【危険!?】白髪染めによるアレルギーの怖さとはいったい?

スポンサードリンク

白髪染めには色々な種類がありますが、そんな白髪染めの中には使い方を間違えると非常に危険なのはご存知ですか?

何が危険かと言うと、白髪染めを使うことで頭皮やお肌がアレルギーを引き起こしてしまうことです。

白髪染めは悩ましい白髪を美しい髪色に仕上げてくれるとても大事な存在ですが、使い方を間違えると大変なことになります。

そこで、白髪染めによるアレルギーについて、詳しく調べてみました。

白髪染めをすることによるアレルギーの危険性

「×」を示す女性

繰り返しになりますが、「白髪染め」につきまとうリスクとして、非常に怖い「アレルギー」症状を引き起こしてしまう場合があります。

そこで、まずは「アレルギー」症状にはどんな症状があるのか見ていきたいと思います。

「アレルギー」反応が出てしまった場合の症状

アレルギー反応が出てしまうと本当に大変です。 その症状とは以下のものがあります。

アレルギー反応の症状

  • お肌がかぶれる(特に頭皮)
  • 赤みや湿疹
  • フケ
  • 抜け毛

以上は症状として軽いものですが、ごくまれにアレルギー症状が重症化したという報告も確認されています。

非常に怖いですが、重症的にアレルギー反応出てしまった症状には次の症状があります。

もっと怖いアレルギー反応の症状

  •  呼吸困難
  •  血圧低下による意識障害

聞いただけでも非常に怖いですね。

白髪染めにおけるリスクがいかに危険なことが良く分かります。

まずはこういった危険性があることを知っておいたうえで、こういった症状(リスク)を避けて白髪染めと付き合う必要があります。

こういった危険性を避けるためには、以下の方法があります。

危険性を避けるためには?

  • パッチテストの徹底
  • 危険性のある白髪染めは選ばない

販売されている白髪染めはたくさんあるので、できるだけ自分に合う白髪染めを選ぶことも大事です。

言い換えれば、使い方や選び方さえ間違わなければこういった危険性は避けられる、ということです。

なので、危険性や正しい使い方・選び方さえしておけば全く問題なく白髪染めと付き合うことが出来る、というわけです。

なぜアレルギー症状が出るの?

疑問に思う女性

補足

必ずしもすべての白髪染めでアレルギー反応が出るわけではありません。
特に一度でしっかり髪に色を付けるよう染め上げる白髪染めヘアカラーに多いです。それはジアミン系の薬剤を使用していることが多いからです。

まずはなぜ白髪染めを使うとアレルギー症状が出るのかと言うと、刺激の強い薬品を使っているからです。

この刺激の強い薬品には、アレルギーを起こしやすい物質が含まれています。

それは『ジアミン』という化学物質によるもので、アレルギー反応を起こしやすいです。
※正式にはパラフェニレンジアミン(PPDA)、パラトルエンジアミン(PTDA)などのジアミン系と呼ばれる薬剤

この物質に対して危険と察知してお肌が強く反応するため、肌が赤くなったりヒリヒリしてしまうんです。

なので、白髪染めヘアカラーの中には「ヘアカラーでかぶれたことのある方は絶対に使用しないでください」「頭皮あるいは皮膚が過敏な状態になっている方は使用しないでください」などの注意書きが記載されていることがあります。

それだけ肌にとって刺激が強いものなんでしょうね。

アレルギー症状が出にくい白髪染めってどんなものがあるの?

疑問に思う女性

そんな白髪染めヘアカラーに対して、徐々に髪を染めていく白髪染めシャンプーや白髪染めトリートメントは肌に優しい成分を主に使っていたり、刺激の強い薬品を使用していないものが多いです。

なので、アレルギー症状が出るのが怖いと思う人は、髪染めシャンプーや白髪染めトリートメントといった白髪染めを使うと良いです。

ただし、肌に優しいとうたっている白髪染めでも自分の肌に安全かどうかは実際に使ってみないと分からないので、念のためパッチテストをしておくと安全です。

自分は大丈夫という過信は禁物

考え事する女性

白髪染めは、ただ髪に染料を塗るだけと軽く考えていると非常に危険です。

何が危険って、突然アレルギー反応が出てしまうかもしれないですからね。

また、これは見落としがちなのが「過去使っていたから今同じ白髪染めを使っても大丈夫だろう」という思い込みも危険です。

だからこそ、安全かどうか常に確かめることはとても大事です。

前に使っても問題なかったんだから今そのまま使っても大丈夫だろう

この考え、非常に危険です。特にパッチテストを怠ってしまうのは非常に危ないのでしっかり実施しましょう。

特に白髪染めを初めて使おうと考えている方は、パッチテストをしないでアレルギー反応が出て大変な目にあってしまった・・・なんてことになるかもしれません。

必ず、安全かどうかを確認してから使うようにしましょう。

なぜ今まで使えていたものなのに、そのまま使うのは危ないの?

なぜ今まで使えていたものなのに、そのまま使うのは危ないのかというと、使う日の体調によっては、常にお肌のコンディションが変わることがあるので、今まで大丈夫だったから今日も大丈夫だとは言えないからです。

白髪染めが持つ危険性は変わりませんが、お肌の状態は日々変わることはあります。極端な話、昨日は大丈夫でも、今日は大丈夫だとは限りません。

これは、前回白髪染めを使って時間が開いてしまった場合に起こり得る可能性の話ですが、体質の変化や、お肌のコンディションなど、変わったことに気が付かず、前回と同じように白髪染めを使うこと。これはとても危険です。

過去に何回も異常なく染毛していたとしても、体質の変化によってお肌に異常が出てしまうことはあります。

だからこそ、使うその日の状態が安全なのかそうでないのかをしっかり確かめることはとても大事です。

安全に絶対はありませんし、白髪染めは非常に強い薬品を使っていることを考えれば、慎重に使うに越したことはありません。

前使った時はかゆみやかぶれと言った症状が出なかったのに今回使ったら症状が出てしまった…と後悔することが無いよう、白髪染めをする前には必ずパッチテストはしっかり行いましょう。 面倒くさがるのは大敵です。

髪を染めたらなんだか頭皮に違和感を感じる・・・と言ったことが起きないためにも、白髪染めを使う前のパッチテストはとても大事です。

パッチテストって何?

白髪染めを安全に使うために必要なパッチテストのことをご存知でしょうか。

パッチテストとは、皮膚アレルギー試験のことです。

スポンサードリンク

白髪染めがあなたの頭皮やお肌に触れてもアレルギー症状が出ないかを確認し、白髪染めが安全に使えるかどうかを確かめるとても大事な作業のことです。

パッチテストについてはこちらのページで詳しく説明してますので、そちらもご覧頂けますでしょうか。

後日改めて同じ白髪染めを使う場合もパッチテストをしておいた方が安全です

もしパッチテストを行って問題なかったとしても、次使う時にお肌のコンディションが同じとは限りません。

お肌の状態は常に変わるものです。体調が悪い日もあります。

なので、今回パッチテストを行ったから同じ白髪染めを次にまた使うときはしっかりパッチテストを行うようにしましょう。

もしアレルギー症状が出てしまったら?

もし白髪染めの症状が出てしまったらどうすれば良いのでしょうか?

ただ、そういった症状が万が一出てしまった場合は、すぐに次の対処をしましょう。

アレルギー症状が出た時の対処

  • すぐに使用するのをやめる
  • 染料を洗い流す
  • すぐに皮膚科に相談する

【対処①】使用をすぐに止める

お肌に違和感(肌が赤くはれる、ヒリヒリするなど)を感じているのにそのまま使うのはとても危険です。

もしお肌に違和感を感じたらすぐに使用するのをやめましょう。

【対処②】染料を洗い流す

頭皮やお肌に付着した染料をそのままにしておくと危ないので、すぐに洗い流しましょう。

付着した染料を洗い流すのは少々大変ですが、なんとか残さずに落とし切りましょう。

【対処③】かゆみが酷い時は冷やすのも効果的

もしかゆみが出た場合、そのかゆみを抑えるのに頭皮を冷やすのは効果的です。

というのも、血流を抑えることでかゆみが収まることがあるからです。

その血流を抑えるのに、冷やすのが有効なんです。冷やしたタオルや保冷材で頭皮を冷やしてみましょう。

直接かゆみのある個所に冷えたものを当てること以外に、部屋の温度を下げるというのもアリです。

【対処④】すぐに皮膚科に相談する

お肌に違和感を感じて、お肌の赤みが出たりヒリヒリと痛みを感じが収まらない場合は、使用した白髪染めを持って皮膚科に相談しましょう。

使うのをやめて時間をおいても良くならない場合は更に状態が悪化してしまうかもしれないので、酷い時は治療が必要になるかもしれません。

なので、軽い症状でも念のため皮膚科で診てもらうようにした方が良いです。時間が経てば自然に治るだろうと思い込むのは危ないです。

もし症状が悪化してしまうとどうなるの?

軽い症状でも、放っておけば自然に治るかと甘く見て何も対処しないと、段々と症状が悪化してしまうかもしれません。

たとえば、症状が悪化すると次のような症状になる可能性があります。

もっと怖いアレルギー反応の症状

  •  呼吸困難
  •  血圧低下による意識障害

こういった症状はすぐ出るわけではありませんが、アレルギー症状を何もせずにそのままにしておくと、こういった非常に悪い状態がまれに出てしまうこともありえます。
(あくまで個人差がありますし、色々な条件・要素が重なることによるのかもしれませんが)

もしアレルギー反応が出てしまった場合は正しく処置することが必要です。

こういったことが起きないよう、使い方を間違わないよう使いましょう。

白髪染めを安全に使うには?

そもそも白髪染めを使う理由は、白髪に悩んでいるからであり、その悩みを助けてくれる存在が白髪ぞめですから、使い方を間違うことなく使えば本当にありがたい存在です。

ですが、白髪染めの危険性を認識せずに使うのは危ないです。なので安全に使うことがとても大事です。

では白髪染めを安全に使うにはどうすれば良いのでしょうか?

白髪染めを安全に使うには、アレルギー症状のリスクを避けるために次の方法が考えられます。

白髪染めを安全に使うには

  • 白髪染めを使う前にしっかりとパッチテストを行う
  • 白髪染めして少しでも違和感を感じたらすぐに使用をやめる
  • 違和感があればすぐに皮膚科に診察してもらうこと

白髪染めを使う前にしっかりとパッチテストを行う

白髪染めの中には髪をしっかり染めるために、刺激の強い薬品を使っているものもあります。

髪を黒や茶褐色などの色に染めるのですから、肌にとっては優しくないのかもしれません。

だからこそお取り扱いには気を付けなければなりません。

なので、頭皮や肌に触れるとアレルギー症状が出てしまうかもしれないので、パッチテストを行うのがとても大事になってきます。

パッチテストをしておけば、自分にとって安全に使えるのかそうでないかが分かるので、必ずパッチテストをするようにしましょう。

アレルギー反応が出て大変なことになっては遅いですからね。

白髪染めして少しでも違和感を感じたらすぐに使用をやめる

パッチテストで問題なくても、白髪染めして少しでも違和感を感じたらすぐに使用を止めましょう。

かゆみや頭皮の腫れなどを感じた場合はすぐに使用をやめてすぐに洗い流すようにしましょう。

違和感があればすぐに皮膚科に診察してもらうこと

もし白髪染めを使って違和感を感じたらすぐに使用をやめて、もしお肌の腫れやヒリヒリと言った症状が収まらなかったらそのまま放置せず皮膚科で診てもらいましょう。

アレルギー症状が出たけど、白髪染めはしたい場合はどうすれば良いの?

アレルギー症状が出た場合、決して白髪染めを諦める必要はありません。

なぜなら、白髪染めには色んな種類があり、お肌に優しい白髪染めがあるからです。

なので、使った白髪染めが自分の肌に合わない場合は違う種類の白髪染めを使ってみると良いです。

たとえば白髪染めシャンプーや白髪染めトリートメントと言った白髪染めはお肌に優しい白髪染めです。

それに対して白髪染めヘアカラーは比較的お肌に刺激が強い白髪染めなので、素手で触らないようにしてくださいと注意されているものもあるため、白髪染めヘアカラーが肌に合わない場合は、今挙げた肌に優しい白髪染めシャンプーや白髪染めトリートメントを使ってみると良いです。

なので、アレルギー症状が出ても、あなたに合った白髪染めはきっと見つかるはずです。自分に合った白髪染めを選ぶようにしましょう。

最後に

アレルギー症状が出るのは人によって違いますし、アレルギー反応が出ることなく使っている人もいます。

要は実際に使ってみないと分からないということですよね。

もし白髪染めを使ってみたらアレルギー症状が出てしまい、つらい思いをしてしまうことになったらとても悲しいことです。

白髪染めを使う際はしっかり「パッチテスト」はしておき、その後に白髪染めを使って違和感が出たら皮膚科にしっかりと相談をする。

そのくらいしっかりとした対応をするくらいに徹底すれば問題ありません。

アレルギーのリスクを避けて正しく白髪染めと付き合いましょう♪

スポンサードリンク

関連記事一覧