白髪染めする前にパッチテストしないと【危険】ってご存知ですか?

スポンサードリンク

あなたの髪を理想の色に染め上げる白髪染めが、実は使い方を間違えるととても危険と言うことをあなたはご存知でしたか?それは、白髪染めの中にはアレルギー症状を引き起こしてしまうかもしれないからです。

その危険性を知らなかったり、知っていても何か面倒だと思ってそのまま白髪染めを使っていたりするととても危ないんです。ではパッチテストといったい何なのか、パッチテストをしない危険性、またどうやったらいいのかなど、詳しく説明していきます。

パッチテストとは?

疑問に思う女性

「パッチテスト」とは皮膚アレルギー試験のことで、 白髪染めを使うにあたり、自分がアレルギー反応が出るかどうかを確かめるテスト、の事です。

白髪染めがあなたの頭皮やお肌に触れてもアレルギー症状が出ないかを確認し、白髪染めが安全に使えるかどうかを確かめる、とても大事な作業なんですね。

パッチテストはなぜするべきなのか?

悩む女性

なぜパッチテストはなぜするべきなのか、それは「使っても安全かどうかを確かめるため」、そして「危険を避ける」ためです。

白髪染めにはシャンプータイプのものやトリートメントタイプ、ヘアカラーなどなど様々な種類がありますが、白髪染めの中には使い方を間違うとお肌にとってダメージを受けることがあります。

人それぞれ個人差はありますが、やっぱりお肌はデリケートなものです。お肌の中にはとても敏感だったり過敏といったお肌の弱い人もいます。

そういったお肌が弱い人が使うとお肌に異常を感じたりすることもあるため、使用する前に危険かどうか確認する必要があります。

その危険かそうでないかを確認する作業の事をパッチテストと言います。

パッチテストをしなかった場合何が危険?

疑問に思う女性

パッチテストをしなかった場合に何が危険かというと、頭皮やお肌がアレルギー症状が出てしまうかもしれないからです。特にお肌が弱かったり、敏感肌といった肌の弱い人は特に危険です。とはいっても肌が弱くない人でもやはり危険性はあります。

もしアレルギー症状が出ると、肌に赤みが出たり、腫れたりヒリヒリする、などお肌に異常を感じるようになります。なので、こうならないためにもパッチテストはする必要があるというわけなんですね。

ではどんな症状が出るかと言うと次のような症状が出てしまいます。

アレルギー反応の症状

  • お肌がかぶれる(特に頭皮)
  • 赤みや湿疹
  • フケ
  • 抜け毛

以上は症状として軽いものですが、ごくまれにアレルギー症状が重症化したという報告も確認されています。

非常に怖いですが、重症的にアレルギー反応出てしまった症状には次の症状があります。

もっと怖いアレルギー反応の症状

  •  呼吸困難
  •  血圧低下による意識障害

以上のような症状が出たら非常に危険ですし、そうならないために自分を守るためにも是非パッチテストをしましょう。

なぜアレルギー症状が出るかもしれないの?

疑問に思う女性

なぜアレルギー症状が出るかもしれないのかというと、それは白髪染めに使われている薬品が原因です。

ではどういった薬品がアレルギー症状の原因となるのかというと「パラフェニレンジアミン」に代表されるジアミン系の化学成分です。

ジアミン系の化学成分は髪をしっかり染めてくれるとても大事な成分なのですが、デメリットとしてアレルギー症状を引き起こすリスクがあると言われています。

なお、パラフェニレンジアミンは毒性を持つと言われており、お肌が弱い方は特に危険な成分であると思われます。

ただし、100%どんな肌でも危険かと言うとそうではない場合があります。実際にパッチテストをしても問題ないという人もいますからね。毒性を持つとはいっても、使う人の肌によっては問題がない場合もあります。

つまり、お肌の状態次第でアレルギー症状が出るかどうかは、実際に使ってみないと分からないわけです。

実際に使ってみないといけないからこそ、パッチテストを行うんですね。

使ってみないと分からないからといって、いきなり白髪染めを使ったら頭皮が大変なことに・・・なんてことにならないようにしましょう。

パッチテストのやり方

テストをする女性

ではパッチテストを行うにはどうすれば良いのか、そのやり方についてご説明します。

【手順①】テスト用の製剤を作る

テストしたい白髪染めを少し使ってテスト用の製剤を作ります。なお、テスト用の製剤とは、テスト用に他から何か用意するのではなく、染めたいと購入した白髪染めを使います。

テスト用の製剤のつくり方(一例)

 ①1剤と2剤を小皿に出します。

出す量は、白髪染めによって違いますので、事前に使用説明書の記載を確認しておきます。また、小皿は金属製のものよりもプラスチックなどの小皿を使うのが良いです。

 ②小皿に出した1剤と2剤を混ぜます。

まぜるのは綿棒を使うと良いです。

【手順②】作った製剤をお肌に塗る

作った製剤を塗る場所は「腕の内側のお肌」です。白髪染めは髪に使うので頭皮で確認するのかと思うかもしれませんが、頭皮とは別の場所で行います。別の場所と言うのは腕の内側です。(この場所はあくまで一例ですので、白髪染めの説明書を参考にして下さい。)

腕の内側のお肌に塗ったら、自然乾燥させます。塗る量は薄く、10円硬貨大の大きさ(広さ)で塗ります。ちなみに、30分が経過して乾かなければ「塗りすぎ」ということになります。もし少し多く塗りすぎたなと思ったら(乾かないと思ったら)、コットンやティッシュペーパーで軽く拭き取ります。また、30分という時間が重要で、1回目の観察時間として塗った個所を確認してください。

このときに何か異常(かゆみやお肌が赤くなるなど)を感じたら、すぐに洗い落として下さい。アレルギー反応が出ている可能性があります。なので、髪を染めることもしてはいけません。

せっかく白髪染めを買ったのに、と悲しくなるかもしれませんが、スパッと諦めるのも大事です。もしそのまま使ってしまったらアレルギー症状で苦しむことになりますからね。。

もし特に反応もない場合は手順3に進みます。

【手順③】48時間が経過するまで待ちます

48時間が経過するまで待ちます。48時間という時間は厳守してください。

スポンサードリンク

時間が経過するまでに、何か異常(かゆみやお肌が赤くなるなど)を感じたらアレルギー反応が出ていますので、塗った部分を洗い流し、使うことはできません。もし特に異常が出なかった場合は白髪染めが使えるということになります。

パッチテストをした結果問題ないのかそうでないかを判断するには?

人差し指を立てる女性

パッチテストをした結果問題ないのかそうでないかを判断するには、パッチテストで実際に染料を塗った部分が赤くなったりヒリヒリすることがなければ問題ないと思って良いです。

逆に、赤くなったりヒリヒリすることがあればアレルギー反応が出ているので問題が起きているということです。

もし赤くなったりヒリヒリすることがあればアレルギー反応が出ている場合は、そのまま髪を染めようとその白髪染めを使うと頭皮も同じように赤くなったりヒリヒリしてアレルギー反応が出てしまいます。

なので、その白髪染めは使っていけないということになります。絶対にその白髪染めは使ってはいけません。

パッチテストをしてもし異常が出てしまったらどうすれば良いの?

悩む女性

パッチテストをしてもし異常が出てしまった場合使用すると危ないことが分かったので、染料を塗った場所はすぐに洗い流しましょう。そのまま放っておくと、どんどん症状が悪くなってしまいますからね。

残念ですが、その白髪染めを使うのは危険なので、使うのは諦めましょう。

パッチテストにかかる時間はどのくらいなの?

時計

パッチテストは次のアレルギーが出てないか確認します。

アレルギー反応の症状

  • (1)即時型アレルギー
  • (2)遅延型アレルギー

まずは30分が経過したらアレルギー症状が出ていないかを30分後に確認して(即時型アレルギー発症有無の確認)、48時間後にアレルギー症状が出ていないかを再度確認します(即時型アレルギー発症有無の確認)。

白髪染めをしてからアレルギー症状が出るのに、染毛6時間後~半日後くらいよりかゆみを感じ、その後にかゆみ・赤み・腫れ・ブツブツなどの皮膚炎症状が出始め、染毛の48時間後に最も症状がひどくなります。なので、このように48時間の間に塗ったところが問題ないかを確認するのに48時間という時間が必要なんですね。

要は48時間経過して確認しないと安全か危険かが分からないということです。48時間の間に問題が起きなければ、めでたくその白髪染めは安心して使うことが出来る、というわけです。

なので、パッチテストにかかる時間はトータルで48時間かかります。48時間と言う時間はかなり長いですが、自分を守るためのテストなので、終わるまで確認しましょう。

毎回パッチテストは行いましょう

注意

パッチテストを行った結果問題ないことが分かり白髪染めをしたとします。その後日にちが経ってまた白髪染めをしようとする場合、あなたならパッチテストを行わずに白髪染めをしてしまいますか?

それって実は危険です。前回は問題なかったからといってパッチテストを行わずに白髪染めをするのはやめましょう。

なぜなら、お肌の状態は前回と全く同じではないからです。前回問題なかったからといって、今回は問題ないかというとそうではないことがあります。お肌はデリケートなものですし、白髪染めをしようとする時のお肌の状態は白髪染めを使っても問題ないとは限りません。

白髪染めを行う前には必ずパッチテストを行うようにしましょう。安全に絶対はないのですからね。

パッチテストをしなくても良い白髪染めってあるの?

疑問に思う女性

パッチテストをしなくても良い白髪染めはあります。例えば、ヘアマニキュアはパッチテストをしなくても良いと説明している商品が多いです。

たとえばヘアカラー製品を数多く販売するHOYUの商品の説明では、ヘアマニキュアはパッチテストの必要が無いと次のページで説明されています。

ヘアマニキュア【化粧品】は、髪の毛のメラニン色素は脱色しないで、髪表面とやや内側に染料をおだやかに浸透させます。白髪は自然な感じに色がつきます。黒髪はほんのりニュアンスが変わる程度で、髪色を明るくすることはできません。約3週間~1ヶ月ほど色合いが持続し、シャンプーのたびに徐々に色が落ち元の髪色に戻ります。皮膚アレルギー試験(パッチテスト)が不要で、髪を傷めません。一般のヘアカラー(ジアミン系の白髪染め)が使えない方でも、お試しいただけます。しかしヘアカラーよりも汚れが落ちにくく、肌や頭皮につくとなかなか色が落ちません。

HOYUの商品の説明(ご使用に関するQ&A):⇒http://www.hoyu-direct.com/Page/naturain/lp4.aspx

ヘアマニキュアの他にも、サッと気になる白髪を隠すことが出来る一時着色料もパッチテストをしなくても使うことができます。

ここまで、パッチテストをしなくても良い白髪染めについてご説明しましたが一部例外もあるかもしれないので、パッチテストをしなくても本当に大丈夫なのか念のために商品の説明書をご確認ください。

パッチテストは美容室でもやってくれるの?

美容室

パッチテストは美容室でもやってくれるのでしょうか?

美容室のほとんどはパッチテストをせず髪を染めることが多いです。ただ、パッチテストをしないで染めてもらうのはちょっと怖いですよね。

ですが、パッチテストを行ってもらうこともできるので、パッチテストをして欲しいと連絡すれば問題ありません。

なお、美容室でやってもらう場合は大体は1~2分程度で終わります。

料金も無料でやってもらえることが多いのでありがたいですね。

最後に

白髪染めには色んな成分が使われており、その成分の中にはアレルギー症状が出るほど肌への影響がかなり強かったりするものもあります。

白髪染めは、髪に色が入っていない状態に対して色を付けるわけですから、お肌にとって刺激が強くて肌がかぶれてしまったり、アレルギー症状が出てしまうこともあります。なので、お肌の弱い人には特に気を付けなければなりません。

だからこそ、それだけ肌への影響が強いという認識を持つ必要がありますし、アレルギー症状の危険性から自分の肌を守るためにもパッチテストはとても重要です。

もし使い方を間違えてアレルギー症状が出たとしても軽くすむなら良いですが、重症化すると呼吸困難だったり血圧低下による意識障害と言った症状になる可能性もあり、とても危険です。

白髪染めは白髪の悩みを改善してくれる救世主のような存在ですが、諸刃の剣となって自分が苦しむようなことは避けたいですよね。

少々手間がかかるパッチテストですが、面倒だと思わずに自分を守るテストだと思いちゃんと安全性を確認したうえで白髪染めを使いましょう。

パッチテストをしたらアレルギー症状が出た場合は、せっかく白髪染めを買ったのにと残念な気持ちにはなるかもしれませんが、諦めることも大事です。

肌に異常が出てからでは遅いです。お金が無駄になったとガッカリすることになるかもしれませんが、すっぱり諦めることも大事ですよ。

もしその白髪染めが危険なら、ヘアマニキュアのような安全性の高い白髪染めを使ってみるよう検討されてみてはいかがでしょうか。

スポンサードリンク