【もう迷わない】白髪染めで一番色が長持ちするのはどれなの?

スポンサードリンク

白髪染めを選ぶ時にあなたは何を参考にして選んでますか?

染めやすさ?値段?それともニオイのしないもの?・・・などなど、白髪染めを選ぶ条件って人によって様々ですよね。そんな白髪選びの条件の中でも、特に重要視されるのが「一度使ってみて色が長続きするかどうか」だと思います。

白髪染めにも色んな種類があるので、何を参考に選んだら良いのか迷いますよね。そんな白髪染めの中でも色が長持ちするものを選びたい人は多くいるかと思います。

白髪染めって結構面倒だし、月に何度も白髪染めを繰り返さなければならない・・・なんて、できることならしたくないですよね。だからこそ染める回数は減らしたいですよね。

白髪染めの中には髪を洗っても色が落ちにくいものはありますが、何度も繰り返し洗うことで色は落ちていきます。なので、今の髪色を維持したい場合、いずれは染め直す必要があります。

なので、色が長続きしないものは白髪染めするのが面倒な人は選びたくないと思います。一度染めたらもう染めなくても良いなんて白髪染めがあったら良いですが、そうはいきませんよね。だからこそ、どの白髪染めが長続きするのか知っておきたいですよね。

そこで、どの白髪染めが色が長持ちするのかを確かめるため、まずは各白髪染めの色の持続期間について調べてみました。

Contents

各白髪染めの持続期間について

期間

注 意

色持ちの期間はあくまで目安ですので、商品によってある程度の幅があります。また、使用した人によっても色持ちの期間にはある程度の幅がありますので、あくまで目安として参考にしてみて下さいね。

【白髪染め①】白髪染めヘアカラー

持続期間:2~3カ月(目安)

白髪染めヘアカラーは白髪染めの中でも色がかなり長続きする白髪染めで、色が持続する期間は2~3カ月です。しかも、1度でしっかり染まる特徴があります。

1度でしっかり染まる白髪染め、そして長続きする白髪染めを使いたい人にはぴったりの白髪染めだと思います。白髪染めヘアカラーは染めるのに準備や後片付けなどが結構大変なのがマイナスですが、持続期間が長くて何度も染め直しする必要が無いのが良いですね。

【白髪染め②】白髪染めヘアマニキュア

持続期間:約3週間(目安)

白髪染めヘアマニキュアも1度で染まる白髪染めで、期間も3週間程度(目安)なので、比較的長続きする白髪染めと言ってもいいですね。ただし、色落ちしやすい特徴があるので、できるだけ色が長持ちするよう工夫されると良いです。(この記事の中の後半で説明する「白髪染めの色を長持ちさせる方法」を参考にしてみて下さい。)

【白髪染め③】白髪染めトリートメント

持続期間:約1~3週間(目安)

長持ちするタイプと説明されている白髪染めトリートメントも中にはあり、その期間は約1~3週間(目安)程度で色が長持ちします。ただし、ヘアカラーに比べたらやはり期間が短いですね。

色落ちが早いという意見もあるため、使用された白髪染めトリートメントによっては色が長続きしないと感じている人もいるようです。ただし、使いやすいのが特徴で、お風呂で使うタイプなので、白髪染めヘアカラーのように準備や後片付けの面倒さもありません。

【白髪染め④】白髪染めシャンプー

持続期間:約1~3週間(目安)

白髪染めシャンプーは早くて3日で落ちてしまうものもあるくらい色が長続きしないタイプの白髪染めです。なので、落ちてしまう色をカバーするために白髪染めシャンプーを使い続けなければなりません。

なので、長続きする白髪染めを選びたい人には向いていないと言えます。ですが、シャンプータイプなので染めやすく(使いやすく)、続けやすいため面倒な手間もかからないこともあるため、続けやすいので色を維持しやすいと言えます。

【白髪染め⑤】一時着色料

持続期間:1回のシャンプーで落ちてしまう

一時着色料の白髪染めが最も色落ちがしやすく、長続きしません。1回のシャンプーをしただけで落ちてしまうほど色が簡単に落ちてしまう特徴があります。まさに「一時」的に使用するだけの白髪染めなんですね。

考え方を変えると、一時的に染めたいけど、ずっと色が付いたままなのはイヤで、であるとか、しっかり美容室で染めたいけど、今は一時的に代用品として白髪染めを使いたいという人は1回のシャンプーで落ちてしまう程度の軽く使える一時着色料が便利で良いと思う人もいるかと思います。

白髪染めで色が一番長持ちするのは白髪染めヘアカラー

白髪染めヘアカラー

白髪染めで色が一番長持ちするのは白髪染めヘアカラーです。なので、できるだけ色が長持ちする白髪染めを使いたい場合は白髪染めヘアカラーを使われると良いです。今は安い白髪染めヘアカラーが色々と販売されているので、お好みのものを使われると良いです。

少しでも白髪染めの色を長持ちさせる方法ってあるの?

疑問に思う女性

長持ちする白髪染めをいくら使ったとしても、遅かれ早かれ結局は色落ちしてしまいます。ですが、その色落ちを遅くするよう工夫することが出来ます。そこで、その入り落ちを遅らせる方法についていくつかご説明したいと思います。

なので、できるだけ色が長続きして欲しいと白髪染めをした人なら誰でもそう思いますよね。実は、白髪染めの色を長持ちさせる方法がいくつかあります。

【長持ちさせる方法①】しっかり染める

しっかり染めるというと当たり前すぎなのですが、ちゃんと髪に色が入ってない部分が出てしまったり、染め方にムラがあったりすると色が長続きしない場合があります。なのでしっかり染めることが大事です。

美容室で染めてもらう場合はプロの方がやってくれるためしっかり染めてくれますが、自分で染めるとなると「自己流」になってしまうため、今一度染め方をチェックされると良いです。

しっかり染めるには①:染める前にしっかり洗髪しておく

染める前にはしっかり洗髪しておきましょう。なぜなら、髪に整髪料が付いていたり、脂分が髪に残っていたりすると髪に色が入りにくいからです。なので、しっかりそういった汚れを落としておくことで色がしっかり入りやすいんですね。また、洗髪後はしっかり髪を乾かしておきましょう。

スポンサードリンク

しっかり染めるには②:ヘアキャップをかぶって頭皮温度を上げる

白髪染めをする前にヘアキャップをかぶって頭皮温度を上げると良いです。なぜ頭皮温度を上げるのが良いのかと言うと、頭皮の温度が低いと発色が悪くなってしまうからです。なお、ヘアキャップはビニール製のもので、100円ショップで売られているものでも問題ありません。

また、染める部屋の温度を上げておくのも効果的です。涼しい・寒い部屋だと体温が上がりませんし頭皮の温度も上がりません。なので部屋を暖かくしておくと良いでしょう。

しっかり染めるには③:放置時間や染める手順を守る

基本的なことですが、白髪染めには放置時間が決められており、その時間をきっちり守ることが大事です。

決められた放置時間よりも早かったり遅かったりして守らないと、望み通りの髪色に染まらないことがあるので気を付けましょう。タイマーを使って時間を計ると正確なので良いです。また、染める順番も白髪染めの説明の通りに行うことがとても大切です。

【長持ちさせる方法②】色落ちを早めるシャンプーは使わない

普段良く使っているシャンプー。そのシャンプーの中には、色落ちを早めてしまうシャンプーがあります。それは洗浄力の高いシャンプーです。そういったシャンプーを使わないようにすると良いです。

ではどういったシャンプーが色落ちを早めてしまうのかと言うと「石油系界面活性剤」を使っているシャンプーです。「石油系界面活性剤」を使っているシャンプーは非常に洗浄力があるため色落ちを早めてしまうんです。

なので、せっかく白髪染めで染めた髪の色を長持ちさせたい場合は、この「石油系界面活性剤」を使っているシャンプーは使わないようにすると良いです。

ちなみに「石油系界面活性剤」ってなんだか難しそうな用語ですよね。「石油系界面活性剤」とは、石油から作られている界面活性剤の事を言います。

「石油系界面活性剤」が使っているシャンプーの見分け方は、シャンプーの使われている成分(シャンプーの容器の裏に書いてあります)の中に、「ラウレス硫酸」「ラウリル硫酸」の文字が付いている成分が書かれていれば「石油系界面活性剤」が使われていることになります。なので、今使っているシャンプーの成分表を確認されてみると良いです。

では、どういったシャンプーが良いのかと言うと、アミノ酸系洗浄成分を使ったシャンプーを使うのが良いです。アミノ酸系洗浄成分を使ったシャンプーとは、髪と頭皮をいたわりつつ、余分なものだけを落として必要な潤いを残してくれるシャンプーです。

なお、「ココイルグルタミン酸na」「ラウロイル~酸na」「ココアンホ~」といった言葉の付いた成分が含まれていれば、それがアミノ酸系洗浄成分を使ったシャンプーです。

今使っているお気に入りのシャンプーを別のシャンプーに変えるのはイヤだとは思いますが、以上のようにもし色落ちを早めるシャンプーだとしたら、アミノ酸系洗浄成分を使ったシャンプーを使ってみると良いです。

【長持ちさせる方法③】シャンプーする時のシャワーの温度を上げ過ぎない

シャンプーする時のシャワーの温度も色落ちの原因となる場合があります。なぜなら、お湯の温度が高すぎると髪のキューティクルが開きやすくなり、そうなると色落ちの原因となる場合があるからです。

理想の温度は36-38度が丁度良いです。また、熱い温度だと髪のダメージの原因にもなりかねないので、ぬるま湯くらいの温度でシャンプーするようにしましょう。

【長持ちさせる方法④】染めた日はシャンプーをしない

白髪染めによっては染めた後にシャンプーをすると色が落ちてしまうかもしれません。色が定着しにくい白髪染めなら出来るだけその日はシャンプーをするのをやめると良いです。ではいつからシャンプーをしても良いのかと言うと、1日程度置いてからシャンプーをすると良いです。なお、すすぐぐらいなら問題ありません。

ただし、色落ちしやすい「石油系界面活性剤」のシャンプーだとせっかく染めた色が落ちてしまいやすいため、できればアミノ酸系洗浄成分を使ったシャンプーを使うようにしましょう。

シャンプーを変えると買わなきゃいけないからお金がかかってしまいますが、また染める手間と白髪染めを買うお金がかかってしまうため、落ちないようにするためのアミノ酸系洗浄成分を使ったシャンプーを用意するほうがコスパは良いと思います。染めることだけでなく、染めた後のことも考えるのは重要だと思います。

【長持ちさせる方法⑤】シャンプーする時は髪を摩擦させない

髪同士を摩擦させてシャンプーすると色落ちが早くなるため、できるだけ髪を摩擦させず頭皮を中心に洗うようにします。シャンプーを泡立てたら、髪をゴシゴシさせずに気持ち優しく髪をシャンプーするようにします。

【長持ちさせる方法⑥】ドライヤーでしっかり髪を乾かす

白髪染めをした後は、しっかりとドライヤーをすると良いです。なぜなら、髪に染料を定着するようになるからです。ドライヤーを使うときはまず髪をタオルでしっかり水分をふき取ります。

髪のキューティクルは髪が濡れているときは開いてるため、ドライヤーで髪を乾かすことで髪のキューティクルが閉じ、染料を髪の中に閉じ込めることが出来ます。

【長持ちさせる方法⑦】紫外線を避ける

紫外線を浴びすぎると髪が痛んで色落ちが進んでしまいます。綺麗な色が持続できなくなるので出来るだけ紫外線を浴びないようにしましょう。

不必要に紫外線を浴びないようにするには

  • できるだけ外出を避ける
  • 日が当たるところで歩かない
  • 帽子をかぶったり日傘をさす
  • 日が暮れた頃に出かける時間をずらす
  • UVカットスプレーを髪に吹きかける
  • 日差しが強い時間帯は歩かずに車やバスで移動する

どうしても紫外線は避けることはできませんが、以上のように紫外線を避ける方法を参考に、髪へのダメージを出来るだけ避けるようにしましょう。

最後に

長持ちする白髪染めを選ぶのは大事です。染める回数が減り、染める手間も減らせることが出来ますからね。美容室で染めてもらうなら手間の事を考える必要はありませんが、自分で染めるなら準備や後片付けといった手間が非常にかかります。なので、できるだけ染める回数は減らしたいですよね。だからこそ色が長続きする白髪染めを選びたいですよね。

また、白髪染めしても、いずれ色落ちがしてしまうのは仕方のないことではありますが、ここでお話しした通りの「白髪染めの色を長持ちさせる方法」をすれば多少色が長持ちするようにすることはできます。また、長続きするような白髪染めを選ぶことで色が長続きさせることが出来ます。染める回数が減らすことが出来ますね。

なので、一度染めたら長続きする白髪染めを選びつつ、できるだけ色が落ちにくくなり色が長続きするよう工夫されると良いです。

スポンサードリンク

関連記事一覧