白髪染めをする頻度は?どのくらいでまた染めないといけないの?

スポンサードリンク

白髪染めには様々な種類がありますが、その効果は白髪染めによって違いがあります。なので、どの白髪締めがどれくらいの頻度で使えば良いのか気になりますよね。そこで、各白髪染めの頻度について調べてみました。

各白髪染めを使用する頻度

期間

各白髪染めの染める頻度は次の通りです。

白髪染め 頻度
白髪染めシャンプー 毎日
白髪染めリンス 毎日
白髪染めヘアカラー 1~2ヶ月程度
白髪染めトリートメント 1~3週間程度
白髪染めヘアマニキュア 1~3週間程度
白髪隠し(一時着色料) 都度

各白髪染めをの染める頻度を見てみるとかなり違いがありますね。

白髪染めシャンプー

白髪染めシャンプーは、基本的に使い続ける必要があります。白髪染めヘアカラーのように1度使っただけで染まるようなものではなく、使い続けることで染まっていきます。白髪染めという割にはすぐに変化を実感することはできないため、根気強く使い続けなければならないんですね。

しかも、髪が染まるまで毎日使わなければなりません。なぜなら、色が染まるのには時間がかかるので、毎日使うくらいしないと、色が付くようになるのが先延ばしになってしまうからです。

そういった意味では、白髪染めシャンプーを使う頻度は毎日だと言えます。頻度が毎日とはいえ、シャンプーなので、普段使っているシャンプーと同じように使うだけなので、手軽に使うことが出来るため、面倒に感じることは無いと思います。
(※使い方は商品の説明書に従ってください)

1度で染まる白髪染めヘアカラーは、その効果が長持ちするものの、準備やあと片付けが大変なのに対し、白髪染めシャンプーは毎日使う頻度が毎日ですがいつものシャンプーと同じように使うだけで染まっていくので、準備や後片付けの手間はイヤと言う人には向いている白髪染めだと言えます。

白髪染めリンス

白髪染めリンスも白髪染めシャンプーと同様に毎日使う必要があります。染まるのには時間がかかり、使うごとに徐々に染まっていくため、すぐに染まって欲しい白髪染めを使いたい人には向いていません。毎日使うことで染まるという意味では、使用頻度は毎日と言えるでしょう。

染まりにくい白髪染めである白髪染めリンスは染まるのに時間がかかるデメリットはありますが、リンスタイプなので、入浴や洗髪しながら髪を染めることが出来るというお手軽さが大きなメリットがあります。

また、リンスと言うだけあって素手で使えるほどお肌に優しく、もちろん頭皮にも優しいです。また、白髪染めヘアカラーのように髪に塗って放置するといった使い方ではなく、リンスするのと同じ使い方で染めていくので色ムラも起きにくい特徴があります。

例えば頭の後ろや生え際など自分一人では染めにくいところも、普段使っているリンスと同じように使える白髪染めリンスなら髪全体をちゃんと染めることが出来ます。

お手軽さという意味では白髪染めヘアカラーに比べたらかなり楽ちんに使うことが出来るのが良いですね。一度に染めたいという人でなければ、毎日に使うことに少々面倒さを感じてしまうかもしれませんが、お手軽に染められる白髪染めリンスの方がメリットも多いのではないでしょうか。

低刺激なので、白髪染めヘアカラーで髪が痛んで使うのをためらっている人は、白髪染めリンスは選択肢の一つに入れてもいいのではないでしょうか。

白髪染めヘアカラー

白髪染めヘアカラーは、1度染めただけでその効果は1~2ヶ月程度持ちます。なので、染める頻度は他の白髪染めよりも多くないのが特徴です。

何度も繰り返し使うことで徐々に染まるタイプの白髪染めに比べて、白髪染めシャンプーや白髪染めリンスと言った白髪染めは染まるのに時間がかかるため、すぐに色を付けたいと思う人にとって向いている白髪染めであると言えます。

すぐに染まるのは大きなメリットである一方で、準備や後片付けにかなり手間がかかる、自分では染めにくいところ(頭の後ろや襟足など)を染め残しが無いようにするのに気を付けなければならない、素手で触ると荒れることがあるので手袋をしなければならないなどのデメリット(欠点)もあります。

スポンサードリンク

もし自分で染めるのが面倒であれば、美容室で染めてもらうのはアリだと思います。持ち込みが可能な美容室もあると思うので、自分がお気に入りの白髪染めを持ち込んで使って欲しい場合は、持ち込んでよいか確認されると良いです。

白髪染めトリートメント

白髪染めトリートメントを使う頻度は、1~3週間程度です。髪や頭皮に負担をかけずに白髪を染めることができます。普段使っているトリートメントの代わりに使うだけなので手軽に使うことにできますし、お風呂で手軽に白髪を染めたい人には丁度良い白髪染めです。

なぜ1~3週間程度と幅があるのは、商品によって色持ちの期間に違いがあるからです。実際には人それぞれ髪の状態や色の入り方には違いがあるため、実際に使ってみないと分からないところがあるので、あくまで目安として参考にしてみて下さい。

そんな白髪染めトリートメントですが、トリートメントという言葉が「治療」や「手当て」という意味がある通り、傷んだ髪の手入れをしてくれる働きがあります。

それだけ髪に優しい白髪染めというわけなんですね。白髪染めトリートメントの中には、髪の毛の保護や保湿、補修、育毛効果のある美髪成分等が含まれている商品が販売されています。

もし成分が強い白髪染めを使っていて髪が痛んでしまった場合は、刺激の少ない染料が使われているこの白髪染めトリートメントを使われると良いです。

使っていた白髪染めでアレルギー症状が出てしまった場合に、白髪染めそのものを諦めるのではなく、この白髪染めトリートメントを試してみる価値はあると思います。

白髪染めヘアマニキュア

白髪染めヘアマニキュアの使用頻度は、1~3週間程度です。白髪染めヘアマニキュアは、マニキュアと言う言葉が付いている通り、髪の表面にだけ色をつけることができるカラーリング剤のことです。髪をコートし、ツヤを与えて髪や頭皮への負担がないのが特徴です。なお、パッチテストが不要なものが多く、肌が弱い人でも使うことが出来ます。

ちなみに、白髪染めヘアマニキュアは色落ちや色移りがしやすく、髪が濡れていると服や枕などに色が付いてしまうことがあります。髪の内部までしっかり染めていくわけではなく、表面に色を付けているだけなので、色落ちや色移りがしやすいのは仕方がないのかもしれません。

白髪隠し(一時着色料)

白髪隠し(一時着色料)は、まさに一時的に髪に色を付ける白髪染めなので、シャンプーするだけで、染料が落ちてしまいます。しっかり髪を染めたいなら不向きですが、来客用に白髪をちょっとの間だけ隠したいといったように、少しの間だけ白髪を隠した場合はこの白髪隠し(一時着色料)を使うと良いです。

また、他の白髪染めは、染料を髪に付けたら洗い流す必要がありますが、この白髪隠し(一時着色料)は髪を洗い流す手間がありません。本当にサッと使えるのが良いですね。

髪にも負担が無く使えるので髪に優しいと言える白髪染めですが、雨や汗で、衣類や帽子に色移りすることがあるため、汚れないように気を付けなければなりません。白髪隠し(一時着色料)を付けたまま帽子をかぶってしまったり、服を脱ぐときには色が付かないよう気を付けなければならないのが少々不便ではあります。

使用頻度を守って使いましょう

人差し指を立てる

白髪染めの使用頻度を守って使わないと次のような危険性があります。

髪や頭皮を痛めてしまう

白髪染めによっては、使われている成分が強い白髪染めもあり、そういった白髪染めは髪を痛めやすく、髪の毛がパサついてしまうことがあります。要は、使えば使うほど髪を痛めてしまうわけです。

とはいっても、白髪染めをしても普段は髪を洗いますから、どうしても髪を洗うたびに色が落ちてしまうため、いずれまた髪を染めなければなりません。なので、少なくとも使用頻度を守って使いたいものです。

なお、メーカー側も髪の事を徹底的に研究しているので、メーカーが推奨している使用頻度が説明書に書かれているはずです。なので、あくまでその説明書きに従うようにしましょう。推奨される使用頻度を守らず、短い期間でまた白髪染めを使ってしまうと余計に髪や頭皮を痛めてしまうかもしれません。

最後に

白髪染めのタイプによって、使用頻度が違うことが分かりました。白髪染めによって使用頻度を守ることが髪や頭皮にとって非常に大事です。どのくらいの頻度で使えば良いのか商品の説明書きに書かれていますので、それを守ることが大事です。使用頻度を守って髪をしっかり染めましょう。

スポンサードリンク

関連記事一覧