【注目!】白髪を予防するのにぴったりの食べ物とはいったい?

スポンサードリンク

白髪を予防するのにピッタリの食べ物っていったい何なのかご存知ですか?

白髪に髪を黒く着色する細胞が正常に活動すれば綺麗な黒髪が生えてくるわけですが、その細胞が正常に活動するための栄養素が不足してしまうと、髪に色が付かずに白髪が生えてくることがあります。

なので、髪を黒く着色する細胞が正常に活動するのに必要な栄養素をしっかり摂ることで白髪を予防することが出来るかもしれません。白髪染めをするのも良いですが、体の内側から白髪を予防することも、白髪を改善するのにとても効果的です。

そこで、白髪を予防するのにピッタリの食べ物っていったい何なのか調べてみました。

白髪予防にピッタリの食べ物

食事

白髪予防にピッタリの食べ物には次のものがあります。

【食べ物①】海藻類

海藻にはヨード(ヨウ素)が含まれています。ヨードは「メラニン」と呼ばれる色素を産生する細胞である「メラノサイト」を活性化し、細胞の代謝や成長を促すよう働きかけます。ヨードをしっかり摂取することにより、直接白髪の改善になるわけではありませんが、メラノサイトを活性化を促すためにもヨードが含まれる海藻を食べておきたいところです。

海藻類の例:コンブ、ヒジキ、ワカメ、海苔など

コンブ、ヒジキ、ワカメ、海苔などに含まれています

【食べ物②】乳製品

乳製品には、メラニン色素の原材料となるチロシン(4-ヒドロキシフェニルアラニン)という栄養素が含まれています。特にチーズは含有量が多いと言われています。

チロシンはメラニン色素を作る原料の一つであり、髪が黒くなるのに大事な成分です。このチロシンが不足してしまうとメラニン不足の原因となって髪に色が付かなくなるので、黒い健康な髪のためにもチロシンが含まれる乳製品を摂ることが大事なんですね。

なお、不足したチロシンは乳製品を摂ることで補うことが出来ますが、体内でもチロシンは作られます。

乳製品の例:牛乳、ヨーグルト、チーズなど

牛乳、ヨーグルト、チーズなどに含まれます。

【食べ物③】豆類

大豆には100gあたり1000mg以上と非常に多くのチロシンを含んでいます。

また、健康な髪を作るにはタンパク質が大事ですが、豆類にはタンパク質を豊富に含んでいます。

さらに、豆類にはエストロゲン(大豆エストロゲン)と言う成分が含まれており、大豆のイソフラボンは化学的な構造がエストロゲン(女性のホルモン)に似ています。

なお、大豆エストロゲンは髪の毛を黒くする作用があることが大学の研究実験にて確認されています。(マウスでの実験)

ちなみにエストロゲンが減少すると白髪が増えると言われています。エストロゲンが減少すると、メラノサイトの機能低下に繋がってしまったり、エストロゲンは血管拡張作用があるため、逆に減少した場合血液の滞りが出てくる可能性があります。

するとメラニン色素が十分に作られないまま髪が成長してしまったり、毛乳頭に十分な栄養や酸素が届かないことによって白髪の発生を促してしまうことに繋がります。

以上により、豆類を摂ることは白髪を防止するのに大事です。

豆類の例:納豆、大豆など

納豆、大豆などに含まれます

【食べ物④】魚介類

魚介類はミネラルを含む食べ物です。ミネラルの中でも「銅」が効果的な成分で、メラノサイトが働くのに必要な「チロシナーゼ」はミネラル(銅)によって生まれています。白髪が生える原因としてはこの「銅」が不足していることが要因となる可能性があるため、「銅」を含む魚介類を食べるのが効果的です。

また、魚介類には亜鉛も含まれています。亜鉛はメラニンの生成をサポートし黒髪を維持するのに必要なミネラルだと考えられています。なので、亜鉛を含む魚介類は白髪の改善に期待できる食べ物と言えます。

魚介類の例:

エビ・かに・イカなど

【食べ物⑤】黒ゴマ

黒ゴマも白髪予防に役立つ成分が含まれています。というのは、黒ゴマの黒い色素に、ポリフェノールやアントシアニンなどの抗酸化成分が多く含まれています。

ただし、黒ゴマを摂ることで白髪が改善するというわけではありませんが、黒ゴマには白髪の予防に役立つ成分が多く含まれています。

白髪予防にピッタリの栄養素

食材・栄養素

白髪予防にピッタリな食べ物について分かりましたが、さらには白髪予防に効果的な栄養素についても何が良いのかまとめてみました。

【栄養素①】たんぱく質

良質なたんぱく質を取ることで健康な髪を作るのに役立ちます。ツヤとハリのある健康的で美しい髪を作り出すために不可欠なたんぱく質を摂ることは白髪予防に効果的です。髪の毛の約8割はたんぱく質でできているので、たんぱく質が不足すると、白髪も増えてしまいます。

たんぱく質を多く含む食べ物:肉類、卵、牡蠣、しらす、いくら、たらこ、カツオ、アジ、まぐろなど

肉類、卵、牡蠣、しらす、いくら、たらこ、カツオ、アジ、まぐろなどに含まれます

【栄養素②】ビタミン類

ビタミンの中でも「ビタミンC」「ビタミンB12」「ビタミンB9」といったビタミンが効果があると言われています。

なお、ビタミンが不足するとメラノサイトの活動が低下し、白髪が生えてくる原因になりやすいです。

【ビタミン①】ビタミンC

ビタミンCは、メラノサイト細胞の働きが低下させてしまう活性酸素から細胞や皮膚を守ってくれます。

また、強い抗酸化作用があるので、白髪の原因である過酸化水素を解毒するよう働きかけます。

さらには、白髪に効果が期待できる亜鉛と鉄の吸収力を高めてくれる効果も期待できます。

ビタミンCが含まれる食材

果物(赤ピーマンや芽キャベツは多いです)、野菜(キウイフルーツやレモンが多いです)、イモ類など

【ビタミン②】ビタミンB12

ビタミンB12は、水に溶ける水溶性ビタミンの一つです。

ビタミンB12が不足すると、髪の毛の色となるメラニン色素を作るメラノサイトの活動低下や、メラニン色素の原料不足につながります。

なので、不足しないよう気を付ける必要があります。

ビタミンB9(葉酸)が含まれる食材

しじみやあさり、赤貝と言った貝類や焼きのりなど

スポンサードリンク

【ビタミン③】ビタミンB9

葉酸は「造血ビタミン」とも呼ばれ、血液を増やすために欠かせない栄養素です。葉酸が不足したり、貧血になったりすると血液の流れが滞ってしまいます。すると毛母細胞に栄養や酸素、黒髪を作る色素を届けることができなくなってしまうので、自然と白髪が増えてしまいます。

ビタミンB9もまた、メラニン色素を作るメラノサイトの機能を活性化し、メラニン色素を増加させる栄養素です。

ビタミンB9(葉酸)が含まれる食材

レバー、うに、すじこなどの食材

【栄養素③】ミネラル

ミネラル不足は白髪の原因となっているかもしれません。メラニン生成や活性化に必要な栄養素です。特に次のミネラルは白髪予防に効果的な成分と言われています。

【ミネラル①】カルシウム

カルシウムは「メラノサイト」を活発にする働きがあります。

カルシウムが不足していると、「メラノサイト」の活動が低下してメラニン色素の生成される量が減ってしまい、白髪が増えてしまうかもしれません。

カルシウムが含まれる食材

牛乳、チーズ、煮干し、小松菜などから多く摂取することが出来ます。

牛乳やチーズなどの乳製品が苦手な人は、煮干し、小松菜と言った食材を食べるようにしましょう。

【ミネラル②】亜鉛

白髪になるのは亜鉛が不足したためと言われています。

なので、亜鉛はメラニンの生成をサポートし黒髪を維持するのに必要なミネラルだと考えられています。

ただし、亜鉛そのものが白髪を改善する力はそれほど高くないとも言われています。ですが、しっかり摂取しておくに越したことはありません。

亜鉛が含まれる食材

牡蠣(カキ)やホタテ、レバー、卵、納豆など

【ミネラル③】銅

ここでいうミネラルとは「銅」のことです。メラノサイトが働くのに必要な「チロシナーゼ」はミネラル(銅)によって生まれています。

なので、白髪が生えたり増えたりする原因としてこの「銅」が不足していることが要因となる可能性があります。銅が不足することでメラニン色素の生成ができなくなるからです。白髪改善にとってはこの「銅」を摂取することが大事なんですね。

銅が含まれる食材

主に魚介類などに豊富に含まれています。

【栄養素④】チロシン

メラニン色素は、チロシンという非必須アミノ酸から生成されます。

なお、メラニン色素の生成にはチロシナーゼという酸化酵素が必要になります。

もしチロシンが不足してしまうと、メラニン色素の生成が行われなくなり、髪が着色されず白いままとなり白髪が生えていてしまいます。

なので、チロシンが不足しないよう、チロシンを含む食べ物を摂ることがとても大事です。

チロシンが含まれる食材

チーズ、乳製品、しらす干し、たらこ、ピーナッツ、りんご、納豆、バナナ、アボカドなど

白髪になりやすい原因となる食生活

暴飲暴食する女性

偏食

偏食は白髪を予防するために必要な栄養素がしっかり摂れてない状態になります。好きな物だけ食べたり、野菜嫌いで野菜は食べない、お菓子ばかり食べる、などなど非常に偏った食事をしている人は気を付けなければいけません。

非常に偏った食生活を繰り返すと必要な栄養素が不足してしまう状態になるので、当然髪を着色する細胞の活動に必要な栄養素が不足してしまいます。なので、髪を着色する細胞の活動が鈍くなったり、最悪活動しないといった状態になるかもしれません。

偏った食生活を続けるのは体にも髪にも良くないので、白髪を予防するためにも食生活を改善するようにしましょう。

過剰なダイエット

ダイエットは悪いことではありませんが、過剰なダイエットを続けることは宜しくありません。食事を減らすことで髪に着色する細胞の活動に必要な栄養素をまで摂取不足に陥るか可能性があるからです。

過剰な食生活も続けるのは体にも髪にも良くないので、白髪を予防するためにも適度に食事を改善するようにしましょう。

食事を抜く

朝食を摂らない、仕事が忙しくて昼食を抜いてしまう・・・そんな生活を送っている方は多くいらっしゃると思います。忙しい毎日を送っているなら、それは仕方ないことですよね。

出来るなら3食を摂るのが良いですし、しっかり食事を摂ることで白髪の予防にもつながります。なかなか難しいとは思いますが、できるだけ食事は抜かずに食事をして白髪の予防となる栄養をが不足することが無いようにしたいですね。

食べ物や食生活に気を使うのが面倒な人は

運動が面倒な女性

白髪を予防するのにぴったりの食べ物についてご紹介しましたが、ご紹介した食べ物をすべて摂るのは大変・・・と思われるかもしれません。また、今の食生活を改善するのはなかなか大変、と思われるかもしれません。確かに、忙しい日々を過ごしている人はそんなのやってられないと思われるのは仕方がないことですね。

そこで活躍するのがサプリメントです。サプリメントなら、不足している栄養素をお手軽に摂ることが出来るのでとても便利です。

亜鉛や銅、カルシウムやチロシンといったものがお手軽に摂取できるサプリメントもあります。なので、普段の食生活で偏った食事や過度なダイエットをしている人はサプリメントを飲むことを検討されるのは良いと思います。

サプリメントの中には数百円から数千円まで値段には幅がありますが、様々なサプリメントが販売されており、お手頃価格のものもあるので、気になる栄養素のサプリメントを探してみると良いです。

最後に

ここまでで白髪を予防するのにぴったりの食べ物をご紹介しました。ただし、これらの食べ物を食べたとしても必ずしも白髪が改善するかというと、そうとは言えません。なぜなら、白髪になる要因は様々だからです。さらにいうと、今生えている白髪がなぜ生えてきたのか原因を突き止めるのは出来ないからです。

いまだになぜ白髪が生えてくるのか解明されていないことはたくさんありますので、根本的に解決する方法はまだ分かっていません。例えば老化によって生えてくる白髪は、体の衰えは誰しも避けられるものではないので、その白髪を根本的に解決することはできません。だからこそ、根本的な解決ではなく、一時的な解決方法である白髪染めをするしかないんですね。

ですから、これをやれば白髪が黒髪になるとは明確に言える方法はありません。これを食べたから白髪が絶対に改善するわけではありません。ですが、少なくとも食生活や生活スタイルなどを見直すことで髪に変化が出てくるかもしれません。そもそも不健康な状態であれば健康な黒髪は生えにくくなりますし、髪を黒く着色する細胞も活動が鈍くなったりすることもあります。

だからこそ、髪を黒くする細胞にとって効果的な食べ物を食べておくことは白髪予防に良いことですので、意識的に白髪予防になる食べ物を食べるようにしましょう。

スポンサードリンク

関連記事一覧