【必見!】白髪の予防ってどうすれば良いの?最も良い対策はコレ!

スポンサードリンク

急に増えてきた白髪、あなたはどうしてますか?

多くの人は白髪を改善するのに白髪染めをされていると思いますが、できれば生えてこないよう予防することが出来たら良いですよね。年齢や遺伝などが関係しているかと思って諦めてしまっている人はいるとは思いますが、生えてこないようにするのに予防することはできないのでしょうか?

そこで、白髪を予防する方法について詳しく調べてみました。

白髪を生えてくるの予防するには

白髪を生えてくるのを予防するにはいくつかの方法があります。

【予防①】睡眠を十分にとる・睡眠不足を改善する

寝ている犬

睡眠不足の状態になったり、睡眠不足の状態が続くと、成長ホルモンの分泌が妨げられてしまい、血行不良を引き起こしてしまい場合があります。血の巡りが悪くなると、酸素や栄養の流れが悪くなるため、髪の色素を作る「メラノサイト」の細胞の働きが悪くなったり、最悪死んでしまうこともあります。

この「メラノサイト」が無ければ髪が黒くならないというわけです。だからこそ、「メラノサイト」にとって睡眠が大事というのが分かります。「メラノサイト」の細胞が正常に活動してもらうためにも、睡眠をしっかりとるようにしましょう。

お仕事で帰りが遅かったりや家庭の事情(赤ちゃんの寝かしつけや家族の面倒など)と言った場合はどうしても睡眠不足になりやすいので仕方ないですが、ゲームやテレビ、パソコンなどで夜更かしするようなことがあれば、できるだけやめて夜はしっかり眠るようにしましょう。特にスマホやパソコンなどのブルーライトを浴びすぎると、目や睡眠に影響を及ぼすため余計に眠れなくなってしまいます。なので、スマホやパソコンを遅くまで使う習慣を見直す必要があります。

【予防②】ストレスを出来るだけ受けないようにする

ストレスが溜まっている女性

ストレスを受けると体がこわばり、全身の血管が収縮して、血行不良を引き起こしてしまいます。髪は血液を栄養にしてできているので、血流が悪くなれば、当然髪にも栄養は届きにくくなります。なので、メラノサイトの働きも弱まってしまうので、髪に色が付かなくなるかもしれません。

ストレスは、活性酸素を発生させ、細胞の老化を早めていきます。また、ストレスは自律神経の乱れを招くため、メラノサイトにダメージを与えることになります。メラノサイトがダメージを受けてしまうとメラノサイト自体が正常に働かず、髪に着色される前の髪が育ってしまう可能性があります。

もしストレスを軽減できれば、血流も戻って血行不良が改善されるかもしれません。なので、ストレスは髪によくありません。普段お仕事をされている方はストレスを避けることは難しいとは思いますが、できる限りストレスを受けないようにしたいですね。

たとえば、休日にイヤなことを忘れるためにも思いっきり好きなことを夢中で楽しむ、お風呂にゆっくり入る、いつもよりも早く寝て睡眠を取るなど、ストレスを軽くするようにするのも大事です。ストレスをなくすことは無理ですが、軽くする方法はいくつか実践できると思うので、ストレスを忘れられるようなことを時間を見つけて実践すると良いと思います。

ストレス解消に効果的なことなら次の事をやってみると良いかもしれませんね。できることからやってみるとストレスから解放されるかもしれませんね。他にもありそうですが、忙しい毎日を過ごす中で休みの日を下のようなことをやってストレスを忘れられるようにしたいですね。

ストレス解消になりそうなこと

    運動をする女性

  • いつもよりたくさん睡眠を取る:しっかり眠ればストレスのことを忘れられるかもしれません。
  • 入浴する:お風呂に入ることで心も体もリラックスできるのでストレスから解放されるかもしれませんね。
  • アロマテラピーを使う:アロマテラピーにより心がリラックスできます。お好きな香りのものを使って心をリラックスさせましょう。
  • 外出する:出かけることで気分転換できるので、ストレス解消につながります。
  • 買い物をする:好きなものを買うとストレス解消になりますね。
  • 旅行する:今いる環境から離れて色々なものを見て聞くことはストレス解消につながりますね。
  • 良く笑う:笑うことはストレス解消になります。好きなお笑い番組を見たり、友達の会話などで冗談を言い合いながら笑っていると効果的です。
  • 何も考えずにぼーっとする:忙しかったり人間関係から離れて何も考えずにぼーっとするとストレスが軽減されます。
  • 動物に触れあう:猫や犬など、動物に触れあうことでストレスが軽減されます。動物好きには最高の癒しになりますよね。
  • ネコカフェ・ウサギカフェなどに行く:身近に犬や猫などと触れ合う機会が無ければネコカフェ・ウサギカフェなどに行くと良いですね。
  • 森林浴する:森林浴によって心が洗われる気持ちになります。ストレスを忘れられる時間になりますね。
  • 映画を見る:観たい映画を見るとストレス解消になりますね。
  • コンサートやライブに行く:コンサートやライブもストレス発散には効果的ですね。
  • 読書する:読書は本の世界観にどっぷりつかれるのでストレスを忘れさせてくれる効果が期待できます。
  • 叫ぶ・大声を出す:場所は限られますが(カラオケやライブ会場などが良いかも)、叫んだり大声を出すのもストレス発散には良いですね。腹の底から声を出すって気持ち良かったりします。
  • 瞑想する・ヨガをする:瞑想やヨガをすることによって心と体がほぐれていきます。ストレスを軽くする効果が期待できます。
  • スポーツ観戦する:野球やサッカーなど、好きなチームを生で応援するとストレス解消になりますね。
  • 筋トレをする:筋トレするといい運動になりいい汗もかくことができるのでストレス発散になりますね。
  • ジムに行く:ジムで汗をかくとストレス解消になりますね。
  • 運動する:ランニングしたり自転車で走ってみたり、運動することで良い汗をかくことが出来るのでストレス解消には良いですね。
  • 部屋を片付ける:散らかってしまった部屋を掃除すると気持ちが良いものです。ストレスが解消できるだけでなく部屋も綺麗になるので良いことばかりです。
  • 音楽を聴く:好きな音楽を聴くことはストレスを軽減するのに効果的です。
  • 色んなサークルに参加する:世の中には色んなサークルがあるので、思い切って参加してみると良い刺激になってストレスも軽減できますね。
  • 飲み会をする・参加する:飲み会に参加することでワイワイ楽しく時間を過ごすことが出来ます。羽目を外したり飲み過ぎない程度に盛り上がるとストレスも吹き飛んでしまいますね。
  • 実家に帰る:たまには実家に帰ってご両親と接してみるのも良いですね。実家の回りの風景を懐かしんだり、地元の知人に会ったり、飼っているペットとの再会が良い刺激になると思います。

【予防③】食生活を見直す・改善する

サラダを食べる女性

栄養が偏った食事やダイエット、また1日1食と言った生活を繰り返していると、「メラノサイト」の活動に必要な栄養素が不足してしまい、髪に着色しない状態のまま髪が生えてきてしまうことで白髪が生えたり増えたりしてしまうことがあります。

また、髪色の素であるメラニン色素は、毛根と頭皮に十分な栄養がないと作られません。なので、普段の食生活において「メラノサイト」の活動に必要な栄養素を摂ることはとても大事です。食生活を見直して改善するのも白髪予防に効果的というわけなんですね。

なお、白髪予防で摂っておきたい栄養素は次のものがあります。

タンパク質

卵かけご飯

たんぱく質は健康な髪の毛を作り出すのに必須な成分です。たんぱく質は髪の主成分でもあり、強い髪を作るためには欠かせません。頭皮を健康にする効果もあるので、メラニン色素を作る細胞であるメラノサイトの活性化にもつながってきます。たんぱく質だけを摂っただけでは黒い髪が生えてくるわけではありませんが、メラノサイトの活動のためにもたんぱく質の摂取はとても大事です。

ちなみに、たんぱく質は肉類、卵、牡蠣、しらす、いくら、たらこ、カツオ、アジ、まぐろなどに含まれます。

チロシン

たらこ

チロシンはアミノ酸の一種で、メラニン色素の原料とも言われています。このチロシンが不足すると、メラノサイトがメラニン色素を生成することが出来なくなってしまいます。なので、チロシンは髪が黒くなるのに無くてはならない栄養素です。

ちなみに、チロシンはチーズ、乳製品、しらす干し、たらこ、ピーナッツ、りんご、納豆、バナナ、アボカドなどに含まれています。

レバー

スポンサードリンク

鉄分が不足すると貧血になりやすくなります。貧血になり血液が減少している状態だと、チロシンが運ばれてくる量そのものが減ってしまいます。なので、チロシン不足になり、白髪の原因となってしまうわけです。また、貧血により酸素が体の隅々まで充分に行き渡らなくなると「メラノサイト」自身も酸素不足で機能不全になってしまうこともあります。なので、鉄分が不足して貧血状態にならないよう気を付ける必要があります。

ただし、白髪には様々な要因が重なって生えてくるわけなので、鉄分だけしっかり補給しても白髪が完全に改善するというわけではありません。ですが、「メラノサイト」がしっかり活動できるよう、鉄分が不足しないようにしておくことが大事です。

レバー、赤身の肉や魚、貝類、大豆製品に鉄分が多く含まれています。

ごま

実は「銅」は黒髪になくてはならない存在です。というのも、チロシナーゼという酵素を使って「メラノサイト」がチロシンを酸化することにより黒いメラニン色素に変えるよう働きかけます。そして、このチロシナーゼの材料になるのが「銅」なのです。なので、「銅」が無ければチロシナーゼが作られませんし、黒いメラニン色素が作られることもありません。

「銅」が不足することは白髪を増やしてしまう原因となるかもしれないため、「銅」をしっかり摂る必要があるわけなんですね。ただし、今は「銅」が摂取できるサプリメントが販売されていますが、過剰に飲んだりすると逆効果になるかもしれません。良かれと思ってたくさん飲まずに適量を飲むようにしましょう。

なお、牛肉のレバーやホタルイカ、干しエビに多く含まれており、そのほかに豆類やカシューナッツ、ゴマなどにも含まれています。

亜鉛

カキ

亜鉛による白髪改善の因果関係は分かっていない部分が多いです。亜鉛を摂取したからと言って白髪が改善された、というわけにはなりませんが、白髪の原因である活性酸素を除去する効果が認められています。また、亜鉛は、黒髪の色素であるメラニンの生成を促すという効果で知られています。なので、亜鉛をしっかり摂取しておくことは白髪にとっても大事であると言っても良いと思います。

亜鉛が含まれる牡蠣や煮干し・レバー・豆類・木の実などで摂ることが出来ます。サプリメントならお手軽に亜鉛を摂ることが出来ますが、サプリメントが苦手な人はこういった食材を中心に食べると良いです。

カルシウム

牛乳

カルシウムはメラニンを作る細胞「メラノサイト」の活動を活発にする働きがあります。カルシウムが不足するとメラノサイトの働きが悪くなってしまうんです。なので、メラニン色素が作られなくなり、髪に栄養が届かなくなってしまいます。髪を黒くする成分がなくなってしまうため白髪が生えてしまうというわけです。

たとえば、妊娠してからや、出産した後に白髪が増えてしまう女性がいるかと思いますが、それはカルシウムがかなり不足していることが理由にあると言われています。白髪が増えるのはカルシウムが不足しているだけが理由というわけではありませんが(様々な理由が関係しているとは思いますが)、お腹の赤ちゃんにたくさんの栄養素が届けられていることで、必要な栄養素が不足してしまい、髪を黒くする細胞の活動が鈍ってしまっているのかもしれません。

ホルモンバランスの乱れが原因の白髪には、カルシウム不足にあるとも言われているので、妊娠中はカルシウムを補うことが出来るようカルシウムが十分に摂れるものを食べるようにした方が良いですね。(食べても問題ないものを選びましょう)

ちなみにカルシウムは、牛乳、チーズ、煮干し、小松菜などから多く摂取することが出来ます。

ビオチン

豆

ビオチンは、「ビタミン7」「ビタミンH」などと呼ばれている水溶性ビタミンのひとつです。ビオチンを摂取することでメラノサイトを活性化させる働きがあると言われています。

肉類や魚類、卵などで、特に牛レバー、他にも野菜や乳製品、特に豆類にビオチンが多く含まれています。


なお、こちらの記事でも白髪を予防する栄養素や食べ物について説明していますので、合わせてご覧いただければ幸いです。

【予防④】運動する

ランニングをする女性

運動することは白髪改善に少なからず効果的であると言えます。なぜなら、血行不良が白髪を増やす原因となるため、運動することで頭皮の血行不良が改善されるかもしれないからです。頭皮の血行不良は必要な栄養素が正常に毛根へと送られなくなるため、メラノサイトの働きが悪くなってしまいます。なので、必要な栄養素がしっかりと送られるよう血流を正常にしてくれる運動はとても大事なんです。

運動不足の人は運動するのが大変だと思いますが、血行不良の改善のため、白髪が増えないようにするためにも運動するようにしましょう。

【予防⑤】頭皮のマッサージをして血行不良を改善する

頭皮マッサージをしてもらっている女性

頭皮のマッサージをして血行不良を改善することは白髪改善にとても大事なことです。血行不良は白髪の原因と言われています。なぜなら、血行不良だと髪を着色する細胞である「メラノサイト」に必要な栄養素が届きにくいからです。そもそも頭部は心臓よりも上にあるので血行不良が起きやすいのですが、頭皮をマッサージしてあげると血流が十分に促されます。

血行不良の状態が続くと、「メラノサイト」の活動に必要な栄養素が届きにくくなって「メラノサイト」の活動が鈍くなり、髪が着色されずに白髪が生えてきてしまうかもしれません。白髪が増えないようにするためにも、頭皮マッサージをすると良いです。なお、たまにはヘッドスパを利用するのも良いと思います。ヘッドスパなら頭皮マッサージをしてもらえるだけでなく、頭皮マッサージのコツなど教えてくれるかもしれませんからね。

お金はかかりますがちょっぴり贅沢な時間を味わうことでストレスの解消にもつながると思うので、白髪改善にとても効果的だと思います。

【予防⑥】サプリメントを飲む

サプリメント

今は白髪予防や白髪改善のためのサプリメントが色々と販売されています。他にも、必要な栄養素を補うサプリメントも販売されているので、飲まれてみると良いです。普段の食事だけでは不足しがちな亜鉛や銅、チロシンと言った栄養素がお手軽に摂ることが出来るのは非常に便利です。

理想は食事で必要な栄養素が摂れればいいのですが、それが難しい人は選択肢としてサプリメントを選ぶものアリだと思います。

【予防⑦】禁煙する

禁煙する

禁煙するのも効果的です。禁煙したほうが良いとおっしゃるお医者さんもいるほどですからね。煙草に含まれるニコチンには血管収縮作用があり、血管が縮めば、血液の流れが悪くなります。血液の流れが悪くなる=血行不良となり、メラノサイトの活動が鈍くなります。また、喫煙時はビタミン不足も引き起こす要因となります。ビタミンが不足するとメラノサイトの活動が低下し、白髪が生えてくる原因になりやすいです。

なので、禁煙することは白髪改善に効果的であることが分かります。

【予防⑧】紫外線から髪を守る

日傘を指して紫外線を避ける女性

髪が紫外線を浴びるとダメージを受けます。紫外線のダメージは「メラノサイト」にも影響を与えます。紫外線を浴び続けると、「メラノサイト」がダメージを受けてしまい、最悪黒い髪が作れなくなってしまいます。髪に着色する活動が壊されてしまうんですね。

肌と同じように、髪にとって紫外線はとても影響が強いものであるため、できるだけ紫外線を浴びないようにしましょう。とはいえ全く紫外線を浴びないようにするのは無理だと思うので、帽子をかぶったり、日傘をさすなどしてできるだけ紫外線から髪を守るようにしましょう。

【予防⑨】使用しているシャンプーやトリートメントを見直す

シャンプー・トリートメント

現在白髪染めシャンプーや白髪染めトリートメントが販売されています。これは髪を染めるためにあるものですが、普段使っているシャンプーやトリートメントを白髪染めシャンプーや白髪染めトリートメントに置き換えることで、白髪予防に効果的だと思います。

【予防⑩】お酒を飲み過ぎない

お酒

これは極端にお酒を飲み過ぎた話ですが、アルコールはの利尿作用がありますが、お酒を飲み過ぎて慢性的に無自覚な水分不足に陥っている場合は、血行不良になってしまう場合があります。血行不良は白髪を増やしてしまう原因となるため、お酒の飲み過ぎは白髪の原因になる可能性があります。

ただし、適量のお酒なら、血行が促進されたり、ストレスの解消にもなるのでメリットがあります。どんなことにも言えることですが、度が過ぎるのは良くないです。メラノサイトの活動に必要な栄養素でも過剰摂取は逆効果になってしまいますし、お酒もまた同じです。お酒の飲み過ぎには注意しましょう。

最後に

白髪の予防について調べてみました。

白髪は様々な要因により生えてきます。また、その要因がいくつも重なって生えてくる場合があります。まだまだ白髪が生えてくる仕組みは解明されていないことも多く、今自分が生えている白髪がどんな理由なのか特定するのは難しかったりします。なので、これをやっておけば完璧に白髪は生えてこなくなるということは言えません。

それだけ白髪と言うのはまだまだ謎が多いですし、いまだに髪が真っ白のままの人がたくさんいるのも事実です。ですが、一つでも予防策を取り入れておけば変化が出るかもしれません。なので、今回挙げた予防策についてできることを実践されてみてはいかがでしょうか。

スポンサードリンク

関連記事一覧