こめかみの白髪はなぜ生えてくるの?原因と対処法はズバリこれ!

スポンサードリンク

あなたはなぜこめかみに白髪が生えてくるか、その理由をご存知ですか?

もみあげの白髪って見た目はキレイじゃないし、なんだか老けているように見られてしまう感じがしてなんだかイヤですよね。もみあげの白髪って抜きにくいし、そこだけ染めるっていうのもなんだか面倒・・・。そんなこめかみの白髪について、なぜ生えてくるのかその原因と対処法について詳しく調べてみました。

なぜこみかみに白髪が生えてくるのか?

まずはなぜこめかみに白髪が生えてくるのか、次の原因が考えられます。

【原因①】ストレス

ストレスを受けている人

こめかみに白髪が生えてくる理由の一つに、ストレスがあります。それはもみあげ付近の血管が関係しています。ストレスを感じると、血管が収縮したままになってしまい血行不良を起こしてしまいます。

血行不良になると髪に着色するよう働きかける「メラノサイト」という細胞の活動が鈍くなったり、必要な栄養素が正常に「メラノサイト」に届けられなくなったりします。すると、髪を着色することが出来なくなるため、髪が白いまま伸びてしまい白髪が生えてしまうわけです。

体内の血の巡りが悪くなると、身体の中でも重要な部位に優先的に血液を送ろうとします。ですが、頭皮やもみあげと言った部位は、身体の中では血を送ろうとする優先度が低いんです。なので、頭皮やもみあげと言った部位は血液が送られるのが後回しにされやすいために血行不良になりやすいんです。

お仕事や人間関係、家庭の事情などストレスを強く受けやすい生活を送っている人は多いかと思いますが、そういった人はそのストレスから血行不良になりやすいですので、もみあげに白髪が生えやすくなります。

ただし、どうしてもストレスから逃れることはできませんので、適度に「ガス抜き」をするようストレスを軽減したりストレス発散するようにしましょう。

【原因②】眼精疲労(目の使い過ぎ)

目が疲れている男性

眼精疲労(目の使い過ぎ)も原因の一つです。目の近くのこめかみには多くの神経細胞が通っています。目を使い過ぎて疲労がたまるとその神経細胞がオーバーワークになってしまい、こめかみあたりの血流が悪くなります。

血流が悪くなれば、「メラノサイト」という細胞の活動が鈍くなったり、必要な栄養素が正常に「メラノサイト」に届けられなくなったりします。そうすると髪に色が付かなくなり白髪が生えてきてしまいます。

パソコンやスマホ、テレビに読書など、普段私たちは目を酷使してしまいがちです。例えば、お仕事でパソコンを使われている方、特にSEのようなエンジニアといった職業の方は長時間パソコンを見なければならず眼精疲労になりやすいです。

でもお仕事だからどうしても長時間使わなければならないために目が疲れやすくなります(必ずしもずっと使っているわけではないという方もいるかとは思いますが)。

ずっとパソコンを使い続けていると眼精疲労が続いて慢性的に血行不良となってしまいます。なので、適度に休憩を入れて、パソコンから少しでも離れるようにしたいですね。

とは言っても普段仕事・スケジュールに追われている状況だと適度に休憩を取るのは中々難しいですよね。。なので、仕事がお休みの日は出来るだけ目を使わない時間を作るようにしたいですね。目を使わない時間を増やすことが大事ですので。

また、無駄に長い時間スマホをいじったり、夜遅くまでスマホをいじり続けるのもやめるようにしましょう。ついダラダラスマホをいじってしまう・・・なんてことを続けていると目を酷使します。

目を酷使してしまうようなことが習慣化されてしまうと眼精疲労の原因となるため、いじり過ぎないようにしましょう。スマホを見続けることと、睡眠不足のダブルの眼精疲労により、相当目には負担をかけてしまっていますからね。

【原因③】加齢

調べものをする老女性

加齢が原因でもみあげに白髪が生えてくることもあります。年を重ねれば、身体の衰えは出てくるものですし、髪も例外ではありません。髪を着色する細胞の活動は鈍くなったり、最悪死んでしまうこともあります。

そうなるともみあげにも白髪が生えてきます。人にってはもみあげは全体的に白くはないという人もいるかもしれませんが、いずれもみあげにも白い毛が生えてきます。

歳を重ねることは避けられないので、加齢が原因の場合は改善することはできないため、白髪染めを使って隠すしかないですね。ただし、もみあげ「だけ」生えている場合は、別の要因もあるかもしれません。

【原因④】遺伝

遺伝を受け継ぐ家族

両親が白髪が生えやすい遺伝子を持っている場合は、その子供にも同じような生え方をしてしまう場合があります。少し前の研究結果(2016年)によると、白髪は親からの遺伝を受け継いでいるとの報告が発表されています。

ユニバーシティ・カレッジ・ロンドンの研究チームは、アフリカ系、ヨーロッパ系、ネイティブアメリカンを含む様々な人種、計6,000人以上のゲノムを分析。結果、白髪の遺伝子だけではなく、髪の色や形状、ひげ、ハゲ、一本眉まで、髪の毛の特徴に影響を与えている18の異なる遺伝子を特定しました。
記事:研究で白髪になる遺伝子特定、白髪は親のせいにしてよし(GIZMODO):https://www.gizmodo.jp/2016/03/irf4.html

ただし、遺伝による因果関係は完全に解明されているわけではないため遺伝が原因であるかどうかは特定が難しいのが現実です。別の要因・・・例えば環境による影響があるかもしれません。食生活だったり生活習慣などが両親と近い場合は似たような白髪の生え方をしてしまうことがあるかもしれません。

なので、食生活や生活習慣を見直すことで良い変化がみられるかもしれません。

【原因⑤】歯や歯茎の病気

歯が痛む女性

歯や歯茎の調子が悪いことで、しっかり噛むことが上手くいかない場合に、血流が悪くなることがあります。いつもはしっかり噛むことで流れていた血流が、いつも通りに噛むことが出来ないために普段通り血液が流れず、血行不良を引き起してしまうことで白髪の原因となってしまう場合があります。

なので、歯や歯茎の状態が悪いのにもかかわらずずっと放置し続けていたり、歯の治療を途中でやめてしまう・・・なんていうことがあれば要注意です。歯の健康はとても大事なので、時間を見つけて歯の治療をしてもらいましょう。普段の歯や歯茎のケアはしっかりしましょう。

【原因⑥】顔に合わない大きさや形の眼鏡をかける

眼鏡が合っていない女性

顔に合わない大きさや形の眼鏡をかけると肌を圧迫してしまうためにストレスを感じたり、もみあげの血行不良の原因となってしまいます。なので、圧迫感を感じないよう眼鏡の形を調整すると良いです。

自分で調整できれば良いですが、眼鏡屋さんの方が細かい調整をお願いすることができます。なので、眼鏡屋さんにまで眼鏡を持ち込んで調整してもらうのが良いです。また、自分の顔に合わないサイズの眼鏡は出来るだけ使わず、交換したほうが良いかもしれませんね。

こめかみの白髪をなんとかしたいときの対処法

こめかみの白髪をなんとかしたいときは次の対処法をやってみると良いです。

スポンサードリンク

【対処法①】ストレスを解消する

ランニングする女性

ストレスを感じると、血管が収縮したままになってしまい血行不良を起こしてしまうため、こめかみの白髪にとってストレスはとても大敵です。なので、ストレスを解消することで、血行不良を改善することが出来ます。

運動したり、自分のご褒美として何か好きなものを買ったり、コンサートやライブに行くなどして溜まったストレスを発散しましょう。

【対処法②】食生活を改善する

栄養が偏った食事やダイエット、食事を抜くといった生活を繰り返していると、髪色を作るメラノサイトと言う細胞の活動に必要な栄養素が不足してしまうため、髪に着色することが出来なくなります。なので、もみあげの白髪の原因となってしまう場合があります。

なので、できるだけ食事は抜かない、無理なダイエットはしない、など食生活を見直して改善するようにしましょう。また、メラノサイトが正常に活動するために必要な栄養が不足しないよう、十分な栄養を摂るようにしましょう。特にタンパク質、ミネラル、ビタミンは必要な栄養素です。

こういった栄養素は食事から摂りたいですが、毎日忙しくて食事をとるのが難しいという人はサプリメントを利用されると良いです。今は様々な栄養をが摂れるサプリメントが販売されていますので、普段の生活で食事で充分でないと思う時に補助的にサプリメントを摂取すると良いですね。

【対処法③】適度に目を休ませる

目を使いすぎるとその神経細胞が疲労してこめかみあたりの血流が悪くなります。血流が悪くなり血行不良になると、メラノサイトに必要な栄養素が行き届かなくなります。なので、適度に目を休ませる必要があります。

目を休ませるには

  • パソコンを使わない(画面を見ない)
  • スマホを使わない(画面を見ない)
  • 本を読まない
  • テレビを観ない
  • 遠くの景色を見る(近いものをずっと見続けない)
  • 寝る
  • 暫く目を閉じる
  • 熱したタオルで目のマッサージをする

以上のように目を使うことから離れて、少しでも目が疲れないようにする、目の疲れを軽減するといったことをすることにより、神経細胞が楽になり目の疲れが取れて血行を良くすることが出来ます。普段の生活では目を酷使することが多いため、できるだけ目を使わない時間を作ることがとても大事なんですね。

【対処法④】十分に睡眠を取る(夜更かしNG)

十分に睡眠を取ることで、眼精疲労が回復しますし、頭もスッキリとして血流が良くなります。睡眠不足になるとメラノサイトがメラニンを生成することができなくなり、こめかみに白髪ができやすくなります。

なので、十分に睡眠を取ることが大事です。普段夜更かしをして睡眠不足になっている人は出来るだけ夜更かしをやめて規則正しい生活に戻し、十分に睡眠を取る習慣に切り替えましょう。

ただし、寝すぎたり、質の悪い睡眠を取ると効果が弱いです。枕やベッドなど自分に合ってないものを使うと睡眠の質が悪くなるため、自分に合った眠る環境を整えるようにしましょう。いくら寝ても疲れが取れない、なんてことでは目の疲れも改善されませんからね。睡眠を取るなら「量」と「質」にこだわりましょう。

【対処法⑤】リラックスできる時間を作る

ストレスを感じると血管が収縮したままになってしまい血行不良になってしまいますが、リラックスできる時間を作ることで、身体の緊張が緩和できて血管の収縮も収まります。

なので、リラックスする時間を作ることは血行不良の改善にもつながります。自宅でも良いですし外でも色々とリラックスできる場所はありますよね。仕事がお休みの時は出来るだけリラックスるするための時間を作るようにしましょう。

リラックスするには

  • 一人になる時間を作って人と接しない
  • 散歩する
  • 森林浴する
  • 入浴や半身浴をする
  • 銭湯やスーパー銭湯などに行く
  • 寝る
  • しばらくぼーっとする
  • 深呼吸する
  • コーヒーやお茶を飲む

【対処法⑥】もみあげをマッサージをする

もみあげをマッサージすることでもみあげの内側の毛細血管を刺激することでその毛細血管に血液が流れやすくなります。何だか目が疲れて来たなーと言う時にマッサージしてあげるのも良いと思います。また、できれば定期的にもみあげをマッサージしてあげると良いですね。習慣化できると良いと思います。

ただし、マッサージをするときに力を入れすぎたり、指(爪)を立て過ぎると痛かったり、毛細血管を痛めてしまうので力加減には気を付けましょう。時間は5分程度行うと良いでしょう。ただし無理しない程度に、何度か行うのが効果的です。

改善できなければ白髪をカットするか白髪染めをする

人差し指を立てる女性

色々やってみたけどやっぱりもみあげに白髪がどうしても生えてきてしまう・・・という場合は、白髪をカットするか白髪染めをするかしかないですね。ただこれは根本的な解決にしかないので微妙ですが。。白髪が生えてくるのには様々な要因があるため、いくつか改善策を試しても解決には至らないことはあります。なので、スパッと白髪をカットするか白髪染めをすることを検討されると良いです。

もみあげの白髪を抜くのはおススメできません

「×」を出す女性

色々試したけどやっぱりもみあげに白髪が生えてくる・・・でも白髪染めするのは面倒だから抜いちゃえ!なんて、もみあげの白髪を抜くのはおススメできません。それは、抜くこと自体痛いですし頭皮を痛めますし、(抜いたところの)薄毛の原因にもなります。

抜いてもまた生えてはきますが、やはりもみあげや頭皮にとっては良くないことですので、せめて切るくらいにしておきましょう。できれば染めるかカットするかが良いと思います。

最後に

ここまでで、こめかみの白髪がなぜ生えてくるのかその原因と対処法について詳しく調べてみました。もみあげがなぜ生えてくるのか、まだまだ解明できていないところもあり、これをやれば絶対改善するとは言い切れないところはあります。

なぜなら、もみあげが生えてくる理由が様々な要因が重なっている場合があるからです。しかも、なぜもみあげが生えてくるのかは人それぞれ原因は違いますし、あなたに生えている白髪の原因はコレ、と特定するのは難しく、できることをできるだけやるしかないんですね。

なので、もみあげに白髪が生えてこないよう、髪を着色する「メラノサイト」が正常に活動できるようしっかり睡眠を取ったり、眼精疲労にならないよう目に優しい生活習慣を送るなそ、今できる事をやっておきましょう。

スポンサードリンク

関連記事一覧