黒や茶色以外の白髪染めを選ぶ

染料が黒や茶色の白髪染めが目立ってしまうので、それなら染料が黒や茶色以外の白髪染めを選んで使うのが一番手っ取り早い話かもしれませんね。当然染料が白いものはあるので、そういった目立ちにくい色の染料の白髪染めを使われると良いです。

③シエロ オイルインヘアマニキュア ダークブラウン 100g+3g+10g
シエロ オイルインヘアマニキュア ダークブラウン 100g+3g+10g
髪をいたわりながら一度で染めて、上質なツヤと潤いを与える白髪染めです。

商品名
シエロ オイルインヘアマニキュア ダークブラウン 100g+3g+10g
メーカー
ホーユー株式会社
商品の特徴

・フルーティーグリーンフローラルの香りがとても優しいです。
・「アミノ酸誘導体」と「ヒアルロン酸」のうるおい成分を配合し、髪に潤いを与えます。
・染めにくい生え際もしっかり塗れる生え際用櫛が付いています。

④サロン ド プロ EXメンズヘアマニキュア (白髪用) 7ナチュラルブラック
商品名
サロン ド プロ EXメンズヘアマニキュア (白髪用) 7ナチュラルブラック
メーカー
株式会社ダリヤ
商品の特徴

・40代から気になりだす白髪の悩みに応えるメンズ向けの白髪染めヘアマニキュアです。
・白髪を隠して自然な髪色に染め上げます。しかも髪を染めるだけでなく、髪のボリューム感もアップしてくれるんです。また、髪が痛みにくいので、白髪染めをまだ経験していない人でも安心して使うことが出来ます。
・手袋が付いています。
・ここでは「ナチュラルブラック」の色のものをご紹介していますが、他にも「ナチュラルブラウン」「ダークブラウン」の全3色が用意されています。

⑤パオン クイックリタッチ ダークブラウン 10.5mL
パオン クイックリタッチ ダークブラウン 10.5mL
リタッチ用のヘアマニキュアです。サッと塗るだけで簡単に白髪を隠すことができます。

商品名
パオン クイックリタッチ ダークブラウン 10.5mL
メーカー
ヘンケルジャパン株式会社
商品の特徴

・リタッチタイプの白髪染めヘアマニキュアで、地肌を汚さずに塗ることが出来ます。しかも洗い流しの必要が無く、使うたびに徐々に白髪が染まります。また、液だれの心配もなく使うことが出来ます。
・一時的に白髪を隠すので、次のヘアカラーのつなぎとして使うことが出来ます。
・マーカータイプなので地肌ギリギリまで塗ることができるため、地肌を汚さずに塗ることが出来ます。

白髪染めヘアカラー

白髪染めヘアカラーも、1度でしっかり髪が染まる白髪染めです。しかも、1度染めてしまえば、目安として2~3ヵ月は染めた色が長持ちします(商品によって違いはありますが)。染めるのに手間や準備や後片付けなど少々面倒ではありますが、色が長持ちすることを考えるとコスパは良いと思います。

スポンサードリンク

すぐに白髪に色を付けたい人のための白髪染めヘアカラー3選

①ホーユー シエロ ムースカラー 5 (ブラウン) 1剤50g+2剤50g [医薬部外品]
ホーユー シエロ ムースカラー 5 (ブラウン) 1剤50g+2剤50g [医薬部外品]
クリーミーできめ細やかな泡がサッと出せて白髪にスーッとなじむムースカラーです。

商品名
ホーユー シエロ ムースカラー 5 (ブラウン) 1剤50g+2剤50g [医薬部外品]
メーカー
ホーユー株式会社

②ウエラトーン2+1 クリームタイプ 7GM [医薬部外品]
ウエラトーン2+1 クリームタイプ 7GM [医薬部外品]
ムラなく芯まで染まる、3つのトリートメント成分を配合した白髪染めヘアカラーです。

商品名
ウエラトーン2+1 クリームタイプ 7GM [医薬部外品]
メーカー
ウエラ

③シンプロ ワンタッチ無香料ヘアカラー
シンプロ ワンタッチ無香料ヘアカラー
容器とブラシが一緒になった、薬剤を混ぜる必要もなくお手軽に使える白髪染めヘアカラーです。

商品名
シンプロ ワンタッチ無香料ヘアカラー
メーカー
クラシエ

頭皮が染まっても洗い落としやすい白髪染めを選ぶ

頭皮が染まっても洗い落としやすい白髪染めを選ぶと良いです。もし頭皮に染料が付いても洗い流すことが出来れば頭皮に残らずに見た目も気にすることがありませんからね。

つまり「染料をしっかり落としやすい=頭皮に付着した色(染料)が落ちやすい(残りにくい)」というわけです。

勘違いして欲しくないのは、染めた髪の色も同時に落ちやすいというわけではありません。髪は徐々に染まっていきますが(色が付いていきますが)、頭皮には染料がとどまらずに落ちるというわけなんですね。

なお、頭皮に染料が付着して落ちにくい白髪染めは白髪染めヘアマニキュアです。そういった白髪染めは付着したところを洗っても中々落としにくいです。なので、「頭皮が染まっても洗い落としやすい白髪染め」を選ぶのはとても大事なことです。

白髪染めシャンプーや白髪染めトリートメントは比較的洗い落としやすい白髪染めなので、頭皮に色が残ると嫌だな、と思われる人は使われると良いです。お風呂場で使うので使い勝手も良いですし、白髪染めトリートメントは特に髪を補修する効果も高いので髪が痛んでいる人にもオススメの白髪染めだと思いますよ。

①利尻カラーシャンプー
利尻カラーシャンプー
ミネラル豊富な北海道利尻産の天然利尻昆布のエキスを配合した、使うたびに白髪をキレイな髪色に染める白髪染めシャンプーです。

商品名
利尻カラーシャンプー
メーカー
株式会社ピュール
商品の特徴

・使っているうちに、ムラなく徐々に白髪が染まっていきます。
・使い方はとても簡単で、普段しているシャンプーと同じように使うだけで面倒な手間も必要ありません。
・天然利尻昆布を使用。天然利尻昆布のもつ美容成分が髪に潤いを与え、他にも保水や保湿効果をもち髪のパサつきをしっとりまとめるよう働きかけます。
実際に使っている人の口コミ

・黒い髪が全体的に明るくなりました。白髪も完全に色はついていませんが明らかに色がついているのはわかります。
・シャンプーして、すぐ洗い流さないで、キャップして、5分ぐらい置いておくと、染まりが良いです。その後、カラーケアコンディショナーをしています。髪の質感は、特に良くもなく、悪くもないと感じています。かなり真っ黒なので、重い印象なのですが、モード系と思う事にします。

②キラリカラートリートメントムース

キラリカラートリートメントムース
髪に優しくトリートメント効果が高い白髪染めトリートメントです。

商品名
キラリカラートリートメントムース
メーカー
株式会社ナノエッグ
商品の特徴

・とろーりスムース上の泡が、髪に優しく、濃く、素早く染まります。
・白髪だけでなく黒髪もしっかりケアする白髪染めトリートメントです。
・メーカー独自の毛髪浸透技術により、髪1本1本にムラなく密着するため、素早く白髪を染め上げます。
・髪にハリやコシを与えてよりふんわりとした染め上がりが期待できます。
・髪を痛めずに保護しながら、「エイジングヘア」に働きかけるので、髪全体が使うほど美しく仕上がります。
実際に使っている人の口コミ

・髪1本1本にムラなく泡が密着してくれる、とろーりムースというのが魅力的です。液ダレしにくくてお手軽に染めれるというのも助かります。

③髪萌ヘアカラートリートメント
髪萌ヘアカラートリートメント
髪に負担をかけることなく、使うたびに髪にツヤが出るように綺麗に染め上げる白髪染めトリートメントです。

商品名
髪萌ヘアカラートリートメント
メーカー
株式会社プロ・アクティブ
商品の特徴

・ヘアカラー特有のツンとする臭いはありません。
・敏感肌の人でも優しく作られています。地肌に負担をかけることもありません。
・独自のラッピング製法により、使うごとに色が定着してきます。
・12種類の植物由来成分や「ガゴメエキス」を配合しているので、地肌と髪の毛に栄養を与えます。
実際に使っている人の口コミ

・イヤな香りがしなくて根本の白髪がきちんと染まります。12種類の植物由来エキスが配合されており、髪もいきいきしています。

頭皮に付いた染料は時間が経つと落ちにくくなる

注意

頭皮に付いた染料は時間が経つと落ちにくくなるため、直ぐにティッシュなどを用意しておいて拭き取らないといけません。染料が付いていることに気が付いた個所はすぐに拭き取るなどして落としつつ、前述したヘアカラー専用リムーバーや化粧落としやコールドクリームで落とすと良いです。

ただ気を付けて欲しいのが、なかなか落ちないと思ってお肌をゴシゴシ強くこすってしまうのは良くないです。こすった後の肌が痛んでしまうかもしれないので、お肌を痛めることが無いよう優しく染料をふき取ってあげましょう。

頭皮に付いた染料は3日程度で自然に落ちる

悩む女性

先ほど「頭皮に付いた染料は時間が経つと落ちにくくなる」とお話ししましたが、なんだか話が矛盾すると思われるかもしれませんが、それは、頭皮に染料が付いた後の何時間の間の話です。

ですが、お肌(皮膚)は何日か経つと新たに作られるため、そのお肌の皮膚が新しくなるタイミングで、入れ替わるように古くなったお肌の皮膚が落ちてしまいます。古い皮膚が落ちるのと同時に、古い皮膚に付いていた染料も落ちていく、というわけなんですね。

白髪染めの種類によって多少の違いはありますが、皮膚も新陳代謝によりお肌が新しく作られるため、少し日にちが経てば染料は落ちるんですね。なので、頭皮がそれほど目立たないくらい髪が多い方は頭皮に付いた染料が自然に落ちるまで待つのもアリかと思います。

とはいっても頭皮に付着した染料をすぐに落としたい、と思っている人にはあまり参考にならないかもしれませんね。そんなに日にち待ってられないよと、すぐに染料を落としたいという人にとってはあまり参考にはならないお話かもしれません。。(;´Д`)

最後に

白髪染めすると頭皮が染まるのはイヤだから頭皮は染めないようにしたい・・・と思っても、髪全体をしっかり染める場合はどうしても頭皮を染めてしまいます。なので、染まることは仕方ないと割り切って、どうすれば落としやすくなるのかその対策をすることを考えるほうが良いです。

対策として考えられる方法としては、 ヘアカラー専用リムーバーを使って落とすか化粧落としやコールドクリームを使って素早く落とす、他にも、白髪染めをする前に保護クリームを塗っておく、などが挙げられます。いずれも1000円もしないで手に入ります。なので、一度試されると良いです。

部分的に髪を染めるのであれば頭皮に染料が付着しないようにすることはできますが、頭全体根元までしっかり染めるのであれば頭皮が染まってしまうものと割り切って、染まってもしっかり洗い流せて頭皮に残らない白髪染めを選ぶというのも良いでしょう。

黒や茶色と言った染料の白髪染めは多いですが、白や肌色と言った染料の白髪染めもありますので、頭皮に付着しても目立たないものを使われるのも良いです。

頭皮に白髪染めの染料が残って誰かに見られたらいやな思いをしてしまうので、色が目立たない白髪染めを選ぶか、染まっても色が残らないように対策を取るかして髪を染めることに集中しましょうね。あなたの髪がキレイな色に染まり、楽しい時間が過ごせるよう参考になれば幸いです♪

スポンサードリンク

関連記事一覧