根元を染める白髪染めならどれを使うのが良いの?

スポンサードリンク

いくら白髪染めをしても、日にちが経つとどうしても髪の根元が白く見えてきてしまうことがあります。それは、白髪染めをしていても髪が伸びてくるためで、白髪染めがまだついていない部分がどうしても出てきてしまうからです。白髪が生えてきてしまうと、次も白髪が生えてくるため、一度髪を染めたとしても根元から白い毛が伸びてくるんですよね。

髪は伸びるものなので、根元が白くなるのは致し方のないことですが、放っておくとどんどん白い部分が目立ってきてしまうので何とかしなければなりません。根元の白髪は老けているような印象を見た人に与えてしまうからこそ、根元の白髪は何とかしたいですよね。

なので、その根元の白い部分(白髪)を黒くするためには、染めるのが一番手っ取り早いです。では、そんな根元の白い部分を黒く染めたい時にはどのような白髪染めが良いのでしょうか?

根元の白髪を染めるのに良い白髪染めとは?

悩む女性

根元の白髪を染めるのに良い白髪染めとは、いくつかあります。

根元の白髪を染めるのに向いている白髪染め

  • 白髪隠し(一時着色料)
  • 白髪染めトリートメント
  • 白髪染めヘアカラー

【根元の白髪を染めるのに向いている白髪染め①】白髪隠し(一時着色料)

白髪隠し(一時着色料)は、全体を染める白髪染めではありませんが、ここだけを染めたいという部分的に白いところを黒く染めるのに向いているため、根元の白い部分を黒くするのにも向いている白髪染めです。

ただし、使った髪を洗うとすぐに落ちてしまう特徴があり、長持ちしないため一時的に隠したい人には向いていますが、長い間根元の白髪を隠したい場合は、白髪染めトリートメントと言った白髪染めを使われると良いです。

【根元の白髪を染めるのに向いている白髪染め②】白髪染めトリートメント

白髪染めトリートメントは根元だけ染めるというわけではありませんが、髪全体を染める白髪染めトリートメントを使ってみるのもアリかと思います。白髪染めトリートメントは次のようなメリットがあるので、白髪染めトリートメントを使ってみるのも良いと思います。

髪の毛や頭皮を傷めずに染めうことが出来る

白髪染めトリートメントは、トリートメントと言う通り髪にとってとても優しい白髪染めで髪の傷みを補修し、傷んだ髪の手入れをしてくれる働きがあります。普段使われているトリートメントから白髪染めトリートメントに変えるだけで良いので手軽に使うことが出来るのも大きなメリットです。

スポンサードリンク

白髪染めの中には、白髪染めヘアカラーのような成分が強い白髪染めでは、使われている使えば使うほど髪にダメージが蓄積していき、髪がパサつくようになることがあるので、白髪染めトリートメントは髪に優しく、使いやすい白髪染めなんですね。

髪や頭皮の傷みが気になる人は根元の白髪だけでなく髪の毛や頭皮を傷めずに染めうことが出来る白髪染めトリートメントを使われると良いです。

染めるのに手間がかからない

白髪染めトリートメントは、染めるのに手間がかからない白髪染めです。普段使っているトリートメントから白髪染めトリートメントに変えるだけで、準備や後片付けをするのに特に染めるのに手間はかかりません。素手で使うことが出来るので手袋を用意したり、鏡で染め忘れは無いかなんていう確認も必要ないですからね。

お風呂場で使える

白髪染めトリートメントはお風呂で使います。なので、リラックスできるお風呂の時間に気持ち良く使うことができます。お風呂場なら服を汚すこともありませんし、染め終わったら洗い流すだけなので後片付けの必要もないのも良いですね。

【根元の白髪を染めるのに向いている白髪染め③】白髪染めヘアカラー

白髪染めヘアカラーも、根元の白い部分を染めるのに向いています。ただし、白髪染めヘアカラーならどれでも良いというわけではなく、クリームタイプのヘアカラーがおススメです。

なぜなら、色ムラなく、全体の髪色をきれいに整えることができるからです。染め方は、ヘアカラーの混合クリームをまずは新しく生えた部分にだけつけて10~20分放置します。

そのあとに、根元につけた混合クリームを、あらめのクシでとかして、すでに染めている部分にまで薬剤を伸ばし、5~10分ほど放置します。こうすると、色ムラなく、全体の髪色をきれいに整えることができます。

部分染めをくり返し過ぎるのは良くない

「×」を出す女性

部分染めをくり返していると、髪全体の色にバラつきが出てきてしまいます。3回に1回は全体を染めて、髪色を整えましょう。また、美容室で染めてもらう方がキレイに染めてもらえるので、綺麗な髪色にしたいなら髪を染めるプロがいる美容室に通うと良いです。

最後に

いくら髪を染めても根元は白くなってくるものです。なので、その根元の白く見える部分を隠すのに使いやすい(隠しやすい)白髪染めを選ぶと良いです。例えば、本記事でご紹介した白髪隠し(一時着色料)はサッと使えて根元の白髪を隠すのに向いています。

また、部分的に染めるのは手間だと思う場合は、いっそのこと全体染めをしてしまうっていうのも良いと思います。自分で隠すのが面倒という人は美容室で根元を染めてもらうというのも良いかと思います。

スポンサードリンク

関連記事一覧