【絶対知っておくべき】白髪染めの10のデメリットとは?

スポンサードリンク

白髪染めは白髪を改善するのに最適な方法ですよね。多くの人が白髪に白髪染めを使って綺麗な髪にしていますね。歳を重ねてもキレイな黒髪に染めて、悩ましい白髪の悩みから解放されて日々過ごされています。

そんな白髪染めですが、悩ましい白髪が理想の髪色に改善するわけですからメリットばかりが思いつきます。

そこで、見落としがちな白髪染めのデメリットについてもしっかり考えておきたいと思います。

白髪染めのデメリット

デメリット

白髪染めのデメリットには以下のものが挙げられます。

デメリット
・手が汚れる
・手袋を用意する必要がある
・部屋が汚れる
・手間がかかる
・染め続けなければならない
・自分に合った白髪染めを探しにくい
・染めるのが難しい
・染め残しが出てしまう
・白髪染めによってはアレルギーの可能性がある
・白髪染めによっては染まるのに時間がかかる

【白髪染めのデメリット①】手が汚れる

白髪染めは当然手を使って髪を染めるのでどうしても手が汚れてしまいます。なので、手を汚す・汚れるのがイヤという人や、手を洗うのが面倒という人は家族の人や友人などに手伝ってもらうと良いです。

手伝ってもらえる人がいない場合は美容室で染めてもらうと良いです。

【白髪染めのデメリット②】手袋を用意する必要がある

白髪染めをするのに手袋が必要な場合があります。

1つは手が汚れたくない人。もう一つは手が荒れてしまうのを防ぐためです。手が荒れてしまう、というのはお肌が弱い人が素手で白髪が染めを触ってしまうと触った手が荒れてしまったり赤みが出たりするので素手で触るのはおススメできません。なので、自分のお肌を守るためにも、手袋をつけるのは大事なことです。

特にヘアカラーは刺激の強い薬剤を使用しているものもあるので、お肌が弱い人や敏感肌の人は素手で触るのは良くないので手袋を必ずするようにしましょう。ただし、全ての白髪染めに当てはまるわけではなく、白髪染めシャンプーや白髪染めトリートメントはお肌に優しい白髪染めなので、素手で触っても安全です。(ただし念のためパッチテストはしたほうが良いです)

【白髪染めのデメリット③】部屋が汚れる

髪に染料を塗る間、身の回りのものに染料が付かないように気を付けなければいけません。髪を染めることに集中して周りが見えなくなり、つい壁に染料が付いてしまったり、染料がテーブルや床に染料が垂れてしまったり、部屋が汚れてしまうことがあります。

なので、髪を染めるときは必ず壁の近くから離れてから行う、床が汚れないよう何か敷いておく(汚れてもいいタオルやシート、新聞紙など)、近くにものを置かない、どかしておく・・・など部屋が汚れないように気を付けましょう。

【白髪染めのデメリット④】手間がかかる

ヘアカラーやヘアマニキュアと言った白髪染めは染めるのに手間がかかります。手袋や鏡、コーム(クシ)などお用意する準備が必要ですし、後片付けもしなければいけないので、それが面倒に感じる人には余り向いていません。

ですが、白髪染めシャンプーや白髪染めトリートメントといった白髪染めは準備や後片付けも簡単ですし、お風呂場でお手軽に使うことが出来るのでそちらを使うと良いです。
(普段のシャンプーやトリートメントとあまり変わりなく使うだけなので)

【白髪染めのデメリット⑤】染め続けなければならない

白髪染めをしたら、永久に髪が染まったままというわけではありません。色持ちの長い白髪染めで染めれば長く色が持続しますが、どうしても色落ちしたり、髪が伸びてくるとその伸びた部分は白い、などどうしても髪が白い部分が出来てしまうので染め続けなければなりません。そんなあなたの髪を見て、違和感を感じる人がいるかもしれません。

必ず髪が染まった良い状態がずっと続くわけではないので、髪が染まった状態を維持するためには染め続けなければならず、ずっと染め続けなければいけないことに縛られてしまいます。なので、仕方がないことですが染め上げた状態を維持するためにはお金も手間もかかってしまいます。

【白髪染めのデメリット⑥】自分に合った白髪染めを探しにくい

白髪染めは色々な種類があり、しかも販売されているものは何百とあります。その中から自分に合った白髪染めを探すのは大変です。だからと言って良く分からないから適当に選んでしまうというのは良いことではありません。なぜなら、白髪染めによっては肌に刺激が強く、いきなり使うのは危ない白髪染めもあるからです。

なので、白髪選びは慎重に行うべきだと思います。じゃあどうすればいいのかと言うと、知り合いや家族で使っている人がいれば何かアドバイスを貰うのは良いと思います。もしくは通っている美容院の美容師さんに相談するのもアリだと思います。

また、どんな白髪染めがあるのか本サイトでまとめていますのでそちらのページも参考にして頂ければ幸いです。

【白髪染めのデメリット⑦】染めるのが難しい

白髪染めを自分で何度も使っている人なら慣れていると思いますが、あまり白髪染めを使っていない人にとって染めるのは結構難しいです。正面に見えている白髪は染めやすいですが、頭の後ろや襟足などは手が届きにくかったり手が疲れてしまったりするので難しかったりします。

自分だけでは難しい箇所は誰かに手伝ってもらうか、美容室で美容師さんに染めてもらう方が楽ですね。

【白髪染めのデメリット⑧】染め残しが出てしまう

自分で染めていると染め残しが出てしまう場合があります。

たとえば、頭の後ろや襟足などは染めるのに手が届きにくい場所なので、気が付かずに染め残してしまうことがあるかもしれません。また、使っているうちに白髪染めが足りなくなったり、使う量が染めている部分によって違いが出たりするとキレイに染まらないなんてこともあります。

自分で染めるには慣れるまでは上手くいかないことがあるので、美容室で美容師さんに染めてもらう方が染め残しになやむこともないですしキレイに染めてもらうことが出来ます。

スポンサードリンク

【白髪染めのデメリット⑨】白髪染めによってはアレルギーの可能性がある

白髪染めによってはアレルギーの可能性があります。たとえば白髪染めヘアカラーは髪をしっかり染めるために刺激の強い薬剤を使っているものがすくなくありません。なので、お肌が弱い人・敏感肌の人が使うと肌に赤みが出たり、ヒリヒリしたり、酷い時はアレルギー反応が出てしまいお肌が腫れてしまうといった症状が出てしまう場合もあります。

アレルギー反応が出てしまった場合はすぐに使用を中止しなければ危険ですし、使用する前には必ずパッチテストをしておく必要があります。白髪の悩みを改善するために、肌に異常が出てしまったなんてことがあったらとっても悲しいですよね。

もしアレルギー反応が出てしまうお肌の弱い人は、白髪染めヘアカラーを使うことはおススメできませんが、お肌に優しい白髪染めシャンプーや白髪染めトリートメントであれば使える場合もあります。念のためパッチテストをしておくと安全ですが、白髪染めヘアカラーを諦めた人にとってお肌に優しい白髪染めシャンプーや白髪染めトリートメントを使うことは良い選択だと思います。

【白髪染めのデメリット⑩】白髪染めによっては染まるのに時間がかかる

白髪染めシャンプーや白髪染めトリートメントといった白髪染めは肌に優しい白髪染めで、いつものシャンプーやトリートメントと同じように使えるため使いやすい白髪染めではありますが、髪が染まるのには時間がかかるといった特徴があります。

何度も使うことで徐々に髪が染まっていくといった特徴があるので、すぐに髪を染めたいという人には向いていません。もしパッチテストをしてもアレルギー反応が出ない人であれば白髪染めヘアカラーを使われるのも良いと思います。

白髪染めの注意点

注意

ここまでで白髪染めのデメリットについてみてきました。では次に、デメリットからわかる白髪染めの注意点についてまとめてみました。

【注意点①】使おうとしている白髪染めは自分の肌に合っているか?

白髪染めで気を付けなければいけない一番大事なことは、アレルギー反応が出ないかどうか、自分の肌に合っているのかどうか、ということです。特に白髪染めヘアカラーは髪をしっかり染める特徴があるため、しっかり髪を染めたい人にとっては良いですが、その反面強い薬剤が使われているため、肌にとってかなり刺激が強いです。

なので、良く分からず髪を染めようとすると頭皮に赤みが出たり、腫れてしまったりしてしまうことがあります。白髪染めは白髪を改善する素晴らしいものですが、同時に危険が潜んでいることも忘れてはいけません。白髪を理想の髪色に染めたい気持ちは良く分かりますが、髪を染める前に自分の肌に使っても大丈夫か確認する必要があります。

安全かどうかはどうやって確認すればいいの?

白髪染めが安全に使えるのかどうかは、使う前には分かりません。使用されている成分が梱包された箱に記載があるため、成分を見ればある程度は使って危ないのかどうかが分かりますが、素人には良く分かりませんよね。実際に使ってみて、初めて問題があるのかどうかが分かるんです。でも使ってみないと分からないというと、やっぱりいきなり使うってことなんじゃないの?とかちょっと危ないんじゃないの?って思いますよね。

いえいえ、いきなり髪を染めようとするのではなく、あなたのお肌を使って安全かどうかを確かめます。確かめる方法としては「パッチテスト」と呼ばれる確認方法があります。

パッチテストとは?

パッチテストとは「皮膚アレルギー試験」とも呼ばれています。要は、これから使おうとしている白髪染めを使っても、安全に使えるのかそうでないかを確かめるテストの事です。

パッチテストについて詳しくは下のページでも詳しく説明しています。

パッチテストは少し手間がかかりますがそれほど難しいテストではないので必ずしておきましょう。

【注意点②】使いつづけられる白髪染めか?

もし自分で白髪染めをするなら結構慣れが必要です。顔の正面や横など見えやすい白髪であれば染めやすいですが、頭の後ろの白髪や襟足の白髪など見えにくい白髪などは染めにくいですし、染め残しも出てくるなど結構難しかったりします。

白髪染めヘアカラーや白髪染めヘアマニキュアと言った白髪染めは特に準備や後片付けに手間がかかります。なので、使っているうちに面倒に感じてしまうかもしれません。髪が白いのはイヤだけど、白髪染めを使い続けるのは面倒・・・そう思っている人はどうすれば良いのでしょうか。

準備や後片付けの手間がかからない白髪染めを使う

準備や後片付けの手間がかからない白髪染めを使うのも、長く白髪染めを使いつづけるのには大事なことです。白髪染めシャンプーや白髪染めトリートメントなどは、いつも使っているシャンプーやトリートメントと同じように使うだけなので、準備や後片付けの手間はほとんどかかりません。
※説明書を見て使い方を確認しましょう

なので、こういった手間がかからない白髪染めなら使い続けられると思います。さすがにシャンプーやトリートメントは面倒だから使っていないという人はいないと思いますしね。白髪染めヘアカラーや白髪染めヘアマニキュアと言った準備や後片付けが面倒な白髪染めは面倒という方は手間のかからない白髪染めを使うと良いです。

使いやすい白髪染めが見つからなければ美容室で染めてもらう

自分で白髪染めするのが面倒な人は美容室に行くのが一番楽です。美容師さんは白髪染めするのもプロ級です。やっぱりプロにお任せするのが一番安心ですよね。ただし料金が発生するので、事前に料金の確認をしておき、自分に合った料金で白髪染めしてもらえる美容室を選びましょう。いつも通っている美容室でお願いするのも良いと思います。

最後に

白髪染めは白髪に悩んでいる人にとって救世主のような存在です。なので、自分にピッタリな白髪染めを使って理想の黒髪に染めて満足されている方も多いと思います。ですが、白髪染めの中には、特に肌の弱い人にとって刺激の強い薬品を使っているものもあります。

なので、白髪染めの正しい使い方や危険性をあらかじめ知っておくことは大事です。メリットだけでなく、デメリットもしっかり認識したうえで白髪染めと付き合っていきたいものですよね。あなたにとって理想の髪色に仕上げてくれる白髪染めに出会えたら幸いです。

スポンサードリンク

関連記事一覧